BLOG

Sep 12, 2022 03:41 Blog| 2022年度DMNデザイントレーニングを実施しました

2022年度DMNデザイントレーニングを実施しました


こんにちは、組織デザインチームの池田です。
今回は、mctが運営しているDMN(Design Management Network)で、この夏開催し、ご好評を頂いたDMNデザイントレーニングについてご紹介します。

次世代デザイナーのためのオンラインデザイントレーニング
DMNデザイントレーニングは、デザイン経営を担う次世代リーダーのための全6回のトレーニングコースです。本コースでは、デザイン思考をベースに、先進的な企業が導入している実践レベルのデザインプロセス・手法をワークショップスタイルでご提供し、今年も60名近い受講者の方々にご参加いただきました。

DMNデザイントレーニングのご提供を開始し始めた2019年当時は「U30」(30歳以下)の若手育成のためのトレーニングとして実施していましたが、募集をかけると毎年大変反響があり、多様な年代の方からも「参加したい!」とご要望頂くことが多かったため、今年からは年齢制限を無くし、デザイン思考を学びたいという方向けに、広く門戸を開放することになりました。

画像1-3


実践レベルの手法・プロセスをオンラインワークショップ形式で習得
2019年度は会場に集まりトレーニングを実施していましたが、コロナ禍を機に、2020年より全てのクラスをオンラインにて実施しています。デザイン思考のプロセス・スキルの学習だけではなく、オンラインでのコラボレーションに有効なマインドセットやmiroを用いた共同ワークの体験をしていただけることも特徴になっています。

● 日本で初めてmiro expertに認定されたmctによるプログラム開発ファシリテーション
● セッションを通して、リモートツール/コラボレーションスキルも習得
● 自社で使えるテンプレートやツールを持ち帰れる

  •  

各6回のクラスの概要は下記をご覧ください。


class1 Class 1. デザインコラボレーション
ニューノーマル時代の必須スキルとして、時間や空間、組織の壁を超えてプロジェクトを動かすための考え方や手法を学びます。
・リモート環境でのチーム作り
・同期/非同期を組み合わせた効果的なコラボレーションの進め方
・リモートツールの使い方

class2 Class 2. ユーザーインサイト
複雑で曖昧な事象の中から気づきを得て、問題をリフレームし、視覚化・共有するプロセス・手法を学びます。
・人々の動機やゴール
・行動変容の鍵となるインサイト
・インサイト獲得の考え方や視点


class3 Class 3. アイディエーション
人々の動機やゴールに焦点を当てて、アイデアを生み出し、評価し、組み合わせていく一連のプロセス・手法を学びます。
・行動変容の鍵となるインサイトに焦点を当てたアイデア発想
・発想を刺激するためのツール
・効果的なアイデア発想のプロセス


class4 Class 4. ビジネスデザイン
アイデアをビジネスとして成立させるビジネスモデルをデザインし、検証するプロセス・手法を学びます。
・リーンキャンバスの構成
・課題ー解決フィット、製品ー市場フィット、MVP
・ビジネスモデルの検証ステップ


class5 Class 5. プロトタイピング
プロトタイプを作ってアイデアを可視化し、それを使って素早く検証するプロセス・手法を学びます。
・デジタル製品・サービスにおける仮説の作り方
・プロトタイプの作成や検証のポイント

class6 Class 6. フューチャーデザイン
グローバルな視野で、自社の製品やサービスの未来のビジョンを描き出すプロセス・手法を学びます。
・グローバルトレンドや未来予測
・人々が求める未来の意味を探索する方法




オンライントレーニングの様子オンライントレーニングの様子


教えることは学ぶこと
トレーニングの受講後に、「自分自身でも継続して学びを深めていきたいがどうすれば良いか」というご質問を頂くことがあります。その際におすすめしているのが下記の3点です。

1. トレーニング内容を振り返り、理解する
2. 少人数で、業務の中で実践してみる
3. 人に教える(伝える)

