BLOG

Jul 31, 2020 09:00 Blog|アフターコロナビジョニング Making New Things

MNT_logo-03



mctの未来探索プロジェクト、「Making New Things 〜アフターコロナ・ビジョニング」。

アフターコロナの未来で人々がどう変化するのか、
変化の先に何が求められるのか、そんなテーマをもとに発足し、サポーター企業のみなさまと共に進行中です。

さて、現在、多くの人が一部もしくは全部、リモートでの仕事を余儀なくされていると思いますが、
今回は、数年前に限界集落に移住し、フルリモートで仕事を続けているリードユーザのインサイトをひとつ、
ご紹介したいと思います。

地方移住とリモートワークが掛け合わさると、その先の未来で何が起こるのか。

今回ご紹介するのは、奥様が地方移住を夢見ていたため、
自ら積極的に会社と交渉し、数年前からリモートワークを始められたという経緯をお持ちの方。

リモートで働いていると、監視の目がないということもあり、
特に個人ワークの部分の仕事の進め方が本人の裁量に委ねられます。
※そのため、責任感の強い人でないとリモートワークは失敗する?

同時に、人の手が加わっていない田舎では、何かしたいと思ったら、意外と簡単にスタート出来てしまう。
今回お話を伺った方は、家の前の空き家を買い取って、ゲストハウスをつくられていました。
このあたり、都市部では想像できないですよね。


the-skye-bridge2      ※画像はイメージです。


印象的だったのが、本業の息抜きの時間に、ゲストハウスの手入れをしていること。
9時から18時までオフィスで仕事、というスタイルからはいい意味で、かなりかけ離れた生活をされていました。

また、近くの農家さんから美味しい野菜をもらったり、自分で魚を釣ったりして、
その土地と深く関わりながら生活する中で、その地域に何か貢献したいという夢が生まれてきたという。

本業の時間とサイドワークの時間のミックス。本業を通して実現したい夢と、その地域に貢献したい夢のミックス。
その土地と繋がりながら、同時に、インターネットを介して遠くの仕事仲間とも繋がることで、
複数の価値が交錯していくことが一つの発見でした。

リモートワークは今後も続くでしょうし、都市への通勤が必要ないならば地方移住も進むでしょうから、
今回お話をお聞きしたような方は、アフターコロナの時代に、ますます増えていくのだろうと思います。

本ブログを書いている佐藤もフルリモートで働いており、
UXリサーチャーの本職の傍ら居住地の奈良を盛り上げる活動をしており、
とても共感しながら取材を楽しく視聴していました。








インタビュー映像をご覧いただくには

「Making New Things 〜アフターコロナ・ビジョニング」では、サポーター企業を募集しています。
サポーター企業のみなさまには、すべてのインタビュー映像を公開しております。


mctの未来探索プロジェクト
「Making New Things 〜アフターコロナ・ビジョニング」詳細はこちらから

新規CTA

→ 最新のイベントやホームページでは紹介していない役立つ情報をお届けしています。
メールマガジンの登録は
こちら

Takeshi Sato株式会社mct ストラテジスト

【タグ】 インサイト, covid19,

Jul 21, 2020 05:00 Blog|アフターコロナビジョニング Making New Things

MNT_logo-03



mctの未来探索プロジェクト、「Making New Things 〜アフターコロナ・ビジョニング」。

アフターコロナの未来で人々がどう変化するのか、
変化の先に何が求められるのか、そんなテーマをもとに発足し、サポーター企業のみなさまと共に進行中です。



今回のリサーチから得られたインサイト

リサーチの結果、アフターコロナに関する面白いインサイトをいくつか獲得しており、その中から1つご紹介します。

「他者と比較せず自分なりの価値基準を持つ ヨソはヨソ、ウチはウチの精神がより大切になる」というものです。


03-Jul-20-2020-06-45-03-09-AM      #インサイトより抜粋


今回のコロナ禍で予測もつかないような経験を経て、「何かを頼る生き方ではなく自らが主体的になることの大切さ」に気づかれた方が多くおられました。

今後も不確実な状況が続く中で、個人が自分なりの価値基準を備える未来が予測できます。また多くの人が主体的に情報を探すという行動へと変容することが考えられることから、「生き方を提案する企業やコミュニティに人が集まるようになる」ということも想像できるでしょう。




