BLOG

Oct 02, 2017 07:00 (第4回)デザイン思考を用いたビジネスデザイン [用途探索編]

child-820717_1920.jpg

誰しもがそうだと思いますが、専門家として物事を突き詰めれば突き詰めるほど、我々は視野狭窄に陥りがちです。また、良いものを作りたいという情熱的な想いは、えてしてあるユーザの課題を解決することから始まることが多く、その技術の活用用途を限定してしまいがちになります。少し周りを見渡せば、実はその技術を必要とする人はもっといるのではないでしょうか。
 
    本プログラムの特徴
    1:「新しい技術」の想定用途の枠を広げる
    2:用途アイデア開発セッション
    3:クイックに検証し、アイデアを絞り込む

 
 
■思考の枠を拡大させ、スイートスポットを見つける
 
s_3BBAEC300A9A308D8FEF3D4DDEFECE52EF3B56EF8B7A51218530D095B8449EA5_1499738973164_4d168a2a2143962c866bd5e1d79fc350_m.jpg

「今、開発中の技術は、ターゲットととした市場に対してフィットしているのか?」
「この技術のもっと活用できるスポットを増やしたい!」
そういう想いを持たれたら、まずは技術用途について枠を広げることから始めましょう。
 
下図は、「スポーツ観戦用に開発されたカメラと連動する指向性マイク」の例です。
「スポーツ観戦用」というのが現状想定用途(下図の中心)ですが、
類似した機能製品から活用場面を考えると、
一番外側の輪にあるように、スポーツ観戦以外にも様々な活用スポットが見だせます。

 
その中のどこにフォーカスするか、外部の人間とディスカッションすることで決めていきます。なお機械発見のときと同じく、1つのスポットに決め打ちするのではなく、2~3の複数スポットに対して掛け合わせることを意識します。スポットを決めたら、話を聞いてみたい業界エキスパートやクリエイターを決めます。アイデア開発セッションでは、「この技術があったらどんなアイデアが思い浮かぶか」を彼らに発表してもらいながら、アイデアについてブラッシュアップしていきます。
 
 
 

■アイデアからビジネスモデルへと昇華させる
 

ブラッシュアップしたアイデアを、短期間でコンタクトをとれる方に対して簡易検証を実施します。例えば、業界新聞を発行している会社の記者や、その分野に造詣の深い研究者、アーリーアダプターなどにコンタクトをとり、アイデアに対する意見、市場規模感、どのようなライバル企業やパートナー企業がいるのかなどについて確認をとります。ヒアリング結果から、さらにアイデアをブラッシュアップしてビジネスモデルを作成していきます。
 

プログラムの詳細については知りたい方はこちらより相談受付・資料送付を行っております。
 
Yoshiki Uno株式会社mct エクスペリエンスデザイナー/エスノグラファー

Aug 31, 2017 02:25 DMN Training ビジネスモデルデザインイントレーニングを開催しました

 ヘッダー-03.png
  
8/23 と 8/30 の二日間、DMNトレーニングのビジネスモデルデザインの入門講座として、ビジネスデザイントレーニングを開催しました。
 
IMG-0244-1.jpg
8/23は、価値交換マップについてのトレーニングを実施しました。最初からビジネスモデルキャンバスを描くのではなく、まずは具体的な価値交換を時系列で考えてみる、その大切さと難しさを体験していただきました。
 
8/30は、価値交換マップ上の個々の価値交換のアイデアが成り立つのか?バリュープロポジションキャンバスを使いながら特に重要な価値交換についてのフォーカスして、価値交換の内容を検討し、ビジネスモデルをブラッシュアップすることを体験していただきました。
 
参加された方のコメント
「価値交換マップを使って儲けるためのアイデアを広げたことが新鮮だった」
「実際に顧客にフォーカスして価値交換を成り立たせることの大切を改めて実感した」
「短時間でアイデアをピボットできることが興味深かった」
「ビジネスモデルを作成する一連の流れが体験できた」 
 
 
次回は、9/12 、9/20、テーマは「IoTデザイン」です。
ご興味のある方は↓からお申込みを
http://peatix.com/event/295684/view
 
