BLOG

Jun 23, 2022 06:18 Blog|参加者をワクワクさせる最高の問いを考えよう〜mctlabo

mctlabo_ブログ_「最高の問いかけを考えよう」

こんにちは、mctの黒川です。
先日、mct labo(ラボ)という弊社の社内研究会の場をかりて、「参加者の人が発言したくなる最高の問いかけを考えよう」というテーマについて考えてみました。

今回のlaboを行った結果、「最高の問いかけだけ」を準備しておくだけでは、ディスカッションやWSを盛り上げたり、参加者の方の意見を引き出すのは難しく、環境づくりやアイスブレイクも鍵になりそうだということが改めて感じました。


みなさんは、「既に分かりきっていることだよ!」と思われるかもしれませんが、意外にファシリテーションなどをする状況になると、頭の中がいっぱいいっぱいになってしまうことってないでしょうか?
私は、ファシリテーションをするためにできるだけ準備をしていきますが、なかなか自分の納得のいくファシリテーションができていません。

今後また、みなさんと一緒に働きがいやチームワークについての学びを深めていきたいと思っておりますのでどうぞよろしくお願いします。

001-4
今回のlaboを受けて改めて大事だなと思ったポイントを4つご紹介したいと思います。

==================
① 参加者へのマインドセット
② 発言しやすい環境づくり
③ 最高の問いを考えておこう
④ ツールも活用しよう
==================

① 参加者へのマインドセット
例えば、情報共有をした後で、ディスカッションをしたいと思っている時は、聞く姿勢についてのマインドセットが必要です。どんなことに注目して聞いて欲しいのか?この後にどんなことをして欲しいのか?という相手に対して、「して欲しいこと・したいこと」を事前に伝えておくことで、参加者もどこに注目しておけば良いのか分かりやすくなります。
参加者にも色々な思いや考えがあって、参加してくれていることを忘れないことが重要です。


② 発言しやすい環境づくり
発言しやすい環境づくりには、アイスブレイクや一人で考える時間を設けてあげるなどの場づくりが必要です。初対面の方同士であれば、自己紹介などのアイスブレイクで良いかもしれませんが、顔見知りだとなかなかアイスブレイクをすっ飛ばして本題に入ってしまいます。顔見知りで、よく知っている相手であっても本題に入る前に少し世間話などをして場を温めてあげると発言がしやすくなるのではないかなと思います。
まだ場が温まっておらず本題に入りたい時には、最初に一人で考える時間を設けて考えを整理してもらって発言してもらう方が参加者の負担も軽減され参加できると思います。


③ 最高の問いを考えておこう
「何か意見のある方はいませんか?」「自由に思ったことを話してください」など、参加者に話をして欲しい時によく問いかける言葉だと思うのですが、これだとあまり発言がないというご経験ないでしょうか?あまり質問に制限をかけない方がバイアスをかけずに色々な話題が出て、抜け漏れなく話を網羅できると思いがちですが、WSの場面や人数が多い時には、少し質問に「制約」を設けてあげる方が参加者が考えやすく、話しやすくなるのではないのかなと最近感じています。
なぜ「制約」がポイントになるかというと、人数が多くいる場面などでは、間違ったことを話したくないという気持ちが参加者側が思っている部分もあるので、その不安要素を払拭してあげることで、発言しやすくなるのではないかと思います。


④ ツールも活用しよう
「②発言しやすい環境づくり」と重なってくる部分もあるのですが、ツールも上手く活用しつつ参加者に発言してもらうというのもありかなと思います。
例えば、一方的な情報共有の場には、途中でクイズなどを出して参加者に発言してもらいながら進めたり、オンラインであればチャットに思ったことなどを書き込んでもらうなどして、場を盛り上げる仕掛けを準備しておくのも良いかなと思います。


今回のlaboの結果は以上です。
みなさんのお役に立てることが出来ればなと思います。




→ 最新のイベントやホームページでは紹介していない役立つ情報をお届けしています。
メールマガジンの登録は こちら

→ 内容に関するお問い合わせはこちらからお願い致します。

Kurokawa Madoka株式会社mct エスノグラファー

【タグ】 チームワーク, mct labo,

Mar 01, 2022 05:12 Blog|mct labo 次世代デザインプロセス自由研究の場

mctlabo

こんにちは、mctの佐藤です。昨年から弊社では mct labo(ラボ) という社内研究会の場を月に1回の頻度で開催し、新しいデザインプロセスの使い勝手が良いかどうかを試してみる、ということを行っています。