エキスパートインタビューの結果紹介

インサイトに関連する活動を先駆けて実践する、”エキスパート”へのインタビューも現在進行中で、今回は完了したばかりのフレッシュなインタビュー結果についてご紹介します。


対象者の中の一人、パラレルワーキングママは、週に2日は正社員として働き、残りはフリーランスとして働いている子育て中のママ。”バリキャリ”、”ゆるキャリ”のどちらか一方ではなく、仕事と子育ての両立を考えフレキシブルに働き方を変える柔軟なキャリアを目指されています。

インタビューの中では、次のようなことばが印象的でした。

『仕事とプライベートのバランスで、どこが一番ちょうどいいかを模索中です』

 ー 仕事に追いかけられるのではなく、自分で好きなことを追っていく心地よさを感じている。
 ー 時短調理器具など、自分の時間を長くしてくれるモノに投資している。
 ー ネットスーパーやアプリ活用で、お金の管理を一元化し、振り回されるのではなくコントロールしたい。


テレワーク・パラレルワークを突き進めると、高いレベルでの時間のコントロールに意識が向き、例えば調理家電など、時間をコントロールするための消費も生まれていくようです。

このように、“エキスパートインタビュー”では、具体的にどのような価値観を持ち、どう行動されているのかを掘り下げることで潜在的なニーズを探索することができました。

サポート企業にとっても、プロダクトやサービスの種や、今後生活者と接していく上でのコミュニケーションのスタンスを今後検討する材料が得られつつあります。








インタビュー映像をご覧いただくには

「Making New Things 〜アフターコロナ・ビジョニング」では、サポーター企業を募集しています。
サポーター企業のみなさまには、すべてのインタビュー映像を公開しております。


mctの未来探索プロジェクト
「Making New Things 〜アフターコロナ・ビジョニング」詳細はこちらから

新規CTA

→ 最新のイベントやホームページでは紹介していない役立つ情報をお届けしています。
メールマガジンの登録は
こちら

Saori Kameda株式会社mct エクスペリエンスデザイナー

【タグ】 インサイト, covid19,

Jul 20, 2020 08:51 mcTV|Vol.4 直感的に・心地よくオンラインディスカッションを行う

0615_オンラインツール04
 
 
mctでは、実際のリモートプロジェクトでの経験をもとに 、より使いやすいオンラインツールをセレクトし随時『mcTV』にてご紹介させて頂いております。
 
前回のVol.3では『伝えたい情報は映像化して社内外に発信する』をテーマにお送り致しました。
ご覧頂けましたでしょうか。 ▶︎▶︎▶︎ 前回の動画を見る(Vol.3)
 
リモート環境下では、チームメンバーがタスクで苦労していても物理的に見ることができないため、一人ひとりの積極性が鍵となります。何も質問せずに、間違った方向にタスクを完了させてしまうような事がないよう、メンバー自らが適切なタイミングで質問をしたり、助けを求める必要がありますね。
 
今回は、実際の会議室やオフィスを模した、直感的なオンラインツール をご紹介致します!
 
ぜひ、ご覧ください ▶︎▶︎▶︎
 
 
 mcTV|Vol.4 直感的に・心地よくオンラインディスカッションを行う【remo】
 
 

 

 
 Vol.4 のご視聴ありがとうございました。
 
 
ぜひ引き続き、『mcTV』をご覧頂き、リモートプロジェクトの遂行にお役立て頂けますと幸いです。
 
なお、mctではオンラインツールの簡単な使い方レッスンを実施しております。
プライベートレッスンを設け、Zoom、Vimeo、miro、Slack、Remoといったツールに少しずつ慣れて頂く場を設けておりますので、ぜひお気軽にご活用頂けますと幸いです。
 
オンラインワークショップ実施のご相談も併せて承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。
 
 次回の『mcTV』もお楽しみに! 
 