トレーニング当日はワーク内容についていくのにやや集中してしまい、ワークの意味や効果について十分に考えられていないかもしれません。当日のスライドやmiroのワークスペースを見返し、自分自身として興味を持ったところ、分からなかったところを振り返ってみます。(miroで長期間ワークスペースが残せることは、対面の時に比べた利点ですね)。

また、デザイン思考プロセスを、いきなりご自身の業務に一から十まで導入しようとすると、プロセスの見直しやメンバーの協力を得るのに大変な労力がかかり頓挫してしまうことがよくあります。まずはこうした活動に好意的な少人数の仲間と、どこか一部だけのプロセスだけでも実験的に実践してみるのがやりやすいと思います。

最後に、最も効果が高い方法は、自分が学んだと感じることを人に教える(伝える)ということです。ポイントやコツを人に伝えるために、自分が得られたと感じる知見を言語化していくプロセスを踏むことで、自分の中でも曖昧だった気づきが明快になることがあります。実際にmctのトレーニング講師自身も、参加者の皆様にトレーニングを提供しているようで、実は「学ばせていただいている」という側面が大いにあります。


DMNデザイントレーニングは、今年度受講して下さった皆様のお声を反映し、さらに内容をブラッシュアップしていく予定です。今年度のトレーニングを残念ながら受講できなかった方は、また来年度の受講をぜひご検討ください。

***━━━━━━━━
▶︎Playful NetWorkのFacebookグループはこちら
▶︎メールマガジンの登録はこちら

Eiko Ikeda株式会社mct エクスペリエンスデザイナー

【タグ】 DMN, 組織デザイン,

Oct 21, 2020 08:00 Blog|PLAYFUL miro BOARD - オンラインでの共創をよりクリエイティブに!-

1020_PLAYFUL-miro-BOARD


こんにちは、mct CXチームの渡邉です。
本日は「オンラインでの共創をよりクリエイティブにするmiroボード」をご紹介します。

1-3

こちらは「DMNトレーニング ”プロトタイピング”」のオンラインセミナーの会場です。オンラインホワイトボードツールのmiroを使用して作成しています。

弊社では現在、オンラインで多くのクライアント様とのコラボレーション、プロジェクトの進行を行っております。プロジェクト内のワークショップや情報共有など様々な場面においてmiroを活用しています。

みなさまの中でも現在もリモートワークをメインにお仕事をされている方も多くいらっしゃるのではないかと思います。オンラインでの仕事ですと、ずっと画面を見ていることが多いため、心身ともに疲れを感じたり、対面でのコミュニケーションとは違うフラストレーションや仕事にある種のマンネリのようなものを感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回のブログでは、mctでのこの半年間の取り組みや経験を通して得た”オンラインでの共創をもっとクリエイティブにする仕掛けづくり”についてご紹介したいと思います。


■miroで作った大陸ボード

このボードには4つの大陸が海に浮かんでいて、それぞれにトピックが設けられています。実際のセミナーでは、左上(はじまりの大陸)→右下(実践の大陸)→左下(論議の大陸)→右上(アイデアの大陸)を順番に進みながらレクチャー、グループディスカッションを行っていました。

2-1

セミナーのプロセス全てを地図で表現し、全体を通して旅をしているような世界観を表現しています。見ても操作しても楽しいボードを作ることで、オンラインセミナーに普段と違う”ワクワク感”を盛り込むことができたと感じています。

【オンラインでのワクワク感をつくる効果】
オンラインでの体験にワクワク感をプラスすることで以下のようなポジティブな効果が生まれると考えています。
① デジタルツールを楽しく学習できる
② マンネリ感から脱却する
③ みんながついアイデアを出したくなる
④ ディスカッションを前に進める


デジタルツールを楽しく学習できる
オンラインワークが当たり前になるにつれて、様々なデジタルツールを駆使する必要性が高まってきました。ツールの扱い方がわからない・うまくいかないとそれだけでフラストレーションが溜まり、ディスカッションやワーク自体も嫌になってしまうことが往々にして起きがちです。

