BLOG

Oct 14, 2021 01:33 Blog|リモートチームのための「フィードバック」

blog@4x (1)Starline - jp.freepik.com によって作成された abstract ベクトル

リモートワーク時代において注目されている新たなビジネススキル「フィードバック」についてお話しします。 

…そう、あのフィードバックです。皆さんも普段のお仕事で「フィードバック」という言葉そのものはよく使っているかもしれません。このフィードバックがリモートワークで働くチームにとって、とても大切な意味を持つようになってきています。

 
 
 
 

なぜ今、フィードバックなのか?

コロナ禍で多くの企業がリモートで働くことを余儀なくされました。コロナ初期から見るとリモートワークの働き方もすでに1年半ほどの期間が過ぎ、標準的なワークスタイルとしてすっかり定着しました。一方で今、多くの組織で顕在化しているのがメンバー同士のつながりに関する問題です。ツールの活用によって離れていても生産的・効率的に働けるようになりましたが、大半のコミュニケーションは進行中の業務に関する形式的な会話が中心になり、具体的な用件を伴わない会話はしづらくなりました。それによって日常のちょっとした悩みや相談ができず、メンバー間の心理的なつながりが希薄になりつつあるようです。また自分たちの未来の取り組みについて議論したり、偶然の会話から新しいアイデアが生まれたりといった創造的な議論の場を持つことも難しくなってきています。

そのようなリモートワーク下において、コミュニケーション作法として注目されているのが「フィードバック」です。フィードバックは「相手の行動に対して改善点や評価を伝え、軌道修正を促すこと」とされていますが、単に誰かのアイデアを評価したり、改善したりするだけでなく、フィードバックにはチームをつなぐ働きがあります。ハイパフォーマンスなチームほど持続的なフィードバックを回していく風土があるとも言われており、フィードバックはリモートワーク時代に効果的なコラボレーションを実現するための新たなビジネススキルとして見直されつつあります。より良いフィードバックの作法を身につけ、組織のコミュニケーションを質を高めていきましょう。

 

良いフィードバックをするためのコツ

リモートワーク環境下でのフィードバックを上手にやるためには、いくつかのコツやちょっとした心構えがあります。これらのポイントをきちんと押さえておくことで効果的なフィードバックが可能になりますのでぜひ試してみてください。

ヒト

フィードバックの中には、それを受ける人にとって耳の痛い話もあります。フィードバックの受け手が人格や価値観を否定されたと感じてしまわないためにも、ヒトではなくコトにフォーカスすることが大切です。幸いにもリモートワーク下では、リアルの対面のコミュニケーションと比較すると、ヒトとコトを切り離すことがしやすくなりました。フィードバックをする際には一呼吸置いて、誰が言ったかではなく、何を言ったかという「コト」へ意識を向けましょう。

ヒト-1

フィードバックというとアイデアの良し悪しに対する評価や指摘を想像しがちですが、アイデアそのものを対象としてしまうと「そのアイデアをどうするか?」という議論だけに終始してしまいます。そこでアイデアそれ自体ではなく、なぜそう考えたのか?という背景やロジックに視点を向けることが大切です。アウトプットではなくプロセスについて話すことで、アイデアの背景にある本質的なエッセンスに気づき、さらに別の新たなアイデアへと広がっていきます。またフィードバックによって評価者と非評価者という関係性を作らないためにも、アイデアそのものにフォーカスしすぎないことは大切です。

ヒト-2

リモートワーク下ではコミュニケーションの大半がチャットでのやり取りになっているのではないでしょうか。便利で使いやすいチャットツールの登場によって、スタンプやテキストチャットを使ってフィードバックすることが容易になりました。一方でフィードバックでは、生身の人が話す言葉だからこそきちんと伝わることもたくさんあります。電話を嫌う人もいますが、slackの「ハドルミーティング」やクラウド録画サービスの「loom(ルーム)」など、温度感のある言葉を簡単に届けられるツールもたくさん登場しています。ここ一番の場面では、生の言葉を使ってフィードバックすることも心がけましょう。

01-Oct-12-2021-12-03-25-99-PM

前述の通りフィードバックの一次的な目的は、評価や改善などにあり、そのためには芯を食った質のいいフィードバックが求められます。しかし、そのような中身の「質」が伴わなくてもフィードバックするという行為そのものにもプラスの効果があります。「slackのスタンプで反応をもらえた」「zoomミーティング中に笑顔で大きくうなづいてくれた」などはその典型例です。質のいいフィードバックをしようとプレッシャーに感じずに、「質より量」の精神で感謝や賞賛の反応をたくさんしてあげましょう。それだけでも受け手にとっては大切なフィードバックになりますし、組織全体としてもコミュニケーションの流通量を増やすことにつながるはずです。

02-4

フィードバックで「即時性」が重要であることは言うまでもありません。しかし、リモートワークが普及したことで、海外拠点で働く人、育児をしながら働く人、本業+副業のマルチワークで働く人など、さまざまなワークスタイルの人が同じ組織で一緒に働くようになりました。そのような中で、即時のフィードバックを求めることは現実的ではありません。お互いのワークスタイルを尊重して、24時間くらいの時間差を許容し、ゆったりとしたフィードバックカルチャーを築きましょう。

