BLOG

Apr 03, 2020 10:00 Blog|リサーチに使うデジタルツールの使い勝手についてmctメンバーで話し合ってみました

リサーチに使うデジタルツールの使い勝手について-1

先日、mctのメンバーで、リサーチで使うデジタルツールの使い勝手について、オンライン座談会を開きました。そこで話し合われたことが面白かったのでシェアさせていただきたいと思います。

話題に上がったデジタルツールは、オンラインワークショップで使えるMURAL、インタビューの発言整理に役立つDovetail、インサイトの構造化に役立つCoggleの3つです。

blog1

佐藤(今回の座談会のファシリテーター)「ストラングさん、最近使ったデジタルツールで面白かったものありますか?」

ストラング「私がサポートスタッフとしてお手伝いしているDMNのセミナーでMURALを使いました。講師が出したお題を、オンラインで参加している受講者がMURAL上で回答し、講師がそれを見ながらコメントする形式です」

blog2-1

MURAL:ビジネスモデルキャンバスやペルソナといったデザイン思考関連のフォーマットが多数準備され、オンライン上でそれらを作成・共同編集できるオンラインワークショップ用ツール
※ここで見えている内容は実際のプロジェクトのものではなく、サンプル(イメージ)です。

MURAL
https://mural.co/


ストラング「オンラインでのセミナー参加者が多くなって急遽使うことになったのですが、セミナー講師にも評判は良かったです。ただ、企業のセキュリティによってはアクセスできないことや、映像配信で使っていたZoomとの画面切り替えが面倒な点など、クリアすべき問題は多い印象でした」

亀田「セキュリティで入れなかった人にはどうしたんですか?」

ストラング「PDFを送って、回答してもらいました。MURALを使う場合でも、事前に慣れてもらっておく必要がありますね」

合田「インタビューの被験者に事前に資料作成してもらうことがあるのですが、MURALを使ったら回収も簡単にできそうですね」

佐藤「確かに、その使い方も便利ですね」

MURALについて一通り話をした後に、別の分析ツールであるDovetailに話が移りました。

blog3

Dovetail:インタビュー結果から発言整理~インサイト抽出に役立つツール
※ここで見えている内容は実際のプロジェクトのものではなく、サンプル(イメージ)です。

Dovetail
https://dovetailapp.com/


亀田「私からはDovetailのことを話したいんですけれど、私がディレクションしている異なる二つのプロジェクトで、それぞれ違う使い方をしました。一つはインタビュー結果をDovetailに流し込み、Dovetail上でインサイトを見つけながらフラグ付けをしていきました。ただ、インサイトを修正したいときにちょっと手間が多かったです」

佐藤「なるほど」

亀田「もう一つの使い方は、5~6件のインタビューが終わった後にインサイトの抽出と意識合わせだけメンバー内で終わらせて、Dovetail上では発言にインサイトを紐づけるのみの使い方。Dovetailは分析のためではなくて、報告書に載せるエビデンスのストックとして使いました。インサイトを選ぶとそれに紐づく発言がぱっと集まるので作業がラクなんです」

合田「これを見ているとインサイトに対応する発言の部分にマーカーが引かれていることも便利ですね。どこを読めばいいかがすぐ分かりますもんね」

下岡「私はその案件で分析のお手伝いをしたのですが、東京と大阪で離れて作業していると他のメンバーの方がどう考えているかが見えない時があるんですけど、このようにマーカーが引かれ、インサイトが横に見えると、他のメンバーがどう考えているか、頭の中が見えるので助かっています」

亀田「例えば『副作用』というキーワードが含まれる発言がババっと集まってくれたらもっと分析に使えるんですけど、検索機能が日本語に十分対応していないみたいで、そこがもったいないんですよね」


最後は、また別の分析ツールであるCoggleに話が移りました。

blog4-2

Coggle:オンラインでマインドマップを共同作成・編集できるツール、インサイトの構造化にも役立つ
※ここで見えている内容は実際のプロジェクトのものではなく、サンプル(イメージ)です。

Coggle
https://coggle.it/


合田「Coggleなんですけど、リサーチで得られた全てのインサイトをマインドマップのように一枚の絵に描くことができて、例えば「こんな業界の背景があってこんなニーズが生まれた」といったような構造(因果関係)も描きやすいんです。今回、佐藤さんと進めたプロジェクトでも、調査で得られた結果を一枚で見える化できてしまうのが便利だと思いました」

