BLOG

May 20, 2022 03:22 Blog|オフィスワークをアップデートしよう

新しい時代のオフィスワークとは

オフィスで顔を合わせないとできない仕事がある ー。

コロナが収束へ向かうにつれて、こんな言葉をよく聞くようになりました。実際に出社してオフィスで働くスタイルも少しずつ戻りつつあるようです。しかしオフィスワークへの回帰が本当に正しい流れなのでしょうか。今回はこれからのオフィスワークのあり方について考えます。

 

いくつかの働き方に関するアンケート調査によると、リモートワークの働き方に対しては一定の評価がある一方で、オフィスワークに戻りたい、あるいはリモート&オフィスのハイブリッドで働きたいという声も大きいようです。リモートワーク中心の働き方が長く続いたことで、その弊害として、コミュニケーションが取りづらくなった、孤独感やストレスを感じるようになった、教育の機会や質が低下した…といった様々な問題が表出化してきたことが背景にあります。

確かにオフィスワークに対面やリアルならではの良さがあることは事実です。そしてその良さを活かすためにオフィスワークの比重を少しずつ戻そうとすることは一見正しい取り組みに見えます。しかしながらそこで考えるべきオフィスワークは、以前までとは異なる新しいオフィスワークであるということです。

 

リモートワークのためのオフィスワーク

これからのオフィスワークのあり方を考える上で最も重要なことは、ワークスタイルの軸足はリモートワークであるべきということです。これは好き嫌いの問題ではありません。「うちの会社は事情が違う」という個別の問題でもありません。リモートワークを主にしない組織に成長はないということです。

リモートワークによって、われわれは時間や場所の制約を超えて様々な人や組織とつながり、共創ができるようになりました。企業組織の中はもちろん、外部も含めた多様なステークホルダーとつながることで、単一の個人や組織では生み出すことのできなかった価値を生むことができるようになったのです。今後もこの流れはますます加速し、オンライン上での多様なつながりを活かせる者は強くなり、それができない者との差はどんどん開いていくでしょう。

そしてダイバーシティやインクルージョンの観点でも、リモートワークは多くの働き手にとって優しく、魅力的な選択肢になります。自分に合ったスタイルで働きたいという価値観が強くなる中で、優秀な人材はリモートワークで従業員個別の事情や信条に配慮してくれる組織に集まっていくことになります。リモートワークは企業にとって必須であり、基本となるワークスタイルなのです。

こういったトレンドの中で、オフィスワークの意味合いもこれまでとは変わってきます。オフィスワークはそれ単体ではなく、リモートワークとセットで「リモートワークを効果的に機能させるためにオフィスワークがある」という位置付けで捉えられるようになります。あくまでもリモートワークが「主」で、オフィスワークはそれを支える「従」であるという関係性です。

 

オフィスワークをバージョンアップする

コロナ前のオフィスワークは、リモートワークとのハイブリッドを前提としていませんでした。「リモートワークのためのオフィスワーク」と位置付けることで、オフィスワークにもこれまでとは違った可能性が見えてきそうです。コロナ禍を経た今だからこそ、オフィスワークのあり方もアップデートできるということです。

オフィスで仕事をする際にも新しい作法が生まれてきそうです。例えば具体的な例として、オンラインホワイトボードのmiroをオフィスで利用することが挙げられます。miroはオンラインでもオフィスでホワイトボードを囲むのと同じようにグループワークできるということで、コロナ禍のリモートワークで非常に重宝されました。

もともとはリアルでの活動をオンライン上で再現するというコンテクストで使われるようになったmiroですが、実はオフィスで集まりながらみんなでmiroを使うのも効果的です。実際、mctの会場型ワークショップでは、かつてのように模造紙やポストイットを使うのではなく、みんながそれぞれPCでmiroを見ながら対話と作業を並行して進めていくスタイルで行っているものもあります。最初は少し違和感もありますが、慣れてくるとハッカソンの現場のように、スムーズに意思疎通しながら共同作業ができるようになります。そしてmiroで行われた作業はそのままリモートワークでの作業へと引き継がれていきます。