     オンラインツール ・ワークショップのお問い合わせ
  
 
✉️ Shoko@mctinc.jp  |  Customer Success   ストラング尚子
 
Shoko Strang株式会社mct カスタマーサクセスアソシエイト

Jul 14, 2020 05:00 Blog|Business Management Virtual Summits (Outthinker2020 & Reimagine The Future2020) Vol.3

0615_Business-Management-Virtual-Summits03

今、私たちはこの危機をどのように受け止め、未来のトレンドを予測すれば良いのでしょうか。
また、不確実性や混沌に対し、どのようにレジリエンスと俊敏性を備えた組織を構築していけばよいのでしょうか。

先日行われた「Outthinker2020」と「Reimagine the Future 2020」の2つのバーチャルサミットからいくつかのインサイトを今回は共有したいと思います。

1)スコット・D・アンソニー(成長戦略コンサルティング会社Innosightのシニアパートナー)
スコット・D・アンソニーは、新著『デュアル・トランスフォーメーション』の著者になるのですが、彼は著書の中で、成功した企業がいかにして破壊的な変化を活用、今日のビジネスを強化、明日の成長エンジンを生み出しているかを記述しています。

他にも、ハーバード・ビジネス・レビューやMITスローン・マネジメント・レビューなどにも執筆しており、破壊的イノベーションの第一人者である故クレイトン・クリステンセン氏とコラボレーションした経験をもちます。

先日、彼のオーディエンスに聞きたいトピックを投票してもらうと、
「どの様な一時的な変化が今後定着していくのか?」というトピックが一番にあげられました。
つまり、多くの人は「消費者が危機の最中に得た変化は、今後継続されるのか?それとも危機が過ぎれば昔の生活に戻るのだろうか?"という疑問抱いているのです。

彼は、危機は長期的な変化をもたらすきっかけになると言います。新しい技術や行動の採用を加速させる触媒になるか、転位させるかのどちらかと考えています。

Innosightのチームは、世界中で起こっている300以上のトレンドをブレインストーミングで絞り込み、Covid-19によって触媒または転位されたトレンドを20項目に纏めました。

Covid-19(スコット・D・アンソニー/イノサイト)の影響を最も受けている20のトレンド
0001-1

COVID-19 に強く触媒され、長期的な影響を与えそうなトレンドとして挙げられたのは、在宅勤務、非接触型決済、オンライン・フードデリバリーである。対照的に、都市における混雑は大幅に減少しましたが、おそらく一時的な傾向です。(規制が解除されれば、混雑の悪化傾向は再び始まるでしょう)。長期的に続く傾向の多くは、COVID-19以前のデジタルマイグレーションに関連し、リモートでの相互作用の必要性によりさらに後押しされています。

日米両国でテレワークへのシフトが見られる中、日本の医療制度は以前から予防医療に注力していたので、もはや日本では「新興トレンド」とは言えないのではないでしょうか。

日本にも適用できるトレンド評価のフレームワークを4つの質問で構成しています。


01-3


変化が定着するかどうかを評価する4つの質問

企業は、一時的な変化が長期的に定着するかどうかを理解するために、これらの4つの質問をすることができます。いずれの場合も、「何をする仕事なのか?」と自問自答する必要があります。(人々はどのような結果や目標を達成しようとしているのか)。このフレームワークを、今日見られる傾向に当てはめてみましょう。

• - 状況:在宅勤務(新しい状況)により、人々は同僚や顧客と交流するためにZoomやMiroのようなツールを採用せざるを得なくなった。最初は新しいツールを学ぶことに消極的な人もいるかもしれませんが、いったん恐怖心を克服すると、ツールが非常に効果的であることに気付き、出張の必要性を減らすことができるようになります。

• - 障壁。人々は感染症に感染するリスクがあるため、パンデミック中は病院を訪れることを避ける必要がありますが、それでも医療上のニーズはあります。そのため、医療従事者と交流し、診断を受け、治療を受けるために遠隔医療を利用するようになりました。遠隔医療は効率的で効果的な解決策であることが判明しており、長期的な活躍が期待できます。