今回紹介した大陸ボードでは、「わからないことも楽しい体験になる」「楽しく学べる」ように設計しています。
このボード内をご覧になってみて、どこにいるのか、何を見ているのか分からなくなった方もいらっしゃるかと思います。しかしその経験も「広い大陸で迷ってしまったけど、何か分かる目印があるところまで移動してみよう!」とポジティブに捉えていただければと考えています。

3-1(例えば森で迷ってしまったらズームアウトorスクロールで視点を変えてみてください)

マンネリ感から脱却する
オンライン上で情報共有をするとき、聞き手は画面共有されたパワポが流れるのを見続ける…ということはよくあることかと思います。その「いつもと同じ感じ」を崩せないかなと思ってこの大陸ボードを作っています。

このボードではチームごとのディスカッションの内容をまとめるだけでなく、レクチャー資料など、セミナーで使うものは全て置いています。(セミナー中はこのmiroボードを常に画面共有していました。)これによって、参加者のみなさんがスピーカーの私たちと一緒に旅をしていくような、いつもと違う体験を作れたかなと思っています。
今ブログを読んでいるみなさんがこの大陸ボードを見た時、「おもしろそうだな」とか「どんなことが書いてあるんだろう」と思って見ていただけていたら嬉しいです。


4-1
(各地に立っている看板は旅の道しるべ(=レクチャー資料)です)


みんながついアイデアを出したくなる
このボードが使われる前はまだポストイットが何も貼られていない状態です。余白や空白のスペースがあると、人間誰しも何か埋めたくなるものです。またかっちりとしたワークシートがあるだけだと「作業させられている」感覚が出てしまいがちですが、モチーフなどを使ってワークフレームを工夫することでやらされ感を軽減することができるのではないかと思います。

5
(この木はアイデアをたくさん出せば出すほど華やかになっていきます)

またメンバー全員が同じプラットフォーム上に同時に書き込みができるので、ちょっとしたアイデアや気付きを誰もが書くことができます。オンラインミーティングだと発言がしにくい…という方でも、アイデアを書くことで自分の意見を相手に伝える機会を作ることができると考えています。


ディスカッションを前に進める
資料を前に延々とディスカッションを続けていても答えが出ない場合、手を動かして考えてみると案外論議が前に進むこともあります。一人ひとりが一旦アイデアを文字に起こしてみる、論議の内容をフレームで整理してみる。こういったワークを通すことで思考がクリアになり、論議にメリハリをもたせ、前進させる効果があると考えています。


■さいごに
今回はオンラインワークをよりクリエイティブにするための工夫としてmiroを使った大陸ボードをご紹介しました。今回ご紹介した以外にも様々なオンラインツール、仕組みを使ってプロジェクトをよりよいものにするよう日々活動を行っております。こういったmiroボードを使ったオンラインワークショップに興味がございましたら、お気軽にご連絡ください。

また、
・オンラインでのコラボレーションがうまくできていない
・社内でのプロジェクトが前に進みにくい
・ふんわりしたディスカッションしかできず良いアイデアが生み出せない
といった課題感やお悩みをお持ちの方も是非一度ご相談いただければと思います。
mctメンバーがみなさまのプレイフルなコラボレーションを作るお手伝いをいたします。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました!



→ 最新のイベントやホームページでは紹介していない役立つ情報をお届けしています。
メールマガジンの登録は こちら

Michiru Watanbe株式会社mct エクスペリエンスデザイナー

Jul 02, 2019 06:41 弱さと失敗に価値を見出す < D D O -発達指向型組織->

dmn Program

「あなたは、自分がどのくらい優れているのかと、
 どのくらい速いペースで学習しているかの、どちらをより心配していますか?」


こう問われたら、少しドキッとしませんか。

これは、世界有数のヘッジファンド「ブリッジウォーター」の創業者であるレイ・ダリオ氏が、
全社員向けの電子メールで実際に送った文面です。
ブリッジウォーターの企業文化では、失敗から学ぶことが職務上の義務と位置付けられており、
様々なツールや慣行を使って、社員が失敗を成長のチャンスに変えることを後押ししています。