ここで大事なことは「リアルで会場に集まるから紙のポストイットを使おう」と考える方が、かえって無駄な作業を増やしたり、コミュニケーションを複雑にしたりしてしまう可能性があるということです。過去のオフィスワークの慣習や形式が新しい働き方における障害となってしまうのです。

 

miroの話題はほんの一例に過ぎません。これからのオフィスでの働き方は過去のスタイルを前提にするのではなく、ハイブリッドを前提とした新たなオフィスワークのあり方を模索し、確立しなければいけないのです。そしてそれは、コロナ禍で炙り出された過去の働き方の無駄や非効率を排除するということでもあります。

もちろんこうした変革にはストレスや抵抗が伴います。しかし今が変革のチャンスであることもまた事実です。今一度、自社の組織を顧みてこれからのオフィスワークやハイブリッドワークについて考えてみてはいかがでしょうか。

***━━━━━━━━
▶︎Playful NetWorkのFacebookグループはこちら
▶︎メールマガジンの登録はこちら

Akihiro Yonemoto株式会社mct エクスペリエンスデザイナー/ストラテジスト

Mar 09, 2022 09:48 News|mctのロゴが新しくなります!

top

みなさんこんにちは。いつもありがとうございます。
この度弊社のコーポレートロゴが刷新されることとなりました。

001-3

ロゴのリデザイン合宿の様子
リデザインのプロセスに関してはまたレポートいたしますのでお楽しみに!


デザインは今までのものからガラリと変わっており、働き方や組織のあり方が大きく変化してきている今の「mct」というチームを伸びやかな線を使って表現しています。


002-1


こののびのびとしたロゴのように、柔軟な考え方を持ちながら様々なインスピレーションを与えられる存在として、引き続きみなさまと一緒にワクワクできるような体験を作っていければと思っております!

今回のロゴ刷新に伴い、今後Webサイトリニューアルや新しいイベント企画なども実施していく予定です。どうぞお楽しみ(?)に!

今後ともmctをどうぞよろしくお願いいたします。




→ 最新のイベントやホームページでは紹介していない役立つ情報をお届けしています。
メールマガジンの登録は こちら

→ 内容に関するお問い合わせはこちらからお願い致します。

Michiru Watanbe株式会社mct エクスペリエンスデザイナー

【タグ】 組織,

Mar 01, 2022 05:12 Blog|mct labo 次世代デザインプロセス自由研究の場

mctlabo

こんにちは、mctの佐藤です。昨年から弊社では mct labo(ラボ) という社内研究会の場を月に1回の頻度で開催し、新しいデザインプロセスの使い勝手が良いかどうかを試してみる、ということを行っています。

早速ですが、具体的なテーマをいくつかご紹介してみようと思います。


◆あえて「最悪なアイデア」を考えてみる
スタンフォード大学の講義で紹介されている「最悪なアイデア」が面白そうだったので、その使い勝手が良いかをトライしてみました。4つほどのテーマ(チーム)に分かれてmctメンバー内でディスカッション。佐藤は「最悪なワークショップ」を考えるチームで議論しました。

画像1
「まともなアイデアを出さないと仕事をクビになるワークショップ」という意見が出ました。ええ、これは最悪ですね笑。引き続き、そんな最悪のアイデアを裏返すように、最高のワークショップについて考えます。「どんなアイデアでもそれが価値になる仕組みをつくればいいのでは?」という意見が出てきて、それは「ワークショップの発言が文字になってループ表示され、常に発想の刺激になりつづけるシステム」というサービス案へとつながりました。

もう一つは、上品ではないですが・・・「下剤を飲んで参加しないといけないワークショップ」からスタート。これも恐ろしく最悪・・笑。ただそれは、最終的に「参加すると健康になるワークショップ」というサービス案に転換されました。「良いワークショップとは何か?」という順当なアイデア発想では出ないような意見が出せた印象です。