• - 顧客は品質を再定義する。パンデミックの影響で、顧客は優先順位や嗜好を再考するようになりました。非接触型(ICカードや携帯電話を使った)決済は以前から存在していましたが、汚染される可能性のある現金を避けることが重要だと顧客が感じ、普及が進んでいます。英国では、支払い方法として現金を受け付けない店舗も出てきています。今や顧客はこの方法で支払うことに慣れてきている。

• - 新しいソリューションの方が良いのでしょうか?混乱の時に良い解決策が出てこなければ、人々は古いやり方に逆戻りしてしまいます。アンソニー氏は、オンライン教育が高学年の学習者には満足に機能するようだが、低学年の子供たちはそれに苦戦していることを発見しました。より良い解決策が出てこない限り、小学校の教育は教室ベースの学習アプローチに戻るだろうとアンソニー氏は予想しています。



mct's view
このフレームワークを効果的に適用するためには、顧客に対する深い洞察力が不可欠です。あなたの顧客が達成しようとしているタスクよりも多くを知る必要があります。なぜそのタスクを達成しようとしているのか、つまり顧客が求めている全体的な結果は何なのかを知る必要があります。また、顧客が何を価値あるものと考えているのか、その理由についての深い知識も必要です。これらは、状況の変化を顧客の視点で捉え、長期的に顧客のロイヤリティを獲得するためにはどのようなソリューションを提供しなければならないかを理解するための本質的な洞察力です。

mct’s recommendations
顧客についての深い洞察は、エスノグラフィー調査のアプローチ、つまり顧客を観察し、話を聞くことから得られます。エスノグラフィーを利用する企業は、顧客の「やるべき仕事」、つまり達成しようとしている目標をすでに十分に理解しているはずです。基本的には、パンデミックが発生したからといって、これらの目標が大きく変わることはありません。しかし、顧客が目標を達成するために通過する旅路は大きく変わるかもしれません。すでに顧客の動機を叙述するペルソナやカスタマージャーニーマップがある場合は、それらを見直し、「状況、障壁、顧客の品質に対する視点、利用可能なソリューションで何が変わったのか」と問いかける時です。洞察を見直し、いくつかの仮説を立てた後、いくつかのリモートカスタマーインタビューを実施することで、既存のアイデアを試行することができます。




2)アレックス・オスターワルドとイヴ・ピグヌール
アレックス・オスターワルドは、ビジネスモデルキャンバスの発明者で「Business Model Generation」の執筆者であります、イヴ・ピヌールは、コンピューター科学者でベルギーのローザンヌ大学の教授をしています。イヴはアレックスの博士号のスーパーバイザーでした。アレックスとイヴは、新著「Building The Invincible Company|新ビジネスモデルと改善の管理で、イノベーションリスクを体系的に処理する方法」を共著で出版しました。

002

コロナウイルスによって引き起こされた前例のない混乱により、経営状態の良い企業であっても、今は脆弱性を感じています。パンデミックが多くのビジネス基盤を覆してしまったため、パンデミックに屈していない企業のアイデアは、今注目を集めています。

実際には、「無敵な企業」は存在しませんが、アレックス・オストワルダーとイヴ・ピグヌールは、企業が刷新するためには、逆境に対する回復力と機敏さを発揮できるように自らをポジショニングしていく必要があると言います。


003

刷新可能な企業でいるためには、2つの相反するポートフォリオ(活動の流れ)を管理する必要があります。1つ目は「Explore」です。新しいビジネスの革新そして開発に関連する活動。2つ目は「Exploit」です。より大きい収入および利益を達成するために既存のプロダクトおよびサービスを最適化に関連する活動です。

企業は「Explore」モードと「Exploit」モードを同時に運用していく必要があります。

Exploreのポートフォリオでは、新しいビジネスモデルを探索します。
どのようなイノベーションが成功するかは、実際にやってみないとわからないため、このポートフォリオには不確実性が多く含まれています。企業は積極的に実験を行い、成功するビジネスモデルを見つけるために、何度も失敗を許容しなければなりません。

