BLOG

May 07, 2020 01:00 Blog|リモートワークの時代。チームカルチャーはどうなる?vol.1

team culture

パンデミックは多くの人々の生活にネガティブで暗い影響を与えていますが、同時に、組織や企業、社会にとっては、自らを再定義し、新たな現実に即した運営モデルを模索する機会にもなっています。その機会をもたらした大きな変化の一つは、多くの企業が在宅ワークを—多くの場合は強制的に—採用したことです。

リモートワークがこれからのスタンダードに
リモートワークは、それ自体は新しいことではなく、グローバル企業を中心に数年前から世界中の企業が採用していました。しかし今回のように半ば強制的に、十分な準備期間もなくリモートワークが推進される中で、下記のような課題と、新しい機会が浮かび上がってきました。

 - ホワイトボードやPost-itなど、共同作業のための物理的なツールが使えない
 - 新しいデジタル・ツールをマスターするのに労力がかかる
 - ボディランゲージや非言語情報が欠落し、コミュニケーションが取りづらい
 - 気が散る環境下で、なかなかワークに集中できない
 - 直接会うという形で、チーム文化を確立することが難しい



ここで、このリストの最後の項目に着目してみましょう。離れていながらも、強力なチームカルチャーを構築することができれば、リストにある他の課題の解決に近づくことができるのではないかと私たちは考えました。 ではどのようにすれば、強いチームカルチャーを構築し、私たちのリモートワークをより充実させ、そのメリットを最大限に引き出すことができるのでしょうか。



What is Team Culture ?
チームカルチャーとは、個人のパフォーマンスや個性、態度のことを問題にしているのではありません。大切なのは、メンバーがどのようにまとまりのあるユニットとして一緒に仕事をしているか、各メンバーがどのように他のメンバーと連携し、より良い結果を生み出すために自分のスキルを効果的に提供できているか、ということです。



チームカルチャーは、下記の3つの柱を中心に構築されています。

・信念
全てのチームメンバーが信じていること、指針となるメンタリティ、スタイル、ルール。
・行動
それぞれのメンバーの実際の振る舞い、行動。
・ツールと環境
メンバーが本来あるべき行動ができるようにサポートするためのデバイス、ソフトウェア、適切な作業スペース(自宅も含む)など。

01-7チームカルチャーを構成する3つの柱



強いチームカルチャーを構築するには?
強いチームカルチャーを構築するために、チームがコントロールできる側面には色々なものがありますが、これから紹介する考え方は、先述した3つの柱「信念」「行動」「ツールと環境」を効果的にサポートすることができます。

02-3


強力なチームカルチャーをつくるために

✔︎ 最適な人材を採用する
確実にチームに最適な人材のみを採用することで、チームカルチャーの形成プロセスが大幅に容易になります。

✔︎ 儀式と伝統をつくる
特定の活動やプロセスは、友人や家族などのグループによって繰り返されることで「伝統」となっていきます。同じように、チームメンバーと一緒に特別なプロセスを作り上げることは、チームの結束力を保ち、オープンなコミュニケーションと信頼関係を築くことに寄与します。

✔︎ 責任感を醸成する
チームメンバーは、自分の仕事が、全体的な文脈の中でどこに当てはまるのかを理解する必要があります。それにより、各人が自分の仕事に責任を持つと共に、メンバー間のつながりや相互に補完しあっている存在であることを再認識することができます。


✔︎ オープンな環境をつくる
メンバーが自分の意見を表明することを恐れないような、かつ敬意を持って発言できるような、オープンな環境づくりを心がけます。全員に発言権を与えることで、より多くの異なる視点や意見を取り入れることができるようになります。

✔︎ ディスカッションと改善を繰り返す
定期的にメンバー全員と話し合う機会を作ります。チームとしてどのように仕事をしているか、自分の価値観は何か、期待や恐れは何か。そして団結力のあるユニットとして成功するために自分たちは何をすべきかを話し合うことで、向かうべき方向を再確認します。