この勉強会の最後には、「最悪のアイデア」を考えるプロセスをどうデザインプロセスに落とし込めばよいかを整理して終了しました。面白いメソッドとして整理できそうです。


◆ブレストの進化形「メタスト」を試してみる
ある月には、チームを議論側と聴講側に分けるメタストという手法をトライしました。議論側はひたすらブレストを行い、聴講側はそれを黙って聞くだけ。聴講側は自分の考えを整理しながら話を聞ける形となります。時間が来たら議論チームと聴講チームは交替。

画像2

参加して感じたのは、聴講しながら「他の切り口はないか?」について十分に考えを練ることができるという点です。議論側が思いつけていない新しい視点。それを聴講側は客観的にまとめていくことが出来るということです。

どのようなプロジェクトで使えそうであるかはまだ議論できていませんが、メソッドのカードを一枚、新しく獲得できたかと思います。


◆アバターでワークショップを実施してみる
また別の月には、参加者全員がアバター(キャラクターの見た目と、音声変換されたボイス)で議論するワークショップをトライしてみました。mctメンバー内ですが、相手が誰だか分からずにディスカッションするという異質感。

画像3<vmeets( https://free.vmeets.io/ )のサービスを試用させていただきました>

この会においても、その終盤では、同手法がどのようなプロジェクトに適しているかについてディスカッションを重ねて終わりました。

・・・

このような実験活動をmct内では今後も引き続き行う予定をしていますが、社内メンバー内だけで実施するのはもったいないのでは、という意見が挙がってきています。開催の形態は検討中ですが、弊社のラボ活動にご関心のある企業様・ご担当者様と一緒にmct labo を進めていく(楽しんでいく)ような未来を実現できたら素敵だなと考えています。本業に即座に活かせる保証はないのですが・・・、未来のデザインプロセスに関する知見を皆さんと一緒に蓄積していければと思います。

 

mct-labo 次世代デザインプロセス自由研究の場

※現在は招待制にしております。気になる方は接点のあるmctメンバーにお声がけください。

 



→ 最新のイベントやホームページでは紹介していない役立つ情報をお届けしています。
メールマガジンの登録は こちら

→ 内容に関するお問い合わせはこちらからお願い致します。

Takeshi Sato株式会社mct ストラテジスト

【タグ】 mct labo,

【関連記事】

Feb 17, 2022 05:00 Blog|自社のグローバリゼーション成熟度レベルを知る

自社のグローバリゼーション成熟度レベルを知る

どのような改善・変革であっても、まず自社の「現在地」を、客観的な指標で評価することが重要です。CSAリサーチは、自社のグローバリゼーションの「現在地」を評価するグローバリゼーション成熟度モデルをご提供しています。

グローバリゼーション成熟度モデルは、持続的なグローバル成長を実現する道のりの中で、自社の現状のグローバリゼーション能力がどのレベルで、次のレベルに到達するために求められる一連の行動とプロセスを明らかにします。

このロードマップに沿って、次のレベルのグローバリゼーション能力を獲得していくことで、企業はグローバル競争力を高めながら、着実なグローバル成長を目指すことができます。

グローバリゼーション成熟度モデルでは、企業の成熟度を6つのレベルに分類しています。 そして、「ガバナンス」「戦略」「プロセス」「組織構造」「自動化」という5つの軸に沿って、21のカテゴリーと、それらを詳細化した57の構成要素を通じて、グローバリゼーションにおける戦略レベル及び業務レベルの課題を解決するためのポイントを示してくれます。

Level 0
必要性を認識していない

組織は、国際的な成長を正しく管理する必要性や、現地で優れた顧客体験を提供するためのビジネスプロセスを最適化する必要性を認識していない。

Level 1
場当たりな対応に終始
組織は、正式な投資、プロセス、テクノロジー、スタッフを配置することなく、国際的または国内の多文化 的な機会に対し、その場しのぎで対応している。

