BLOG

Dec 02, 2015 03:47 Co-creation in the front end of healthcare projects

Co-creation is in use across many different industries today and it has finally started to impact the design of healthcare products, environments and services. This is an important trend since good design in healthcare projects has the potential to improve the quality of life for many people. The earlier in the process that co-creation is applied, the more impact it can have on the design and development of products, environments and services.

 

What are the merits of using co-creation on healthcare projects?

Healthcare projects are complex and many different stakeholders can be involved. Co-creation in healthcare projects takes a lot of time and resources but the payoff at the end can be enormous. The use of co-creation in the front end of design can improve the end results of healthcare projects in three ways. First, by involving the stakeholders as co-creators in the process, there is a far better chance that the end results will meet their needs. Second, when the stakeholders are actively involved as co-creators they will have ownership of what is designed since they will have played a role in the process.  Feelings of ownership can lead to feelings of empowerment that will have a positive impact on how the stakeholders do their jobs. Third, when people have ownership of the solution it is easier for them during the transition period, i.e., the time period during which people learn how to use the new product, environment or service.

 

A short case study of co-creation in the front end of healthcare design

The design of new hospital rooms typically takes into account the needs of patients, family members and nurses. But there are many other people who work in the hospital room such as doctors, imaging technologists, sitters, dieticians, cleaners, repair people, and many more. I am working on a co-creation project now with other researchers at The Ohio State University where we are investigating the needs of all the people who work in and/or stay in the hospital room.  We have invited people from 23 different stakeholder groups to participate in the process! This is an example of extreme co-creation in the front end of the design process.

 

We are now in a co-creation phase where we invite small groups of stakeholders to work together to create their ideal hospital room. We provide them with all the components that go into the patient room and let them decide where things should go. Everything in the room is full size. The walls are all covered with Velcro so that the stakeholders can stick components (such as outlets, shelves, light switches, TV, etc.) exactly where they want them to go. The bathroom can be moved to any place in the room since the walls, the sink and the toilet are all on wheels.  We are now in the process of analysing the results of 30 full-scale, co-creation workshops to develop guidelines for the design of hospital rooms that will meet the needs of all the people who work, heal, and/or visit in these rooms.

 

What are things to think about when planning to use co-creation in the front end?

When planning to use co-creation in the front end of the design process it is best to have buy-in at the top level of the organization since you will want to collaborate with stakeholders from all levels and positions in the organization.  You will need a group of dedicated co-designers who are able to stay involved in the process over time. It is best to work with people who are eager to be involved as co-designers. Coercing people to take part in a co-creation process when they are not interested in doing so or when they are skeptical about the process should be avoided.

 

Using co-creation in the front end of healthcare projects will be an iterative process.  It will take time and many trials to figure out how best to make it work. It is important to visualize the process so that all the co-creators can see what they have accomplished together. It is also important that the co-creation effort be communicated to all interested parties in the organization. By sharing the process you can identify additional stakeholders to bring into the co-creation workshops. Advanced communication technologies and social networking can help to keep all interested stakeholders involved in the process as co-creators.

 

What can we expect in the future?

We can expect to see more co-creation efforts emerging in healthcare design in the future. In fact, Philips recently announced that it has opened its first "HealthSuite Labs Co-creation Center" in Eindhoven, the Netherlands. According to the company, the centers will "allow healthcare experts and general practitioners to work together in teams, with patients as well as business experts from multiple fields, to co-create and implement integrated care solutions" (from the press release). Philips plans to open more co-creation centers around the world, including some in the US and Asia. 

Liz SandersMakeTools 代表

Oct 14, 2015 09:00 ファシリテーターとしてのデザイナー:新しい役割

最近、デザイナーの役割の変化について盛んに議論されています。デザイナー(あるいはデザインリサーチャー)の新しい役割のひとつとされるのがファシリテーターです。「コ・クリエーションのプロセスにさまざまなステークホルダーを参加させること」に関心が高まる中、コラボレーション、アイディエーション、そして意思決定が求められるグループセッションにおいても、デザインを専門的に学んでいない参加者をサポートする必要が出てきました。

 