早速ですが、具体的なテーマをいくつかご紹介してみようと思います。


◆あえて「最悪なアイデア」を考えてみる
スタンフォード大学の講義で紹介されている「最悪なアイデア」が面白そうだったので、その使い勝手が良いかをトライしてみました。4つほどのテーマ(チーム)に分かれてmctメンバー内でディスカッション。佐藤は「最悪なワークショップ」を考えるチームで議論しました。

画像1
「まともなアイデアを出さないと仕事をクビになるワークショップ」という意見が出ました。ええ、これは最悪ですね笑。引き続き、そんな最悪のアイデアを裏返すように、最高のワークショップについて考えます。「どんなアイデアでもそれが価値になる仕組みをつくればいいのでは?」という意見が出てきて、それは「ワークショップの発言が文字になってループ表示され、常に発想の刺激になりつづけるシステム」というサービス案へとつながりました。

もう一つは、上品ではないですが・・・「下剤を飲んで参加しないといけないワークショップ」からスタート。これも恐ろしく最悪・・笑。ただそれは、最終的に「参加すると健康になるワークショップ」というサービス案に転換されました。「良いワークショップとは何か?」という順当なアイデア発想では出ないような意見が出せた印象です。

この勉強会の最後には、「最悪のアイデア」を考えるプロセスをどうデザインプロセスに落とし込めばよいかを整理して終了しました。面白いメソッドとして整理できそうです。


◆ブレストの進化形「メタスト」を試してみる
ある月には、チームを議論側と聴講側に分けるメタストという手法をトライしました。議論側はひたすらブレストを行い、聴講側はそれを黙って聞くだけ。聴講側は自分の考えを整理しながら話を聞ける形となります。時間が来たら議論チームと聴講チームは交替。

画像2

参加して感じたのは、聴講しながら「他の切り口はないか?」について十分に考えを練ることができるという点です。議論側が思いつけていない新しい視点。それを聴講側は客観的にまとめていくことが出来るということです。

どのようなプロジェクトで使えそうであるかはまだ議論できていませんが、メソッドのカードを一枚、新しく獲得できたかと思います。


◆アバターでワークショップを実施してみる
また別の月には、参加者全員がアバター(キャラクターの見た目と、音声変換されたボイス)で議論するワークショップをトライしてみました。mctメンバー内ですが、相手が誰だか分からずにディスカッションするという異質感。

画像3<vmeets( https://free.vmeets.io/ )のサービスを試用させていただきました>

この会においても、その終盤では、同手法がどのようなプロジェクトに適しているかについてディスカッションを重ねて終わりました。

・・・

このような実験活動をmct内では今後も引き続き行う予定をしていますが、社内メンバー内だけで実施するのはもったいないのでは、という意見が挙がってきています。開催の形態は検討中ですが、弊社のラボ活動にご関心のある企業様・ご担当者様と一緒にmct labo を進めていく(楽しんでいく)ような未来を実現できたら素敵だなと考えています。本業に即座に活かせる保証はないのですが・・・、未来のデザインプロセスに関する知見を皆さんと一緒に蓄積していければと思います。

 

mct-labo 次世代デザインプロセス自由研究の場

※現在は招待制にしております。気になる方は接点のあるmctメンバーにお声がけください。

 



→ 最新のイベントやホームページでは紹介していない役立つ情報をお届けしています。
メールマガジンの登録は こちら

→ 内容に関するお問い合わせはこちらからお願い致します。

Takeshi Sato株式会社mct ストラテジスト

【タグ】 mct labo,

Content not found

Search検索

Categoryカテゴリー

過去のExperience Magazine

  • 米国マーケティング最新事情 / 瀧口範子
  • デザインテクノロジーの最前線 / 桐山孝司
  • 「本能」から人間を読み解く / 佐藤武史
  • 注目のクリエーターズボイス