Level 2
形を作りはじめている
組織は、グローバルビジネスの中核となるタスクのプロセスを公式化し始めている。

Level 3
管理されている

すべての機能に関わるチームが、ローカル市場に最適なサービスを提供するためにプロセスを適応している。しかし、この段階では、2歩進んで1歩下がるという傾向がある。

Level 4
最適化されている
ほとんどのチームがグローバル化されたビジネスプロセスで運営されているが、まだ一部出遅れているチームも存在する。

Level 5
シームレス化している

組織は、グローバリゼーションを、監視、測定、および継続的に改善すべき業務上不可欠なプロセスの1 つとして捉えている。また、国際的な顧客要件、業務、顧客とのやり取りを戦略・業務計画の中にシーム レスに組み込んでいる。



001-2


mctでは、グローバリゼーション成熟度モデルに基づいて自社の現状を評価するチェックリストをご用意しています。チェックリストを使ったグローバリゼーション成熟度を社内で共有するセッションをご提供することも可能です。ご関心をお持ちになられた方は、お気軽にお問い合わせください。


CSAリサーチ

CSA リサーチの「リサーチ&アドバイザリ for ローカリゼーション」は、今回ご紹介した” グローバリゼーション成熟度モデル”を含む約500 本のレポートをご利用いただける年会費制のサービスです。
ご興味・ご関心をお持ちになられた方は、お気軽にご連絡ください。サービスの詳細につきましてはこちらからもご覧いただけます。
https://mctinc.hs-sites.com/research-advisory-for-localization




→ 最新のイベントやホームページでは紹介していない役立つ情報をお届けしています。
メールマガジンの登録は こちら

→ 内容に関するお問い合わせはこちらからお願い致します。

Yuji Kuwayama株式会社mct DX ビジネスデザイン ディレクター

【タグ】 グローバル, CSA Research,

Jan 20, 2022 04:32 Blog|リモートチームのための「ハドル」

blog@4x-1

ハドルはスポーツの世界で「円陣」を指す言葉として知られています。メンバー全員で円陣を組んで作戦を共有したり、士気を高め合うことで、その後のチーム全体のパフォーマンス向上につなげていくことができます。

そして今、ビジネスの世界でも「ハドル」的な場への注目が高まっています。リモートワークが働き方の主流となり、メンバーが離れて働くようになったことで様々な問題が顕在化し始めたからです。

 
 
 
 

なぜリモートチームに「ハドル」が必要なのか?

ちょうど2年前、コロナ禍でリモートワークが始まった頃は、プラスの側面が評価されることが多かったように思います。オンラインツールをうまく活用することでどんな場所・どんな時間でも働けるようになり、その効率性や利便性が高く評価されました。それから2年が経ち、リモートワークのマイナスの側面が少しずつ見えてくるようになりました。「短期的な思考になりがちで長期的なビジョンを持つのが難しい」「クリエイティビティを要求される仕事はやりづらい」「メンバーとのコミュニケーションが減って孤独感を感じる」といった問題です。

リモートワークをメインの働き方として維持しつつ、これらの問題の解決策となるのが「ハドル」です。

今期、mctではそれぞれのユニット(スモールチーム)ごとに、沖縄・京都・浅草・軽井沢など全国各地でハドルとしての合宿を行いました。コロナ以降、リモート中心で働き続けたわれわれにとって、単に年間計画を立てるだけの年次イベントではなく、メンバーとの繋がりを改めて感じたり、日頃話せないようなちょっとした悩み事を共有したり、普段と異なる環境で働いてリフレッシュしたり…と有意義で貴重な時間になりました。
※コロナ感染者数の動向を踏まえて、人数を最小限に抑え、実施時期にも配慮しながら開催しました。

以下が各地でのハドル合宿の様子です。

PXL_20211214_001625520IMG_1002iOS の画像IMG_0939.JPGIMG_2983IMG_2973d2_26d2_11d2_06d1_23

 