そのため、安価かつ迅速で優れたソリューションに向けて反復する方法を見つけなければなりません。企業は失敗をプロセスの一部として歓迎しつつ、失敗にかかるコストを削減をしていく事も重要です。


Exploitのポートフォリオでは、既存のビジネスラインを継続的に拡大し、改善していきます。これらのビジネスは既に存在しているため、不確実性が非常に少ないです。成功は、利益や収益成長などの従来のKPIで測定することができます。

既存の事業を評価する際には、各事業の収益性(収益性、成長スピードなど)と、市場の変化や競争によるリスクを明確に理解する必要があります。これらを理解することで、企業はある事業のラインを買収、改善、または売却するかどうかを決定することができます。

イヴ・ピニョン氏は、ネスレのビジネスラインとしてネスプレッソを例に挙げています。
カプセルベースのコーヒーマシンのアイデアは、Exploreモードから成功ビジネスへと発展したと言えます。現在、ネスレはExploitモードに入っており着実に利益を伸ばしています。
ExploreとExploitを明確に区別しているもう一つの企業は、中国の金融サービスグループであるPing Anです。PingAnでは、ジェシカ・タン(Chief Entrepreneur)がExploreのポートフォリオを統括し、同社のCEOであるピーター・マーは、確立されたビジネスラインの最適化を担当しています。


005

mct’s view
コロナウイルスの流行は、危機に対処するために中国とインドで倹約的イノベーションがどのように適用されているかを観察する機会を与えてくれました。


アリババは中国杭州市政府と協力して、個人の "コロナリスク "を追跡・評価するためのヘルスコードを開発しました。このアプリは、プライバシーと引き換えに、数百万人の人々がわずか2週間後にロックダウンを解除することができました。このアプリを最初に起動したときには欠陥があったようですが、次第に信頼性が上がっていきました。このアプリが2月7日に1つの地区でローンチされた後、1つの地区で人を囲い込むという目標をすぐに達成しました。非常に早いスピードで 中国全土に広く普及させるために 、このアプリは 反復を重ねるごとに信頼性が増していきました

インドでは、検疫から漏れる人を避けるために、マハラシュトラ州とカルナタカ州は、空港到着時に人々の手にスタンプを押し始めました。スタンプには、自宅の検疫のためのその人の制限時間が表示され、「仲間の市民を守ることを誇りに思う」と書かれています。

これらのソリューションは完璧でもエレガントでもありませんが、地域社会がリスク下にある人々を追跡し、他の市民や企業を仕事に復帰させることを可能にしました。日本の大企業は失敗を避ける傾向があります。多くの組織は、「Explore」モードで仕事をすることに苦労しています。大胆な実験を許容せずに、新しいビジネスベンチャーに確実性を要求しています。例えば、全く新しいビジネスモデルでは知り得ない収益性をKPIで測ろうとします。

イヴ・ピニョンが言うように、敗者に投資せずに「勝者を選ぶ」ことはできません。失敗の価値を理解している企業は、失敗に投資することを恐れません。各プロジェクトから学び、成功と失敗の比率を向上させる事にフォーカスしています。



mct’s recommendation
コ・クリエーションの様な人間中心デザインのアプローチは、失敗における投資に適しています。
顧客や社内関係者を巻き込みアイデアを練り上げることで、顧客のニーズを満たすソリューション開発を可能にします。さらに、そのアイデアを市場で製品を発売するよりもリスクの少ない管理された環境の中で、トライ&エラー実験にかけることができます。
このようなアプローチによって、イノベーションの初期段階で失敗が確実に起こりやすくなり、結果として、コ・クリエーション、プロトタイピング、精錬、試行を含む反復的なアプローチをとることは、企業は比較的少ないリスクで多くのアイデアを迅速に試行することにつながるでしょう。



■過去の記事はこちらから
 ・Business Management Virtual Summits vol.1
 http://media.mctinc.jp/blog/business-management-virtual-summits_01
 ・Business Management Virtual Summits vol.2
 http://media.mctinc.jp/blog/business-management-virtual-summits_02


→ 最新のイベントやホームページでは紹介していない役立つ情報をお届けしています。
メールマガジンの登録は こちら!