佐藤「ひとり取材が終わったらCoggleでインサイトを追加してを繰り返し、全ての取材が終わったときに完成度の高いインサイトのマップのようなものが完成しているイメージです。これまでだったら、取材をして、テキスト(テープ起こし)を待ってから分析して、という時間のかかる分析が、クイックになった感じがしました」

下岡「頭がフレッシュな時に、インサイトの全体像にタッチできるのは良さそうですね」

合田「一人目のインタビューが終わった時からCoggleでインサイトの抽出を行い、常にインサイトの全体像が見えている状態でプロジェクトを進行できました。何か思いついたら、どんどんCoggleに入れていった感じです」

佐藤「合田さんがCoggleを更新したらメールが飛んでくるので、どこを更新してくれたのかなってCoggleにアクセスしてました(笑)」

亀田「私はCoggleを使って報告書の構成を描いたことがあります。Dovetailは、特にエビデンス(発言)を集めることが重要なプロジェクトには便利かもしれないけど、調査全体を説明したいときはCoggleのようなツールが便利かもしれないですね」

合田「こういうマップを綺麗に作ってくれるのは地味に便利ですね。絵作りに頭を使わなくていいので」

それから、CoggleがZMET(※)的な分析にも使えそうという話題になって、座談会は終わりました。

※ZMET法:認知心理学や脳科学の理論をベースに、OLSON ZALTMAN ASSOCIATES (http://www.olsonzaltman.com/)が開発した「潜在意識を深く理解する」手法。イメージとメタファーを駆使することで深い潜在ニーズを明らかにする。


---

さて、我々は2019年度に「リサーチのデジタルトランスフォーメーション」セミナーを2回のシリーズで実施し、多くの参加者にご来場いただきました。同セミナーを今年も開催する予定ですが、今回は参加者様の安全性も考慮して、オンラインで実施することを計画しています。

『リサーチのデジタルトランスフォーメーション
 オンラインセミナー 5月開催予定 』

もし、「このようなテーマを含めて欲しい」ということがありましたら、以下のフォームよりお知らせください。検討させていただきます。具体的なセミナーのお知らせは、弊社のメルマガ・ブログ等を通して、改めてご連絡させていただきます。

● 2019年度セミナーの詳細はこちら
 「リサーチのデジタルトランスフォーメーション Part1」
 「リサーチのデジタルトランスフォーメーション Part2」

● テーマのリクエストフォームはこちらから
 セミナーテーマリクエストフォーム」

 

 

Takeshi Sato株式会社mct ストラテジスト

Mar 31, 2020 10:00 新型コロナウイルスに対する当社対応およびリモートによるご支援について

mctからのお知らせ

いつも私たちmctをご支援いただきましてありがとうございます
mctの桑山です。

まもなく4月を迎え、希望に満ちた新たな年度の始まりとなるはずでしたが、世界的に感染が拡大している新型コロナウイルスの影響により、あらゆる産業・業界において、先行きの見通しが困難な状況にあり、様々な変更を余儀なくされています。

私たちmctにおいても、3月27日より各メンバーは在宅勤務を前提とした働き方にシフトしています。恐れ入りますが、ご連絡等は各メンバーの携帯電話あるいはメールアドレス宛までご連絡いただきますようお願い申し上げます。

新型コロナウイルスによる消費活動への大きな影響が、マイナスや危機の側面から報道されることが多い中、以下の様なトピックスに関連する産業・業界においては、昨年に比べ大きく需要過多になっているとの情報もあります。

・WEB会議システムを活用した遠隔での商談・会議や、サービス・セミナーの提供
・ECサイトを通じた生活用品の購買や、動画コンテンツ配信等による巣ごもり消費
クラウドファンディングやスキルシェア系ECなどを活用した新たな経済圏の活性化

これらの変化には、全て「デジタル」のインフラをベースとしていることに共通点があります。官民が一丸となって進めているDXが、このタイミングをきっかけとして加速する可能性が高いのではと感じています。

「Creativity Loves Constraint:制約は創造性の母」というGoogleが大切にしている言葉のように、この状況を前提とした新たなアイデアを生み出し、2020年以降の事業成長のチャンスを共に検討できればと思います。

mctでは、これまでにも増して、リモートによるインタビューや、複数拠点をつないだオンラインでのワークショップ実施の機会が増えており、リモートを前提としたプロジェクトの進め方や改善点などをメンバー間で協議し、その情報を日々アップデートしています。