実際にそれぞれの合宿に参加したメンバーたちからも、その効果について前向きな反応が多く聞こえてきました。以下がその一部です。

「クリエイティブに関する議論を根詰めてできたのがよかったです。リモートで1日画面に向き合いながらこれは多分できてなかっただろうなと思います。あと合宿当日の軽井沢はすごく天気が良くて、いつもと全く違う場所で気分をリフレッシュしながら仕事できたのも良い気分転換になりました。」

「いまみんなが仕事に対して思っているほんとのところ、を知る場になり、それを日頃も尊重するような仕事の進め方をしたいなと思えました。みんなこう考えていたんだ!というのを知れて自分の仕事に対する考え方も、立ち止まって考えられた感じです。」

「入社してから初めてユニットのメンバーと直接会って話せたのが一番大きかったかもしれません(笑)
ありきたりかもしれませんが、一度でも対面した方が、同じ組織にいて、同じチームのメンバーなんだという実感は湧きやすいのかと。あとは普段仕事している場所(自宅)から変えたことで、リフレッシュにもなりましたし、ワークしていてなんとなく時間の進み方の感覚が違うような気がしました。食事の場でのこぼれ話みたいなのもリアルならではの良さだと思います。」

「対面での合宿をやってみて思ったのは、オンラインで事前作業して、リアルで話して、終了後にまたオンラインにまとめてとか出来たので、無意識にハイブリットで便利にやっていけてるんだなと実感しました。対面の場面はこういう特別な機会だけでなく、普段の業務でも増やしてもいいよなとかは思いました。」

 

それぞれの合宿では、現状のSWOT分析や中長期戦略の検討など、いわゆるベタな議論もしましたが、個人的にやって良かったなと思ったワークは「お互いを褒め合うワーク」「ヨガ体験」です。「お互いを褒め合うワーク」は、合宿でお互いに元気をもらって帰ることを目的に、とにかくメンバーの良いところを言い合おうというワークです。ちょっと恥ずかしいところもありましたが、仲間から褒めてもらえたことでエネルギーがしっかりとチャージできた気がします。「ヨガ体験」はその名の通り、ヨガをみんなでやってみるという時間ですが、同じ空間で同じ運動をすることで身体的にもメンバーとつながりを感じることができ、とても心地よかったです。

逆にやっておけば良かったなと思ったこととして「現地の人たちとの交流」があります。せっかく離れた土地を訪問したのだから、現地の人たちと話す機会を作って普段とは異なる刺激を得られたら良かったなと思います。これは次回への持ち越しとしてぜひチャレンジしたいですね。

 

ハドルがチームにもたらすもの

実際に「ハドル」の機会を合宿という形で持ってみたことで、その重要性を実感することができました。メンバーそれぞれが高いモチベーションを維持しながら、チームが長く健全に機能するためには、ハドルの機会は必要不可欠なイベントだと言えるかもしれません。具体的にはチームにとって「ハドル」の場を持つ意味として下記のようなことが挙げられそうです。

● エネルギーチャージする
● 強みや弱みを再認識する
● ビジョンや戦略を描く
● 悩みや不安を打ち明ける
● 士気を高める

今回はわれわれmctの合宿を例に挙げながらハドルについてご紹介しましたが、そのあり方はさまざまなスタイルがあっていいと思います。合宿のような大掛かりなものではなく、ランチ会のようなライトな形式でも良いかもしれません。

コロナ禍を経て、新しい組織のカタチや働きかた、コミュニケーションのあり方を模索する中で、それぞれの組織に合ったハドルのカタチを描いていくことが重要だと思います。ぜひ皆さまの組織でも「ハドル」を実践してみてください。

***━━━━━━━━
▶︎Playful NetWorkのFacebookグループはこちら
▶︎メールマガジンの登録はこちら

Akihiro Yonemoto株式会社mct エクスペリエンスデザイナー/ストラテジスト
Content not found

Search検索

Categoryカテゴリー

過去のExperience Magazine

  • 米国マーケティング最新事情 / 瀧口範子
  • デザインテクノロジーの最前線 / 桐山孝司
  • 「本能」から人間を読み解く / 佐藤武史
  • 注目のクリエーターズボイス