ファシリテーターの役割とは?
デザイナーは、新たなユーザーを獲得するためのフォーカスグループやコ・クリエーションワークショップなど、同じ目的を持つグループにおいてファシリテーターとして振る舞うことがあります。しかし、コ・クリエーションへの関心が高まるにつれて、さまざまな分野の参加者が集まって複雑な課題に取り組むグループセッションにおいて、デザイナーがファシリテーションを頼まれることが多くなってきました。異なるバックグラウンドや異なる目標を持つ組織を代表する参加者がいる場合には、特にその傾向があります。こういった場合、ファシリテーションは非常に難しく、ファシリテーターとしての高度な専門技術が要求されます。

ファシリテーターはグループセッションの目的を理解していなくてはいけません。情報やリソースを共有することなのか?コラボレーションすることなのか?何かを決定することなのか?問題を解決することなのか?それとも新しいアイデアを生み出すことなのか?目的ごとに異なるファシリテーションプランが必要ですが、たいていのグループセッションには複数の目的が存在します。経験豊富な進行役が主な目的を達成するためのプランを立てますが、万一に備えて、別のプランも準備しておかなくてはなりません。

 

ファシリテーターに相応しいのは?
組織内の人なら誰でもファシリテーターになれますが、「優れた」ファシリテーターになるためには豊富な経験が必要です。ファシリテーターとグループセッションの参加者との相性も大切です。例えば、年齢や性別について十分に考慮する必要があります。

 

優れたファシリテーターになるために必要な能力やスキルとは?
ファシリテーターの最も重要なスキルは聞き上手であることです。注意深く、そして共感を持って参加者の話を聞くことです。ファシリテーターは、話を聞きながら同時に考えることもできなくてはなりません。参加者に話をさせ共同作業をさせることがその役割だからです。時には沈黙が生まれることもあります。例えば、誰かが何を言おうかと考えていたり、数人で何かの作業をしている時などです。そういう時に無理に話をして沈黙を破る必要はありません。

優れたファシリテーターは、グループセッション用に設けられた時間枠の中で、合意した議題に従って系統立った思考をすることができます。また、議論をリードしたり自分の意見を共有したりしません。ファシリテーターは、ほかの参加者の見解を引き出し、視覚化するためにそこに居るのです。優れたファシリテーターは会話を引き出し、継続させながら同時にコントロールします。
ファシリテーターは、すべての参加者が重要かつユニークな意見を持ってセッションに参加していると、固く信じていなくてはいけません。さらに、優れたファシリテーターはグループのダイナミクスをコントロールし、参加者全員に自分の考えや感じていることを発言する機会を与えることができなくてはなりません。時には、口数の少ない参加者の意見を聞き出す必要もあります。

ファシリテーションのスキルは教科書や講義、Youtubeのビデオから学習することはできません。実践あるのみです。このスキルを習得するには何年もかかります。自分のファシリテーションに自信を持つには場数をこなすしかないのです。自信がなければ、参加者がそれを敏感に察知して、セッション自体がうまくいかなくなるかもしれません。経験を積むには、アシスタントから始めて経験豊富なファシリテーターに成長していく方法があります。

優れたファシリテーターの「その他の条件」とは?
ファシリテーターには、一定の作業を任せられるアシスタントが必要です。アシスタントがいて初めてファシリテーターはグループのニーズをサポートできるのです。アシスタントはメモを取り音声を録音して、セッションの議事録を作成します。アシスタントは、セッションをスケジュール通り順調に進めるためにファシリテーターが必要とするものを、準備します。

グループセッションを開く場所は、参加者を歓迎する雰囲気があり、心地良いこと、そして動き回れる広さがあることが大切です。美味しい食べ物も必要です。歓迎されている雰囲気を作るのは、開催場所の物理的な条件だけではありません。ファシリテーターがセッション参加者を歓迎し、互いに心地良く感じるように仕向けることも重要です。

ファシリテーションを学ぶために役立つリソースは?
私の知っているベストなファシリテーター学習リソースは、Group Works Card Deck(グループ作業カードデック)です。優れたファシリテーターが習得し実践している内容を、100枚のカードに表示しています。このカードはさまざまな組織的バックグラウンドを持つ50人以上のボランティアが、グループセッションを成功に導くための知恵を出し合い、3年以上かけて作成しました(Group Pattern Language Project)。

以下に掲載しているのは、この記事で説明したポイントを表示したカードです。
全カードデックは次のサイトから購入またはダウンロードできます。

http://groupworksdeck.org

 

card_deck.jpg

Liz SandersMakeTools 代表

Oct 01, 2015 08:50 Designer as facilitator: A new role

There has been discussion recently about the changing roles of designers. One of these new roles is the designer (or design researcher) as facilitator. With the increased interest in bringing various stakeholders into the co-designing process comes the need to support those who are not trained in design during group sessions that require collaboration, ideation and decision-making.