今回は、リモートワークがもたらした課題、課題解決の鍵である「チームカルチャー」とは何か、それを強固にしていくためのヒントについて紹介しました。Vol.2では、リモートワークで「離れていながらにして、どのようにしてチームカルチャーを築くことができるか?」ということに焦点を当てて考えていきます。


Vol.2「離れていながらにして、チームカルチャーを築くには?」へ続く

記事原文:Victor Corral 日本語編集:池田 映子





●Playful NetWorkのお知らせ

mctは2019年に、これからの新しい働き方について考える参加型コミュニティ「Playful NetWork」を立ち上げました。会社や業界の枠を離れて、個人の方でも気軽に参加できる実験的な場です。EX(従業員経験)や、組織の中でイノベーションが生まれやすい環境をデザインしていくことにご興味のある方は、下記のFacebookページもぜひチェックしてみてください。
https://www.facebook.com/groups/PlayfulNetWork/

03-3
定期的なオンラインイベントも開催中です!

Victor Corral株式会社mct エクスペリエンスデザイナー

May 01, 2020 11:00 Blog|Remote Design Week Report vol.1

remotedesignweek


今週からDesignX CommunityによるRemote Design Weekというイベントが始まりました。
本イベントは完全リモートで実施されているため、mctメンバーも日本から参加をしております。


【Remote Design Weekとは?】
4月27日〜5月1日にかけて行われるオンラインのデザインカンファレンスです。イベントはPanel discussion, Workshop, Fireside chat, Networking, Talksなど様々な形式で30名以上のスピーカーによってセッションが行われています。スピーカーにはGoogle, Adobe, Frog Design, dropbox, Figmaなど、様々な企業のデザイナーやクリエイティブディレクター、マネージャーらが参加しています。(https://remotedesignweek.com/



01-2


5日間のイベントは日によってテーマが設定されており、スピーカーによるプレゼンテーションやディスカッションなどを視聴することができます。

4月27日:Community & Roundtables

4月28日:Tooling & Design Systems
4月29日:Collaboration & Facilitation
4月30日:Managing & Leading Remotely
5月01日:Career Fair & Portfolio Reviews


02-2


セッションは基本的にスピーカーが一方通行的に話しそれを視聴するスタイルですが、コメント欄を利用することで、よりインタラクティブな場が設けられているセッションもあります。また本イベントではデザインツールを使ったワークショップも企画されています。


03-2

初日は、「Early Stage Designers' Roundtable」といった若手デザイナー向けの座談会や「Designing a Remote Design Offsite」といったフルリモート制度を導入している企業のノウハウを知れるセッションなどが開催され、2日目はデザインシステムやリモートツールをテーマにしたイベントが行われていました。


また本イベントではオフィシャルslackグループも立ち上がっており、イベント開始前から参加者同士のネットワーキングにも使われています。1800名もの参加者がやりとりをしているため、非常に更新も活発でメッセージに全く追いついていけないほどです。slackを見ると、本イベントにはアメリカからの参加者はもちろんのこと、ヨーロッパやアジアなど世界各国のデザイナー、リサーチャーが数多く参加していることが伺えます。


rdw4


5日間のカンファレンスですが、デザインについてのみならず、デジタルツールの活用方法やデザインシステム、リモートでの働き方など、内容が非常に濃く見どころがたくさんあります。アーカイブ視聴チケットは今からでも購入可能なので「実際のセッションを視聴したい!」という方は是非Webサイトをチェックしてみてください。

興味深かったセッションや注目すべきトピックについてはまたブログにて随時情報配信していく予定です。

どうぞお楽しみに!

