Recent Posts

Older Posts

『INNOVATION LEADERSHIP』

 意味のイノベーション ワークショップ
 ロベルト・ベルガンティ氏 × 安西洋之氏

ReadImg5n (1)-1

 

 

意味のイノベーションワークショップ

 

INNOVATION LEADERSHIP』   by ロベルト・ベルガンティ ミラノ工科大学教授

 

DMNでは2020年1月に「意味のイノベーション」を提唱するロベルト・ベルガンティ氏日本にお迎えし、マルチクライアント型ワークショップを開催致します。当ワークショップでは、ベルガンティ氏と共にインプットと実践を繰り返しながら「意味のイノベーション」におけるプロセスを体感しながら、習得していきます。

 

 

 

ロベルト・ベルガンティ教授とは?

 

 

untitled-6ベルト・ベルガンティ教授|Prof. Roberto Verganti

 

ストックホルム商科大学、ミラノ工科大学教授。リーダーシップとイノベーションを指導。リーダーシップ、デザイン、イノベーションのラボ『Leadin’Lab』の共同創立者。ハーバードビジネススクール、コペンハーゲンビジネススクール、カリフォルニアポリテクニック大学の客員研究員。欧州委員会イノベーション諮問委員会受任。アドバイザーとしてP&G・ ユニリーバ・ジョンソンエンドジョンソン・グッチ・フェラーリ・ ポルシェ  IBM・ネスレ・ など様々なブランドに参画。

 

 

 

ベルガンティ教授の提供する意味のイノベーションとは…

 

アイデアの『数』ではなく『意味』が重要

 

今、アイデアに溢れかえり、アイデアがコモディティ化した事で

その価値は失われつつあります。

 

今後、私たちは溢れかえる機会をどのように捉え、失敗を重ねずに

『次なる事・モノ』を予測するにはどうずればよいのでしょうか。
また、人々を巻き込み意味を持つ方向へ導くには何をすれば良いのでしょうか。

 

意味のイノベーションとは、時代に合わせて意味を変え続け、

新市場を開拓する事で長期的な資産を作る事と言えるでしょう。

 

来週1月のベルガンティ教授とのワークショップでは、

意味のイノベーションの遂行に必須となる「意味を持つビジョン」

設計に重要なマインドセット、プロセス、またツールについて、

インプットと実践を繰り返しながら習得していきます。

 

当ワークショップ終盤には、 この急進的に変化する時代の中で、

次なるアクションをどのように取るべきか、

実行可能な手法を用いて明らかにしていきます。

 

また、変化に対応するスキルやリーダーシップを習得する事で、

有益性の高いビジネスへと転換するちからを身に付けます。

 

 

 

内から外へのイノベーション  

 

"人々が愛する製品を創造するために自らが愛する事から始める"

 

ベルガンティ教授は、人々に愛着を持ってもらうことについて、

自分自身の仮説をこころに思い描く事から始める事が重要だと言います。

組織の中には、意味のある仮説を思い描く素晴らしい可能性を持った人々がいるので、

アイデアを数多く出すより数少ない仮説をしっかりと描き出す事を重要とし、

どのように問題が解決されるかではなく、自らの提案の意味や、

なぜ顧客は愛着を持つかに焦点を当て、ビジョンを掘り下げる事を大切にしています。

 

 

 

判断のものさしを変更する

 

"人々の変化を捉え、解釈するちから"

 

今イノベーションすべき事は、判断の善しあしではなく「判断のものさし」そのもの。

大切なのはアイデアの何が良くて悪いのかに対する新たな解釈であり、

溢れかえるアイデアのどれに意味を与えるかであるとベルガンティ教授は言います。

 

 

 

意味のイノベーションが必要となる時とは?

 

人々:人々の生活が変化する中、業界と人々に認識のズレが生じている。

競争:すべての競合相手が同じ機能を追求している。

技術:新技術の知られざる潜在能力が見いだせず、性能のバージョンアップにフォーカスしてしている。

組織:組織内でたくさんの意味が提案され、明確な方向や価値が顧客に示せていない。

 

 

 

参考著書

 

 

verganti

 

  

  

 

   『突破するデザイン』

  あふれるビジョンから最高のヒットをつくる

 

  ロベルト・ベルガンティ氏 著書

  (日経BP社、監訳/八重樫文、監訳・解説/安西洋之)

 

 

 

 

 

______________________________________________________

 

 

『INNOVATION LEADERSHIP』開催要項 

 

意味のイノベーションマルチクライアント型ワークショップ

 

 

会期: 2日間のワークショップ

    Day 1 2020年1月29日(水)9:00 - 18:00 

    Day 2 2020年1月30日(木)9:00 - 17:30

 

場所:大伸社『chika』渋谷区千駄ヶ谷2-9-9 B1F

定員:10社限定【1社3名様】

参加費:2,000,000円(税別)

 

 

 

   意味のイノベーションワークショップ    『INNOVATION LEADERSHIP』お申込み

 

 

 

Workshop Agenda 

 

Day1

9:00 - 10:45    価値の構築

11:00 – 13:00 意味のイノベーションにおける事例紹介

14:00 – 15:00 意味を持つダイレクションの描き方

15:00 – 15:30 ビジョンの設計(個人)

15:45 – 16:30 イノベーションにおけるペアの効力(ペア)

16:30 – 18:00 スパーリング:ビジョンの設計(ペア)

 

Day2

9:00 – 10:00   批判セッション:深いビジョンの探求

10:00 – 13:00 衝突と融合:意味を持つソリューションを見出す

14:00 – 15:00 ソリューションの試行:解釈者の役目

15:00 - 16:00  解釈者の巻き込み方

16:15 – 17:30 イノベーション・デザインにおけるリーダーの役目

 

 

 

What you will learn 

 

  • 意味と目的を定め価値を創造する。
  • イノベーションのロードマップを作成する。
  • 複雑な背景の中で意味を探索し説得力のあるビジョンを創造する。
  • イノベーションにおけるビジョンとロードマップを明確にする。
  • 他者のアイデアの中に価値や才能を見出し共感する
  • 好奇心を育て、思考をリフレームし、他者からの批判やコラボレーションに感謝する。
  • 妥協することなく異なる考えを統括し、意図する方向へ収束する。
  • 良いスパーリングパートナーを見つける。
  • 良き解釈者を見つける。
  • デザインを利用する事で人々をトランスフォーメーションに巻き込む。
  • パッションを確立し集団的力を用いる事でイノベーションのハードルを乗り越える。
  • 学び、順応、ビジョンを実際の行動やインパクトに繋げる。

  • ______________________________________________________

     

 

 当ワークショップに関しまして、より詳細の情報をご希望の方は、

 企画書をお送りさせて頂きますので、ご遠慮なくお申し付けください。

 

 DMN運営事務局 info@ddmn.jp