BLOG

Dec 18, 2017 04:04 mct INSIGHT#04 個人情報の提供に関するセンシティビティ

個人による情報発信が当たり前になり、企業では個々人の行動ログを収集し、そのビッグデータの活用に勤しんでいます。
急速に変わっていく個人情報のあり方を、消費者はどのように捉えているのか?
そして、企業はどのように収集し活用していけば良いのか?
今回はこの疑問を明らかにするために大きく2つの質問をしました。

  Q.企業に提供しても良いと思う方はどっち?

”バルーン”というウィジットを用いて
「顔写真」「メールアドレス」「位置情報」「買い物履歴」「遺伝子情報」の5つの総当たり戦で2択を迫りました。
結果は、以下の通り。

渡してもいい順.png バルーン説明.png

このアンケート、実は回答までにかかった時間(反応速度)も測定していました。
「顔写真」が出た時の反応が早く、直感的に”ダメ”と感じやすい一方で
「位置情報」や「遺伝子情報」は反応が遅く、どういうリスクがあるのか判断に一瞬時間がかかっているようです。
さらに、踏み込んで

Q.「買い物履歴」「顔写真」「遺伝子情報」それぞれに対して
 ①特になし  :企業に公開・提供してもらえますか?
 ②目的提示あり:あなたにオススメの商品をレコメンドするために/
         より多くの人とコミュニケーションを楽しむために/
         あなたの肥満や睡眠の遺伝子タイプを診断するために ・・・・
 ③金額提示あり:情報の提供と引き換えに五千円もらえるとしたら ・・・・
                             の3パターンで、
そう言われた時にどう思いますか?あなたの気持ちを顔で表してください。
と100段階で評価してもらいました。

その結果がこちらです。

全体平均.png フェイス説明.png

「買い物履歴」と「顔写真と遺伝子情報」は全く異なる動きをしていました。

  買い物.png 顔写真と遺伝子.png

面白いですね。
「買い物履歴」に関しては、目的を提示しても提供意欲は変わらないのに、金額を提示すると上がっています。
それに対して、「顔写真と遺伝子情報」は、目的がわかると提供意欲が高まるのに対し、金額を提示されると下がっています。

目的が明示されることで、”安心感”が醸成され、”自身のメリットになる”ことを感じる
一方で、金額を提示することで、企業の下心を感じるのかむしろ怪しいと警戒するようです。

個人情報の提供に関しては、安易な金銭の報酬より、安心感と意味の設定をどうするかで大きく変わりそうです。

ちなみに、「買い物履歴」に関しては、すでに吸い上げられているとわかっているので安心感を醸成する必要もなく、
使用目的であるオススメのリコメンド機能も消費者からはあまりメリットと感じられていなかったために点数が伸び悩んだようです。
53.png
個人的には、「遺伝子情報」という”超”個人情報も目的さえあれば、無償で率先して提供する人が半数近く(53%)いたことに驚きました。

個人が繋がることでの得られるメリットや企業のオープンイノベーションが叫ばれ、
情報を開示することでのダイナミックなサービスの向上が流行っているとはいえ、
消費者側は無警戒に個人情報を垂れ流すことのリスクもしっかり認識していく必要があるのではないかと思います。

今回得られた不思議な矛盾について、データベースを使ったマッチングサービスのベンチャー会社、株式会社GFLのCEO田邊氏に寄稿いただきました。
_______________
個人情報と一口にいうが、その性質や状態、活用や悪用について我々はまだまだ無知だ。
今回のmctインサイトのテーマは、そのキワのあやうさを我々に突き詰めるものだった。
個人情報は、過去(履歴など)と現在(位置情報など)、行動(買い物など)と素性(DNAや顔情報など)が、時空空間の上で、”足跡”と”素顔”としてのたくっている状態を連想させる。
この情報、どれを、誰に、どのような形と条件で渡すのかによって、自らの生活のメリットとリスクが否応なしに決まってくる。

DNA情報の提供から既往歴や将来のガンのリスクが保険会社に渡り、予期せぬ保険差別をされる可能性があっても、顔写真の開示のほうがなんとなくストーカーを連想しやすく、危機感をイメージしやすいかもしれない。
売り渡した買い物履歴が、高度なAIによる執拗な詐欺勧誘の肥やしになるリスクがあっても、すでにやられているだろうという「慣れ」で許容してしまうのかもしれない。
個人情報というものがまさに自分自身そのものであるにもかかわらず、かくもとらえづらい「なんとなく」であるがゆえに、その扱いがどうしても感覚的で場当たり的になってしまうというのが、現時点で我々が個人情報と向き合うときの実態のようである。

この自分自身の個人情報という「なんとなく」をきちんと自らの意思で管理、運用できる時代がくれば、我々の社会は個人とより緊密な互助関係を結べる”Intention Economy”へと昇華するのかもしれない。
(The Intention Economy: Doc Searls HBR)
田邊様紹介.png
_______________

消費者側は、自己防衛のために個人情報のハンドリングを身につける必要があります。
そこからさらに進んで、積極的に自ら意思のシグナルを市場に発信することによって、田邊さんの言う通り”Intention Economy(意思の経済)”に近づけるかもしれませんね。

”なんとなく”を理解し意図的に設計すること。
本文中あえて消費者と呼んでましたが、顧客と対等な関係でいること。
この2つをmctではすごく大事にしています。
今回得られた”なんとなく”も企業側にとってより良いサービスにつながれば幸いです。


mctINSIGHTアプリからこの記事を読んでいる方は
こちらよりアプリに戻れます。
↓↓↓
arrow_u_turn-1-1.png

〜お願い〜
mctINSIGHTでは、
月に1回アプリを用いてアンケートを配信しています。
結果は、分析したのちブログにて配信していきます。
アンケート自体もゲーミフィケーションを用いた面白いものなので、
ぜひご参加ください!!

↓↓↓参加はこちらから!
mctINSIGHT紹介ページ

 

 

Nanasa Kwan株式会社mct エクスペリエンスデザイナー

Search検索

過去のExperience Magazine

  • 米国マーケティング最新事情 / 瀧口範子
  • デザインテクノロジーの最前線 / 桐山孝司
  • 「本能」から人間を読み解く / 佐藤武史
  • 注目のクリエーターズボイス