Michiru Watanbe株式会社mct エクスペリエンスデザイナー

【タグ】 デザイン,

Apr 24, 2020 02:00 Blog|中国のリモートワーク最新トレンド

How Do Chinese People Work from Home?-1


新型コロナウィルスの影響により、日本よりも一足先に、リモートワークが加速した中国。
これからの日本での働き方にとって何かヒントになることはないかと思い、クイックにリサーチを実施しました。



◆コロナウイルスの感染拡大前の中国のリモートワーク◆
リモートワークをしている労働者(以降:リモートワーカー)は、全労働者の1%に過ぎませんでした。各国と比較してみてもその水準は高いとは言えませんでした。

リモートワーカー数-1出所:Mob 研究院 2020疫情下的远程办公 行业洞察




◆コロナウイルスの感染拡大後の中国のリモートワーク◆

しかし、武漢でのコロナウイルスの感染拡大に伴って、多くの会社が春節休暇を2月まで延長。2月に入ってからは、リモートワークツールが完備されていき、家での仕事が可能になり、通常通り稼働し始めました。約200万人だったリモートワーカーの数が、2月以降、指数関数的に増加していきます。2月10日時点では、3,300万人となり累計でリモートワーカーは4億人を突破するまでになりました。
ほとんどの人が、これを機に初めてリモートワークを体験。そのため、今後の中国での働き方に対する考え方に大きな影響が出ることが予想されます。

リモートワーカー数
出所:Mob 研究院 2020疫情下的远程办公 行业洞察




◆中国の巨大IT企業がリモートワークサービスへ参入◆

新型コロナウイルス発祥地である中国・武漢市ではロックダウン措置が取られました(4月8日解除)。そして、多数のIT企業がリモートワークのソフトウェアやプラットフォームの開発に注力しました。

下記の図は感染拡大の間、巨大IT企業が無料で提供したサービスの一覧です。中国の急速なリモートワーク拡大の背景に、IT企業が率先してこのような支援活動を展開したということが関係していそうです。このような時でもブランド力を高め、社会貢献という「意味」を高める活動に素早く着手するという姿勢には、日本企業も見習うべきところがあると思います。

リモートワーク参入-4




◆中国のリモートワーカーの実態◆

上記のリモートワークサービスを用いて、リモートワーカーはどのような働き方をしているのでしょうか?SNSリサーチと弊社の簡易インタビューでの実際の声を聞いてみましょう。


a1-3 アリババ社員


“働き方は、結構規定されたもので、毎朝午前9時に朝礼がビデオ会議で行われています。”


“月に1回、部署間で、作業タスクを共有する「大集会」を開催しています。朝9時に始まり、夜11時に終わる大規模なものです。”

“母親が珍しがって、私のオンライン会議の様子を見に来たりしました(笑)。家族にとっても、私の仕事を知ってもらう良い機会になったと思います。”

a2-1朝礼の様子
引用元:https://www.bilibili.com/video/BV1s7411E7a2/

a3

アリババでは、メッセンジャーアプリを通じて、毎日従業員に健康状態(COVID-19関連)を提出するように求めています。
このレポートサービスは他の企業でも使用されており、毎日約1億人が自分の健康状態を報告していました。
Alibabaの DingTalk アプリ

 


t1 テンセント社員


“通勤時間も掛からず効率的に時間を使え、柔軟に働けたり、両親と過ごせる時間が増えたりするので、リモートワークは好きですね。

“社会的な活動ができず同じような毎日を送って、気持ちが晴れない。そんな時チームにとって重要なのは、カジュアルな会話を交わすこと。それは、チームを結びつけるだけでなく、社会的な繋がりを感じさせるものになると思います。”

 


 md-1  美団社員


“私たちのチームは、毎朝9:30にミーティングをし、その日のTo Doリストを作成。その日の終わりに進捗を報告することにしています。”

“コロナ以前は9時から21時までオフィスで働いていましたが、現在は状況が悪化しています。チャットグループでは昼夜問わず絶え間なく仕事に関連するディスカッションが行われています。

私はオフィスに戻りたいと思っています。より効率的に仕事ができるだけでなく、対面でカジュアルな会話をしたり、少し歩いたりすることもできるからです。”

 


xi シャオミ社員


“まず問題になったのはコミュニケーション。気軽に誰かのところへ行って話すことはできません。 簡単なことでさえ、テキストだけで説明するのは難しいと感じました。”

自己規律も新たな問題として浮上しました。家とオフィスではそもそもの目的が異なっています。突然家で仕事をすることになるので、仕事前後には気持ちの切り替えが必要になってきます。”