 

アウトプットがフィードバックを生む

ここまでフィードバックをする側の観点から、その作法などについて話してきましたが、フィードバックが生まれる前には必ず誰かのアウトプットがあります。誰かが自身の活動や考えを皆の見えるようにアウトプットするからこそ、フィードバックの機会が生まれるのです。それはつまりフィードバックをする側だけでなく、される側にも作法があるということです。具体的には、不完全でも良いからアイデアをお披露目してみる、まだ整理されていない考えを話してみる、疑問や悩みを抱え込まず打ち明ける、などのアウトプットを積極的にしていくことです。

フィードバックは、する側とされる側の共同作業です。お互いへのリスペクトを忘れず、なんでも言い合える関係性を築くことがより良いフィードバックに繋がり、そしてそのフィードバックがまたチームの関係性の向上へと繋がります。誰かに対して良いフィードバックをすることはもちろん、時には自分自身がフィードバックをもらう側の立場になることも心がけましょう。

 

***━━━━━━━━

いかがでしたでしょうか。フィードバックはリモートワーク時代にとても重要になる作法です。その作法はもはやリモートチームのメンバーとしての「責任」と言ってもいいかもしれません。フィードバックをすること・されることは、メンバーとしてのチームに対する貢献の形なのです。

 

今後もPlayful NetWorkでは、新しい働き方やチームのあり方に関するさまざまな情報発信やイベント開催を行なってまいります。ぜひFacebookグループもフォローください。

▶︎Playful NetWorkFacebookグループはこちら

▶︎メールマガジンの登録はこちら

Akihiro Yonemoto株式会社mct エクスペリエンスデザイナー/ストラテジスト

Oct 05, 2021 04:34 Blog|mctオリジナルのmiroボードを使ってみよう!【ビギナートレーニングボード編】

ビギナートレーニング編

今やリモートワーク時代の最強ツールといっても過言ではない「miro」。今回はmiroエキスパートのmctが作成したオリジナルのmiroボードをご紹介します。ボードデータは本ページ内のリンクからダウンロードして自由にご利用いただけます。

mctオリジナルボードの第三弾は「ビギナートレーニングボード」です。miroの初心者ユーザーが楽しみながらmiroの操作方法を学んでいただけるボードで、ワークショップのアイスブレイクなどでご利用いただくと効果的です。以下の動画内でもボードの使い方について解説していますので合わせてご覧ください。

 

botton-Sep-08-2021-01-29-07-50-AM**リンク先ページ内の「Use template」からボードデータを取り込んでいただけます**

今後もPlayful NetWorkでは、新しい働き方やチームのあり方に関するさまざまな情報発信やイベント開催を行なってまいります。ぜひFacebookグループもフォローください。

▶︎Playful NetWorkFacebookグループはこちら

▶︎メールマガジンの登録はこちら

Satoshi Kageyama株式会社mct エクスペリエンスデザイナー

Sep 30, 2021 05:00 Blog|mctオリジナルのmiroボードを使ってみよう!【大陸ボード編】

大陸ボード編0

今やリモートワーク時代の最強ツールといっても過言ではない「miro」。今回はmiroエキスパートのmctが作成したオリジナルのmiroボードをご紹介します。ボードデータは本ページ内のリンクからダウンロードして自由にご利用いただけます。

mctオリジナルボードの第二弾は「大陸ボード」です。海に浮かぶ大陸を「作業場」に見立て、複数の異なるワークを行ったり、グループごとに作業を行ったりするのに便利なmiroボードです。以下の動画内でもボードの使い方について解説していますので合わせてご覧ください。

 

botton-4**リンク先ページ内の「Use template」からボードデータを取り込んでいただけます**

今後もPlayful NetWorkでは、新しい働き方やチームのあり方に関するさまざまな情報発信やイベント開催を行なってまいります。ぜひFacebookグループもフォローください。

▶︎Playful NetWorkFacebookグループはこちら

▶︎メールマガジンの登録はこちら

Satoshi Kageyama株式会社mct エクスペリエンスデザイナー

Sep 24, 2021 05:00 Blog|mctオリジナルのmiroボードを使ってみよう!【登山ボード編】

登山ボード編

今やリモートワーク時代の最強ツールといっても過言ではない「miro」。今回はmiroエキスパートのmctが作成したオリジナルのmiroボードをご紹介します。ボードデータは本ページ内のリンクからダウンロードして自由にご利用いただけます。

mctオリジナルボードの第一弾は「登山ボード」です。エベレスト登山のように難所をクリアしながら頂上を目指していくデザインで、順を追って工程を進めていくワークショップやトレーニングで使いやすいボードです以下の動画内でもボードの使い方について解説していますので合わせてご覧ください。

 

botton-3**リンク先ページ内の「Use template」からボードデータを取り込んでいただけます**

今後もPlayful NetWorkでは、新しい働き方やチームのあり方に関するさまざまな情報発信やイベント開催を行なってまいります。ぜひFacebookグループもフォローください。