Jonathan Browne株式会社mct 執行役員/コンサルタント

Jul 13, 2020 10:50 mcTV|Vol.3 伝えたい情報は映像化して社内外に発信する【映像編集】

0615_オンラインツール_03
 
 
mctでは、『mcTV』を通じ、オンラインツールの簡単な使い方を順次ご紹介しております。
実際のリモートプロジェクトでの経験をもとに 、より使いやすいオンラインツールをセレクトし随時ご紹介させて頂いております。
 
前回のVol.2では『オンラインワークショップを開催する』をテーマにお送り致しました。
ご覧頂けましたでしょうか。 ▶︎▶︎▶︎ 前回の動画を見る(Vol.2)
 
世の中が混沌としている今、社内や社外のお客様にお伝えしたい情報をきちんと伝える事がますます求められているかと思います。そこで第三弾では「Adobe Premier Pro」の簡単な編集を用いて、伝えたい情報を映像化、見る人の理解を深め、ビジネス上の目的をきちんと達成するという事にフォーカスしていきたいと思います。
 
ぜひ、ご覧ください ▶︎▶︎▶︎
 
 
  mcTV|Vol.3 伝えたい情報は映像化して社内外に発信する【映像編集】
 
 

 

 
 Vol.3のご視聴ありがとうございました。
 
 
ぜひ引き続き、『mcTV』をご覧頂き、リモートプロジェクトの遂行にお役立て頂けますと幸いです。
 
なお、mctではオンラインツールの簡単な使い方レッスンを実施しております。
プライベートレッスンを設け、Zoom、Vimeo、miro、Slack、Remoといったツールに少しずつ慣れて頂く場を設けておりますので、ぜひお気軽にご活用頂けますと幸いです。
 
オンラインワークショップ実施のご相談も併せて承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。
 
 次回の『mcTV』もお楽しみに! 
 
  
個別レッスン | オンラインワークショップのお問い合わせ
 
 
 
 
Shoko Strang株式会社mct カスタマーサクセスアソシエイト

Jul 06, 2020 10:09 mcTV|Vol.2 オンラインワークショップを開催する [miro]

0615_オンラインツール02
 
 
mctでは、『mcTV』を通じ、オンラインツールの簡単な使い方を順次ご紹介しております。
実際のリモートプロジェクトから得た「対話・コミュニケーションの課題」「WEB環境・リテラシーの課題」を考慮し、より使いやすいオンラインツールをセレクトしご紹介しております。
 
前回のVol.1では『オンラインホワイトボードを使ってブレストする』をテーマにお送り致しました。
皆様ご覧頂けましたでしょうか。 ▶︎▶︎▶︎ 前回の動画を見る(Vol.1)
 
第二弾では、オンラインホワイトボード"miro"の基本的な使い方をもとに、実際にワークショップを開催してみます! 
 
ぜひ、ご覧ください ▶︎▶︎▶︎
 
 
  mcTV|Vol.2 オンラインワークショップを開催する [miro]
 
 

 

 
 Vol.2のご視聴ありがとうございました。
 
 
ぜひ引き続き、『mcTV』をご覧頂き、リモートプロジェクトの遂行にお役立て頂けますと幸いです。
 
なお、mctではオンラインツールの簡単な使い方レッスンを実施しております。
プライベートレッスンを設け、Zoom、Vimeo、miro、Slack、Remoといったツールに少しずつ慣れて頂く場を設けておりますので、ぜひお気軽にご活用頂けますと幸いです。
 
オンラインワークショップ実施のご相談も併せて承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。
 
 次回の『mcTV』もお楽しみに! 
  
︎ 個別レッスン予約|オンラインワークショップご相談フォーム
 
 
 
 
Shoko Strang株式会社mct カスタマーサクセスアソシエイト

Search検索

Categoryカテゴリー

過去のExperience Magazine

  • 米国マーケティング最新事情 / 瀧口範子
  • デザインテクノロジーの最前線 / 桐山孝司
  • 「本能」から人間を読み解く / 佐藤武史
  • 注目のクリエーターズボイス