◆中国のリモートワーカーの実情から見えてきたもの◆
主に中国のIT企業で働く社員のコメントからいくつかの発見がありました。


1. デイリーなミーティングとレポートによるマネジメント

チームの生産性を高めるマネジメント上の工夫が行われていました。例えば、毎日定時にミーティングをしてタスクを共有したり、終業時には進捗を報告したりするといったルールが作られていったようです。ある程度規律あるルールが存在することで気持ちのメリハリがつきそうですね。ちなみに現在中国では、「タワー」とアリババが所有する「チームビション」がタスク管理サービスの2強のようです。

tt

2. カジュアルな会話が創造性の源泉
リモートワークだと、ちょっとした内容でも、意図したことが伝わらないことがあります。またプライベートな会話が減ることで、チームの絆や社会的なつながりも希薄になりがちに。
実はこれまで「無駄話」と呼んでいたインフォーマルな会話によって、本当に伝えたい意図が効果的に伝達できたり、心理的な安全性を回復したり、さらにはアイデアの種や問題解決のヒントが見出されたりということがあるようです。


3.「儀式」を取り入れよう!
自宅を「仕事をする場所」だと心理的に理解できず、”気持ちの切り替えがうまくできない”という問題が発生しています。中国の有名なSNS微博では、多くの人が在宅勤務時の「儀式」の重要性について言及。こうした「儀式」の感覚は、仕事とプライベート間の「区切り」として機能します。例えば、「5分間の瞑想」、「フォーマルな服装」、「オフィスに行くふりをする少しの散歩」が有効だと言われています。皆さんも自分に合った「儀式」を見つけてみてはいかがでしょうか。


g1




以上、中国のリモートワークの実情について調べてみました。各国のリモートワーク事情について、さらに分析を深めると、それぞれの国の慣習や文化、企業風土といったコンテクストの影響を受けて、国独自の生活者の価値観が浮き彫りになってくるでしょう。

mctでは、引き続き海外のオンラインでリモートエスノグラフィを実施しています。特に中国では、デジタル環境が整っており、クイックにインタビューしやすい環境になっていることが想定されます。変貌していく世界の生活者の価値観についてコンテクストの理解を深めながら、機会探索のサポートをいたします。

また、合わせてリモート下におけるEX(Employee Experience:従業員経験)向上のサポートのご相談もお受けしておりますので、お気軽にお問い合わせください。

次回のブログでは、「リモートワーク下においてチームワーク文化を育むために何が必要なのか」についてお届けする予定です。どうぞお楽しみに!


記事原文:趙 展   日本語編集:飛岡 憲

Zhan Zhao株式会社mct ストラテジスト

Apr 03, 2020 10:00 Blog|リサーチに使うデジタルツールの使い勝手についてmctメンバーで話し合ってみました

リサーチに使うデジタルツールの使い勝手について-1

先日、mctのメンバーで、リサーチで使うデジタルツールの使い勝手について、オンライン座談会を開きました。そこで話し合われたことが面白かったのでシェアさせていただきたいと思います。

話題に上がったデジタルツールは、オンラインワークショップで使えるMURAL、インタビューの発言整理に役立つDovetail、インサイトの構造化に役立つCoggleの3つです。

blog1

佐藤(今回の座談会のファシリテーター)「ストラングさん、最近使ったデジタルツールで面白かったものありますか?」

ストラング「私がサポートスタッフとしてお手伝いしているDMNのセミナーでMURALを使いました。講師が出したお題を、オンラインで参加している受講者がMURAL上で回答し、講師がそれを見ながらコメントする形式です」

blog2-1

MURAL:ビジネスモデルキャンバスやペルソナといったデザイン思考関連のフォーマットが多数準備され、オンライン上でそれらを作成・共同編集できるオンラインワークショップ用ツール
※ここで見えている内容は実際のプロジェクトのものではなく、サンプル(イメージ)です。

MURAL
https://mural.co/


ストラング「オンラインでのセミナー参加者が多くなって急遽使うことになったのですが、セミナー講師にも評判は良かったです。ただ、企業のセキュリティによってはアクセスできないことや、映像配信で使っていたZoomとの画面切り替えが面倒な点など、クリアすべき問題は多い印象でした」