「他社ではどのようにこの状況を捉えているのだろうか?」
業界を問わずこのピンチをチャンスに変えている事例はどの様な内容だろうか?」
現在検討している事業の進め方をこの状況に合わせて変更したい」

上記に限らず様々なご相談・お悩みなど、
小さなことでも結構ですので、ご相談頂ければ幸いです。
mctがお役に立てることであれば、ご支援させて頂きます。



▶︎お問い合わせは こちらから

Yuji Kuwayama株式会社mct DX ビジネスデザイン ディレクター

Mar 23, 2020 12:00 新型コロナウイルス感染拡大に伴う弊社主催セミナー中止のお知らせ

新型コロナウイルスの感染が拡大している状況を受け、参加者の皆様の健康・安全を最優先に考慮した結果、弊社主催セミナーの開催を中止することに致しましたのでお知らせ致します。
対象のセミナーは下記の通りになります。


 ■4月23日開催
 リーンスタートアップによる新事業開発セミナー
 第2回:リーンキャンバスの作成・検証インタビュー

 ■5月21日開催
 リーンスタートアップによる新事業開発セミナー
 第3回:
ソリューションストーリーボードを用いたMVPの視覚化


※参加者並びに関係者の皆様の健康を重視する観点から、セミナー開催の中止を決断いたしました。
皆様のご期待に沿えない形になってしまい誠に申し訳ございませんが、ご理解賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。


株式会社mct セミナー事務局

mct

Nov 26, 2019 03:00 mct blog|Narrative & Bias 書籍『他者と働くー「わかりあえなさ」から始める組織論』を読んで

Narrative & Bias

先月発売され話題の書籍、『他者と働く「わかりあえなさ」から始める組織論』(宇多川元一著、 NewsPicksパブリッシング)を読みました。すでにいろいろな方が書評やレビューをあげておられますが、mctの組織デザインユニットに所属する身として、また企業の製品・サービス開発のプロジェクトをお手伝いすることが多い身として、受け取る示唆が非常に多い書籍だったので、ここでご紹介させていただきます。

本書の冒頭で、著者は既存の知識・方法で解決できる問題「技術的問題」と、既存の方法で一方的に解決できない複雑で困難な問題「適応課題」という2つの問題が紹介され、組織において起こる問題は後者の「適応課題」であることが多いと述べます。他部署に協力を求めても理解が得られない…などのように、これといった解決策が見つからない問題です。そして、こうした向き合うことが難しい問題を解くための方法として、「対話」というものが紹介されます。「適応課題」は一方的に解決することができない問題であり、組織の「関係性」の中で生じる問題だからです。

 

適応課題に向き合うために、組織内の自分と他者との関係性を見つめ直し、改めるために重要なのが、著者が述べるもう一つの概念、「ナラティブ」です。ここで言う「ナラティブ」とは、解釈の枠組み、ビジネスの世界では「専門性」「職業倫理」「組織文化」などによって生まれる枠組みのことです。「上司たるもの、こういう存在であるべき」「部下ならば、こんな時はこういうふうに振る舞うものだ」といったように、自分たちの行動を、しばしば無意識に規定している枠組みと言ってもいいかもしれません。

私はこの「ナラティブ」という概念を、mctがよく用いる「バイアス」や「フレーム(リフレーム)」という概念と非常に関係が深いものとして読みました。「●●とは、こういうものだ」という思い込みや暗黙の前提を元に話をするため、他者とのわかりあえなさを生み出す…という状況は、「企業視点で考えるあまり、ユーザーに受け入れられる製品やサービスを生み出せない」という、多くの企業が陥っている状況と重なるものがあります。そういう意味でこの本は、単に組織論としてだけでなく、マーケティング論やコミュニケーション論としても読むことができます。


本書の以降では「対話」のプロセスとして、以下の4つのフェーズが紹介され、実践の方法が語られます。

1. 準備:自分のナラティブを脇に置き、相手と自分のナラティヴに溝(適応課題)があることに気づく
2. 観察:相手の言動や状況を見聞きし、相手のナラティヴを探る
3. 解釈:溝を飛び越えて、橋がかけられそうな場所や架け方を探る
4. 介入:実際に行動し、橋(新しい関係性)を築く