例えば、全社員は、問題や失敗を全社向けの「イシュー・ログ」に記すことが義務付けられていて、
自分と他人がどのように失敗の原因を作ったかを記録する。
その内容は、失敗を生み出した個人レベルと組織レベルの根本原因をみんなで解明・内省するための資料として使われます。
ここで大切なのは、失敗を記録すれば賞賛されて報われ、記録しなければ重大な義務違反とみなされるということです。


こうした「失敗から学ぶ」という考え方は、頭では理解できますが、実際にやり切ることはとても難しいですよね。
なぜなら多くの組織において、自分の弱点や失敗を白日の下にさらすということは、
今後の自分の評価やキャリア形成に影響があると感じずにはいられないからです。


書籍『なぜ弱さを見せあえる組織が強いのか』では、発達心理学の専門家である著者たちの視点から、
どうすれば社員一人ひとりが「自分の弱さを隠す仕事」から解き放たれ、
潜在能力を開花させることができるのか、また、それを可能にする組織の共通点について、その本質に迫っています。


また、人々の能力を育むのに最も適した環境を持ち、
著者たちが「発達指向型組織(DDO=Deliberately Developmental Organization)
と認めた3社の取り組みを具体的な事例として取り上げているのも参考になります。
先ほどご紹介したブリッジウォーターも、その3社のうちの1つです。
ブリッジウォーターではなぜこうした取り組みが可能なのか、またその狙いは何か…、詳しくは、書籍でお楽しみください。
組織開発や個人の能力向上に課題を感じている方、先行事例について学びたい方に、おすすめの1冊です。


なぜ弱さを見せあえる組織が強いのか――すべての人が自己変革に取り組む「発達指向型組織」をつくる
ロバート キーガン リサ ラスコウ レイヒー
英治出版 (2017-08-09)
売り上げランキング: 4,969




=お知らせ=
早稲田大学大学院 経営管理研究科 樋原伸彦先生をお迎えして、
本書のテーマについて理解を深めるための全3回の講座を開催します。
DDOは日本企業の組織変革に役立つアプローチとなりうるのか、
日本企業に相応しいDDOの導入の仕方はどのようなものなのか、などなど・・・
みなさんとディスカッションできることを楽しみにしています。ぜひふるってご参加ください!


dmn_logo_012x
D
MN Program
すべての人が自己変革に取り組む組織「DDO-発達指向型組織-」

image


□日程:
【Day.1】 7/31(水)17:00-19:00
【Day.2】 8/  7(水) 17:00-19:00
【Day.3】 8/23(金)17:00-19:00

□会場:
(株)大伸社本館B1「chika」東京都渋谷区千駄ヶ谷2-9-9 <Access>
 ※Google Mapなどで住所検索をすると他地点を指し示す場合がございますので
  <Access>より会場までの地図をご参照ください。

□参加費・定員:
15,000円 税別(全3回)/定員20名

□使用書籍:
『なぜ弱さを見せあえる組織が強いのか――すべての人が自己変革に取り組む「発達指向型組織」をつくる』
著者: ロバート・キーガン、 リサ・ラスコウ・レイヒー、 中土井僚、 池村千秋
※教材書籍については各自で事前にご購読ください。

□講師:
樋原 伸彦 早稲田大学 大学院経営管理研究科 准教授
東京大学教養学部卒業。東京銀行(現三菱東京UFJ 銀行)、世界銀行コンサルタントを経て、2002年にコロンビア大学大学院博士課程修了。PhD(Economics)。2002年からサスカチュワン大学(カナダ)ビジネススクール助教授。2006年から立命館大学経営学部及びテクノロジー・マネージメント研究科准教授。2011年より現職。その間、コロンビア大学ビジネススクール日本経済経営研究所助手等も歴任。

□問い合わせ:
info@ddmn.jp(DMN運営事務局)
※当日、イベントの様子を撮影させていただき、後日WEBサイトやSNSなどの媒体でレポーティングする予定がございます。ご都合の悪い方はスタッフにお申し出ください。


Peatixでのお申し込みは>>こちらから

 

Eiko Ikeda株式会社mct エクスペリエンスデザイナー

【タグ】 DMN, 組織デザイン,

May 24, 2018 11:09 DMN EXPO のご案内[vol.007]