亀田「セキュリティで入れなかった人にはどうしたんですか?」

ストラング「PDFを送って、回答してもらいました。MURALを使う場合でも、事前に慣れてもらっておく必要がありますね」

合田「インタビューの被験者に事前に資料作成してもらうことがあるのですが、MURALを使ったら回収も簡単にできそうですね」

佐藤「確かに、その使い方も便利ですね」

MURALについて一通り話をした後に、別の分析ツールであるDovetailに話が移りました。

blog3

Dovetail:インタビュー結果から発言整理~インサイト抽出に役立つツール
※ここで見えている内容は実際のプロジェクトのものではなく、サンプル(イメージ)です。

Dovetail
https://dovetailapp.com/


亀田「私からはDovetailのことを話したいんですけれど、私がディレクションしている異なる二つのプロジェクトで、それぞれ違う使い方をしました。一つはインタビュー結果をDovetailに流し込み、Dovetail上でインサイトを見つけながらフラグ付けをしていきました。ただ、インサイトを修正したいときにちょっと手間が多かったです」

佐藤「なるほど」

亀田「もう一つの使い方は、5~6件のインタビューが終わった後にインサイトの抽出と意識合わせだけメンバー内で終わらせて、Dovetail上では発言にインサイトを紐づけるのみの使い方。Dovetailは分析のためではなくて、報告書に載せるエビデンスのストックとして使いました。インサイトを選ぶとそれに紐づく発言がぱっと集まるので作業がラクなんです」

合田「これを見ているとインサイトに対応する発言の部分にマーカーが引かれていることも便利ですね。どこを読めばいいかがすぐ分かりますもんね」

下岡「私はその案件で分析のお手伝いをしたのですが、東京と大阪で離れて作業していると他のメンバーの方がどう考えているかが見えない時があるんですけど、このようにマーカーが引かれ、インサイトが横に見えると、他のメンバーがどう考えているか、頭の中が見えるので助かっています」

亀田「例えば『副作用』というキーワードが含まれる発言がババっと集まってくれたらもっと分析に使えるんですけど、検索機能が日本語に十分対応していないみたいで、そこがもったいないんですよね」


最後は、また別の分析ツールであるCoggleに話が移りました。

blog4-2

Coggle:オンラインでマインドマップを共同作成・編集できるツール、インサイトの構造化にも役立つ
※ここで見えている内容は実際のプロジェクトのものではなく、サンプル(イメージ)です。

Coggle
https://coggle.it/


合田「Coggleなんですけど、リサーチで得られた全てのインサイトをマインドマップのように一枚の絵に描くことができて、例えば「こんな業界の背景があってこんなニーズが生まれた」といったような構造(因果関係)も描きやすいんです。今回、佐藤さんと進めたプロジェクトでも、調査で得られた結果を一枚で見える化できてしまうのが便利だと思いました」

佐藤「ひとり取材が終わったらCoggleでインサイトを追加してを繰り返し、全ての取材が終わったときに完成度の高いインサイトのマップのようなものが完成しているイメージです。これまでだったら、取材をして、テキスト(テープ起こし)を待ってから分析して、という時間のかかる分析が、クイックになった感じがしました」

下岡「頭がフレッシュな時に、インサイトの全体像にタッチできるのは良さそうですね」

合田「一人目のインタビューが終わった時からCoggleでインサイトの抽出を行い、常にインサイトの全体像が見えている状態でプロジェクトを進行できました。何か思いついたら、どんどんCoggleに入れていった感じです」

佐藤「合田さんがCoggleを更新したらメールが飛んでくるので、どこを更新してくれたのかなってCoggleにアクセスしてました(笑)」

亀田「私はCoggleを使って報告書の構成を描いたことがあります。Dovetailは、特にエビデンス(発言)を集めることが重要なプロジェクトには便利かもしれないけど、調査全体を説明したいときはCoggleのようなツールが便利かもしれないですね」