▶︎Playful NetWorkFacebookグループはこちら

▶︎メールマガジンの登録はこちら

Satoshi Kageyama株式会社mct エクスペリエンスデザイナー

Sep 16, 2021 05:09 Blog|失敗しないmiroワークショップ

20210916

「ワークショップでmiroを使ったがうまくいかなかった」

そんな声をしばしば耳にします。オンラインワークショップでの定番ツールとして急速に普及しつつあるmiroですが、実はその運用には難しさもあります。今回はそのようなmiroの使い方における典型的な失敗パターンとその対処法についてまとめてみました。

 
 
 
o-1
 
 
 
 
 

  • ビギナーの心理的ハードルを下げる

miroはその新しさゆえに初めて使うユーザーにとっては分かりにくいところがあります。例えるならば初めてスターバックスを利用するときに戸惑うのと同じような感覚です。初めてのスタバで注文方法や商品名が分からないのと同じように、miroを初めて利用するシーンでは何からどのように始めればいいか分からず、初心者ユーザーの多くが不安感や緊張感、戸惑いなどを感じてしまいます。こういった導入でのつまづきが、その後のマイナスの印象にもつながってしまうため、最初の利用はできるだけ丁寧にサポートしてあげることが重要です。そこでmctではビギナー向けの練習ボードなどを用意して、本編のワークに入る前にみんなでウォーミングアップする時間を設けています。ちょっとしたゲーム感覚を味わえるようなワークを体験してもらい、miroの楽しさを感じてもらうこともポイントです。

ワークに制約を加える

さまざまな機能が備わっていて便利なmiroですが、多機能であることがかえってユーザーにストレスになってしまうこともあります。何でもできて万能であるということは、裏を返すと利用にあたって考えるべきことが多いということだからです。ワークショップでmiroをスムーズに使ってもらうには、一定の制約があることも大切です。例えば作業用のフレームワークをmiro上にあらかじめ用意しておくことで、参加者にとってはやるべき操作が分かりやすくなります。miroの利用習熟度による参加者間での格差が出ないようにするという意味でも制約によって作業内容をシンプルにしてあげることは重要です。参加者がやる操作/やらない操作を明確にして、最も大事なワークに集中できる環境を作ってあげましょう。

他ツールとの併用の体験を快適にする

リアルの会場でのワークショップでは、参加者同士で話しながらポストイットワークを行うのはごく自然な作業です。ところがオンラインワークショップで、zoomなどを使いながらmiroでワークをするのはちょっとした複雑さがあります。同じPC画面の中で複数のツールのウィンドウを切り替えながら使いこなす必要があるためです。このような複雑さを回避するため、ワークショップの設計やファシリテーションの工夫をしておくことも大切です。zoomベースの時間とmiroベースの時間をできるだけ分ける、今はどちらを見ておくといいかをこまめに伝えてあげる、事前課題や中間課題のワークのみでmiroを使うようにする…などです。また、さらに別のツールも追加で併用するといった運用を避けることも大切です。slackやdropboxなどを加えて3つ以上のツールを併用するケースも見られますが、参加者のUXを考えるとなるべく使うツールは少なくしたいところです。

miroの作業そのものを目的にしない

miroの作業そのものが目的化してしまうのも陥りがちな失敗パターンです。例えば、ワークショップ中の全ての情報をmiroへアップしようとする、あるいはmiroのボードを綺麗にまとめていくことにこだわって肝心の対話や思考が不十分になる、といったケースです。その中でも最も典型的なのがKJ法をはじめとした「グルーピング」です。本来、グルーピングは分類そのものが目的ではなく、分類の過程で対話や思考を深めていくことがポイントです。しかし、miroを使ってグルーピングのワークをすると黙々と分類する作業そのものに集中してしまいがちです。miroを使う際にはグルーピングのようなワークは極力避けるなど、あくまでもチームとしての対話や思考を深めていくことをゴールにして、miroはそのための手段と捉えるスタンスが大切です。


***━━━━━━━━

最後に注釈ですが、これらのポイントはあくまでもmiroを使った「ワークショップ」におけるポイントです。プロトタイピングやスクライビング、個人の思考整理などの目的でmiroを利用する場合にはこの限りではありません。そして総じて言えることは、miroは多機能で自由度の高いツールだからこそ使い手のセンスが問われるツールであるということかもしれません。ワークショップデザイナーやファシリテーターにとっては使うほどに自己の能力を拡張してくれる奥の深いツールとも言えそうです。


今後もPlayful NetWorkでは、新しい働き方やチームのあり方に関するさまざまな情報発信やイベント開催を行なってまいります。ぜひFacebookグループもフォローください。

▶︎Playful NetWorkFacebookグループはこちら

▶︎メールマガジンの登録はこちら

Akihiro Yonemoto株式会社mct エクスペリエンスデザイナー/ストラテジスト

Search検索

Categoryカテゴリー

過去のExperience Magazine

  • 米国マーケティング最新事情 / 瀧口範子
  • デザインテクノロジーの最前線 / 桐山孝司
  • 「本能」から人間を読み解く / 佐藤武史
  • 注目のクリエーターズボイス