5/11から開催している、イノベーションとデザインの祭典<DMN Design Management EXPO 2018>もいよいよ後半戦です。5/22には、同志社女子大学・特任教授の上田信行氏をお迎えして「楽しく学び、成長することができるプレイフルな働き方-PlayfulWork-と題したワークショップが実施されました。

DMN Design Management EXPO2018

004

PlayfulWorkというのは、単なる楽しいということではなく、コンフォートゾーンから出て学び、成長するワークスタイルのことです。PlayfulWorkでは、自らのコンフォートゾーンを守ろうとするFixed Mindsetではなく、コンフォートゾーンを飛び出そうとするGrowth Mindsetであることが求められています。しかしながら実際には、人間は誰しも両方のマインドセットを持っており、人間のマインドセットを変えるということはそもそも難しいというのも事実です。(従来のリーダーシップ研修はそれをやらせようとしているのですが・・・)

一方で、道具・一緒に働く人々・空間といったファクターは、人のマインドセットに大きな影響を与えています。プレイフルワークデザイナーはそこに注目し、道具・一緒に働く人々・空間を使って組織やチームのGrowth Mindsetを高めていくのです。

003

mctでは、上田先生とともに、従来のリーダーシップ研修とは全く異なる方法で、組織に求められる新しいリーダー=プレイフルワークデザイナーを育成するプログラムをご用意しています。ご興味のある方は、下記リンク先の問い合わせフォームよりお問い合わせください。

→お問い合わせはこちらから

 

DMN WORKSHOP

May 22, 2018 10:12 DMN EXPO のご案内[vol.006]

5/11から開催している、イノベーションとデザインの祭典DMN Design Management EXPO 2018>もいよいよ後半戦です。先週5/18には、一橋ビジネススクール国際企業戦略専攻・准教授の藤川佳則氏をお迎えして「THE FUTURE -価値づくりの未来-」と題したワークショップが実施されました。今回のワークショップでは、世界経済のメガトレンドを展望した上で、マルチ・サイド・プラットフォームなどの「価値共創」の視点で今後どのように価値を作り出していくかについてディスカッションが行われました。

IMG_1626

藤川先生からのレクチャーで印象的だったのは、今の世の中を見る自分たちの「レンズ」をまずは疑ってみよう、というお話でした。今まで当たり前だと思っていたこと、世の中に溢れているフレームワークで世の中を見てみたとしても、もしかするとそのフレームワーク自体が前提にまみれているかもしれないSHIFT、MELT、TILTという地球規模でのトレンドから従来の前提や常識では捉えられない状況になってきていることを理解し、価値づくりの手法が「グッズ・ドミナント・ロジック」から「サービス・ドミナント・ロジック」そして「マルチ・サイド・プラットフォーム」へと多様に変化してきていることを学びました。

質疑応答でもたくさんのディスカッションが飛び交い、このテーマに関する参加者のみなさんの興味が非常に高いことが伝わってきました。このワークショップの最後は、「今後、どのようなレンズをかけて自社の未来を切り拓いていきますか?」という藤川先生からのメッセージで締めくくっていただきました。

また会場の展示スペースでは、今後の変革期における新しいデザインの役割を提示すべく、さまざまなノウハウや最先端の事例の展示をご用意しています。エキシビジョン閉幕となる5/27まで展示しておりますので是非この機会に会場へお越しください。 事前にご連絡をいただけますと担当スタッフが、各展示を説明しながらご案内するガイダンスツアーをセッティングすることも可能です。ツアーのご要望は下記までご連絡ください。

ご連絡先:info@ddmn.jp(DMN運営事務局) 

DMN Design Management EXPO 2018DMNEXPO

 

DMN WORKSHOP
Content not found

Search検索

Categoryカテゴリー

過去のExperience Magazine

  • 米国マーケティング最新事情 / 瀧口範子
  • デザインテクノロジーの最前線 / 桐山孝司
  • 「本能」から人間を読み解く / 佐藤武史
  • 注目のクリエーターズボイス