合田「こういうマップを綺麗に作ってくれるのは地味に便利ですね。絵作りに頭を使わなくていいので」

それから、CoggleがZMET(※)的な分析にも使えそうという話題になって、座談会は終わりました。

※ZMET法:認知心理学や脳科学の理論をベースに、OLSON ZALTMAN ASSOCIATES (http://www.olsonzaltman.com/)が開発した「潜在意識を深く理解する」手法。イメージとメタファーを駆使することで深い潜在ニーズを明らかにする。


---

さて、我々は2019年度に「リサーチのデジタルトランスフォーメーション」セミナーを2回のシリーズで実施し、多くの参加者にご来場いただきました。同セミナーを今年も開催する予定ですが、今回は参加者様の安全性も考慮して、オンラインで実施することを計画しています。

『リサーチのデジタルトランスフォーメーション
 オンラインセミナー 5月開催予定 』

もし、「このようなテーマを含めて欲しい」ということがありましたら、以下のフォームよりお知らせください。検討させていただきます。具体的なセミナーのお知らせは、弊社のメルマガ・ブログ等を通して、改めてご連絡させていただきます。

● 2019年度セミナーの詳細はこちら
 「リサーチのデジタルトランスフォーメーション Part1」
 「リサーチのデジタルトランスフォーメーション Part2」

● テーマのリクエストフォームはこちらから
 セミナーテーマリクエストフォーム」

 

 

Takeshi Sato株式会社mct ストラテジスト

Mar 31, 2020 10:00 新型コロナウイルスに対する当社対応およびリモートによるご支援について

mctからのお知らせ

いつも私たちmctをご支援いただきましてありがとうございます
mctの桑山です。

まもなく4月を迎え、希望に満ちた新たな年度の始まりとなるはずでしたが、世界的に感染が拡大している新型コロナウイルスの影響により、あらゆる産業・業界において、先行きの見通しが困難な状況にあり、様々な変更を余儀なくされています。

私たちmctにおいても、3月27日より各メンバーは在宅勤務を前提とした働き方にシフトしています。恐れ入りますが、ご連絡等は各メンバーの携帯電話あるいはメールアドレス宛までご連絡いただきますようお願い申し上げます。

新型コロナウイルスによる消費活動への大きな影響が、マイナスや危機の側面から報道されることが多い中、以下の様なトピックスに関連する産業・業界においては、昨年に比べ大きく需要過多になっているとの情報もあります。

・WEB会議システムを活用した遠隔での商談・会議や、サービス・セミナーの提供
・ECサイトを通じた生活用品の購買や、動画コンテンツ配信等による巣ごもり消費
クラウドファンディングやスキルシェア系ECなどを活用した新たな経済圏の活性化

これらの変化には、全て「デジタル」のインフラをベースとしていることに共通点があります。官民が一丸となって進めているDXが、このタイミングをきっかけとして加速する可能性が高いのではと感じています。

「Creativity Loves Constraint:制約は創造性の母」というGoogleが大切にしている言葉のように、この状況を前提とした新たなアイデアを生み出し、2020年以降の事業成長のチャンスを共に検討できればと思います。

mctでは、これまでにも増して、リモートによるインタビューや、複数拠点をつないだオンラインでのワークショップ実施の機会が増えており、リモートを前提としたプロジェクトの進め方や改善点などをメンバー間で協議し、その情報を日々アップデートしています。

「他社ではどのようにこの状況を捉えているのだろうか?」
業界を問わずこのピンチをチャンスに変えている事例はどの様な内容だろうか?」
現在検討している事業の進め方をこの状況に合わせて変更したい」

上記に限らず様々なご相談・お悩みなど、
小さなことでも結構ですので、ご相談頂ければ幸いです。
mctがお役に立てることであれば、ご支援させて頂きます。



▶︎お問い合わせは こちらから

Yuji Kuwayama株式会社mct DX ビジネスデザイン ディレクター

Search検索

Categoryカテゴリー

過去のExperience Magazine

  • 米国マーケティング最新事情 / 瀧口範子
  • デザインテクノロジーの最前線 / 桐山孝司
  • 「本能」から人間を読み解く / 佐藤武史
  • 注目のクリエーターズボイス