具体的な進め方は是非本を読んでいただきたいですが、mctが提供するデザインリサーチも、上のプロセスとよく似たコンセプトで進められます。自分(企業)のバイアスを可視化して問題をリフレームし、相手(ユーザー)を観察して相手の課題やゴールを探り、解決策を考えて実行するー。ユーザー理解とは、ユーザーのナラティブを探ることなのかもしれないな、と思いました。

本書をお読みになり、どう向き合えばいいかわからない問題を解きたい、解く鍵を見つけたいという気持ちがモヤモヤと芽生えた方は、一度mctのメニューをご覧ください。組織開発、組織に限らず様々な課題解決のお手伝いをいたします。相手のナラティブ理解を通じて自分のバイアスをリフレームする、そんな刺激的な体験をご一緒できると幸いです。





他者と働く──「わかりあえなさ」から始める組織論 (NewsPicksパブリッシング)
宇田川 元一
NewsPicksパブリッシング (2019-10-04)
売り上げランキング: 147
Satoshi Kageyama株式会社mct エクスペリエンスデザイナー

Nov 22, 2019 12:00 Seminar|差別化を図るためのCXマネジメント

 

cxm

いつもありがとうございます。mctの塚田です。
本日はカスタマーエクスペリエンス(CX)に関するイベントのご案内です。

皆様におかれましては以下のような課題を感じられたことはないでしょうか?

✓ 個別のプロジェクトでいくらCXを向上させても会社全体では大きなインパクトを残せない
✓ 1つ1つのアクティビティを変えても会社全体の印象や体験はなかなか良くならない

このような課題にはCXマネジメントの考え方が必要です。
そこでmctでは「カスタマーエクスペリエンスマネジメント」プログラムを開発いたしました。
今回はそのCXマネジメントの考え方やプロセスについて学ぶイベントとなります。

CXを今後の戦略として捉えておられる企業の皆様には大変有意義なイベントになるかと思いますので是非ご参加ください。



 ■ 講師紹介

 JB
Jonathan Browne ジョナサン・ブラウン
株式会社mct CXマネジメント/コンサルティングディレクター
フォレスター・リサーチのシニア・アナリスト出身、2019 年から mct に参画。カスタマーエクスペリエンスとマーケティングの分野において企業のビジネスを多数サポートしてきた。日本やヨーロッパの消費者や企業のテクノロジー利用動向、インターネットや新メディアを使ったマーケティングに関するコンサルティング経験がある。フォーブス、The Economic Times(インド)、日経 BP、thisismoney.co.uk に寄稿。日本に 14 年間住んでおり、英語、フランス語、日本語に堪能。 


 ■ 講師からのコメント

 企業が継続的な CX マネジメントを実施するためにどんな能力が必要か、
 そしてグローバル CX マネジメントをマスターするためにはどうすればいいか、
 事例とデータを用いて皆様とシェアしたいと思います。
イベントで皆様と会談ができることをたのしみにしています。


 ■ セミナー詳細
 日 時:2019年12月16日(月) ※13:00 開場
 会 場:(株)大伸社 東京本社 CHIKA 東京都渋谷区千駄ケ谷2-9-9 <Access>
 参加費:
無料

 ■ タイムスケジュール
 13:00 受付開始 展示パネルのご説明 ドリンクサービス
 14:00 「差別化を図るためのCXマネジメント」セミナー -第一部-
 14:45 CXマネジメント体験エクササイズ
 15:15 「差別化を図るためのCXマネジメント」セミナー -第二部-
 15:50 NTTデータ社に夜ショートプレゼン
 16:00 懇親会+展示パネルのご説明
 

 ※本セミナーは終了いたしました。
 たくさんのお申込みありがとうございました。またのご参加をお待ちしております。



→ セミナーについてのお問い合わせは こちら
→ メルマガの登録は こちら

Ichiro Tsukada株式会社mct CMO/プロジェクトデザイナー/イノベーションコンサルタント

Search検索

Categoryカテゴリー

過去のExperience Magazine

  • 米国マーケティング最新事情 / 瀧口範子
  • デザインテクノロジーの最前線 / 桐山孝司
  • 「本能」から人間を読み解く / 佐藤武史
  • 注目のクリエーターズボイス