 
ビジネスデザインのメニューについてはこちら
 
Shinpei Tsurumori株式会社mct エクスペリエンスデザイナー/ストラテジスト

Aug 07, 2017 07:47 ・DMNビジネスモデルデザイントレーニング(8/23,30)

cover-wzD3Nv2ZLGf7aDEmJOpAj0GwPgSle8dO.jpeg
 

ビジネスデザインユニットの宇野です。

mctでは、ダイヤモンド社が主催してきたDMN(ダイヤモンドデザインマネジメントネットワーク機構)の企画・運営を2016年から担当しています。

 
その中の企画としてビジネスデザインユニットでは、ビジネスモデルのデザイン経験がない人のための入門講座として、ビジネスデザイントレーニングを開催します。
 
「8/23 18:00~20:00」と「8/30 18:00~20:00」の二日間ですが、1日だけでもOK。詳しくはPeatixをご覧ください。
 
 
ビジネスデザインのメニューについてはこちら
 
Yoshiki Uno株式会社mct エクスペリエンスデザイナー/エスノグラファー

Aug 01, 2017 10:37 (第2回)デザイン思考を用いたビジネスデザイン [テーマ探索]

ビジネスデザインユニットの鶴森です。
 
 
もし、あなたが会社の上司に、
「年間10億円売り上げる新規事業を立ち上げるチーム」のリーダーに任命されたら、何をしますか?
 
 
既存事業以外何でもありの、無限に可能性が広がり変わっていく状況で、納得感をもって検討をスタートし、推進していくことは簡単ではありません。実際にそのような課題や、進め方について相談を受けることが増えています。
 
 
このような場合、「質問を変える」や「制約を作る」といった方法が有効です。
 641302.png
そもそもの前提として捉えている「年間10億円売り上げる新規事業とは?」「既存事業以外何でもあり」といったことが、イマジネーションやモチベーションの妨げになっている可能性があるからです。
 
※「を変える」「制約を作る」は、(『アイデアのヒント』ジャック フォスター著 )でも紹介されてる方法です。書籍の中では、ご紹介したのとは逆の「制約を作らない」という方法も紹介されています
アイデアのヒント.png
 
 
 
では、どのように質問を変えて、制約を作ればよいのでしょうか。
 
mctでは、既存事業を足掛かりに、ユーザー視点で「質問」を変えて「制約」を作り、新規ビジネスのテーマ探索をサポートするメニューを提供しています。
 
冒頭の例の場合、具体的には、
 
■質問を変える
(before)「年間10億円売り上げる新規事業とは?」
   ↓
(after)「誰のどのようなゴールをサポートするのか?」を目標をとして仮設定する。
 ※10億円は無視するのではなく、新規事業のテーマアイデアが出たあとに売上規模を検討します
 
■制約を作る
(before)「なし(既存事業以外何でもあり)」
   ↓
(after)「目標として設定した”誰”や”ゴール”を制約にして市場を描く」
そして、その制約の中で新規事業テーマのアイデアを出して機会を検討する。
 
というように進めていきます。
実際にやってみると、目標の設定の仕方、制約の作り方も無数にあるため、複数案を同時並行で検討したり、プロセスを繰り返す場合もあります。
 
 
プログラムの詳細については知りたい方はこちらより相談受付・資料送付を行っております。

新規事業・新規技術のビジネス開発プログラム  

 

Shinpei Tsurumori株式会社mct エクスペリエンスデザイナー/ストラテジスト

Jul 18, 2017 09:17 ビジネス化を見据えた研究開発テーマの探索

 
ビジネスデザインユニットの下野です。
 
ナインシグマ社が定期的に開催しているオープンイノベーション実践セミナーにて「ビジネス化を見据えた研究開発テーマの探索」というテーマで講師を担当することになりました。
 
 
パンフレット_月例セミナー-1708v1 (1).jpg
 
オープンイノベーション実践セミナー
 
 
ナインシグマ社は「オープンイノベーション」の概念に基づき、社内だけでは解決できないことや、開発が間に合わない技術を、広く世界中から探し出すことができる、民間では日本初の研究開発のマッチングを支援している企業になります。
 
mctとの関係は、例えば、デザインリサーチから得られたソリューションに対して実現可能性が不透明な場合に、技術的側面をカバーするエキスパートとしてナインシグマ社に参画いただき、ビジネスの具体化を支援いただいております。

写真 2017-06-20 10 41 24-1.jpg
 
ナインシグマ社の定期セミナーに参加したことがありますが、オープンイノベーションの事例が分野ごとに紹介されるのでそれを見ているだけでも面白いですよ。
 
 
ビジネスデザインのメニューについてはこちら
Fumihiro Shimono株式会社mct ストラテジスト

Search検索

Categoryカテゴリー

過去のExperience Magazine

  • 米国マーケティング最新事情 / 瀧口範子
  • デザインテクノロジーの最前線 / 桐山孝司
  • 「本能」から人間を読み解く / 佐藤武史
  • 注目のクリエーターズボイス