 

What do facilitators do?

Sometimes designers serve as facilitators for a group of like-minded people. This is the situation for focus groups or co-design workshops with future users.  But with the rise in interest in co-designing, designers are increasingly being asked to facilitate group sessions where diverse people have been gathered to address complex challenges. It is often the case that the people are from different backgrounds and have different goals for their organizations. This is a most challenging type of facilitation and requires a high degree of expertise in a facilitator.

 

The facilitator must understand the objectives of the group session. Is it to share information and resources? Or is it to collaborate? To resolve issues? To solve problems? Or to generate new ideas?  Each of these objectives will take a different facilitation plan and most group sessions will have multiple objectives. The experienced moderator must come up with a plan to address the key objective(s) but also have other plans in their "back pocket" just in case they are needed.

 

Who can be a facilitator?

Anyone in the organization can be a facilitator but it takes a lot of practice to be a good facilitator. The match between the facilitator and the people in the group session is also important. For example, age and gender should be carefully considered.

 

What are the abilities and skills needed to be a good facilitator?

The most important skill is that the facilitator is a good listener.  This means that they listen attentively but also with empathy toward the participants. The facilitator must be able to listen and think at the same time. Their role is to get the participants talking and working together. Sometimes there is silence; for example, when someone is thinking about what they want to say or when several people are creating something together. It is not necessary to fill the silences with talking.

 

A good facilitator is organized and can follow the agreed upon agenda within the time frame that has been set aside for the group session. A good facilitator does not lead the discussion and does not share their own opinions.  They are there to bring out and to visualize the viewpoints of the others. A good facilitator gets the conversation going, keeps it going and under control.

The facilitator must truly believe that all the participants have something important and unique to add the session. In addition, a good facilitator must be able to manage the group dynamics so that everyone has a chance to say what they think or feel. Sometimes the facilitator will need to draw people out in order to ensure that the quiet participants can be heard.

Learning to facilitate is not something that you can learn from a book or from listening to lectures or youtube videos. It is something that you learn by doing. It can take many years for this skill to build.  Confidence in facilitation comes with practice. If you do not have confidence the participants can tell and the session may not go well. One way to get practice is to start by serving as an assistant to an experienced facilitator.

 

What are the other conditions for good facilitation?

The facilitator needs an assistant who can take care of certain activities so that the facilitator can focus on supporting the needs of the group. The assistant takes notes and audio-records so that the session is well-documented. The assistant makes sure that the facilitator has whatever they need to keep the session on track and on schedule.

 

The space that has been set up for the group session must be designed to ensure that the participants are welcomed, feel comfortable and have plenty of room to move around. Good food is also important. It is not only the physical qualities of a space that make it welcoming. It's also the way that the facilitator welcomes the participants to the session and makes them feel comfortable with each other.

 

Is there a good resource for learning about facilitation?

The best resource that I have seen for facilitators is the Group Works Card Deck. It contains 100 cards that describe what skilled facilitators have learned and what they practice. The cards were created by more than fifty volunteers (the Group Pattern Language Project) from a wide variety of organizational backgrounds who worked together over three years to express the core wisdom at the heart of successful group sessions.  

 

A few of the cards, some that mirror the points made in this short paper, can be seen below.

The entire card deck can be purchased or downloaded here:http://groupworksdeck.org

 card_deck.jpg

Liz SandersMakeTools 代表

Aug 17, 2015 01:00 コ・クリエーションとは何か? その価値とパターン

コ・クリエーションについては今日、積極的に語られています。しかし、コ・クリエーションには多くの意味があるため、それらの論議は混乱を招きがちでもあります。
たとえば、特定のツールやテクニックを使うことに対してコ・クリエーションという言葉を使う人もいます。同じ言葉をデザインリサーチの手法という意味で使う人もいますし、企業文化を形成するマインドセットとして使う人もいます。

私は、コ・クリエーションという言葉は、その3つのすべてでありえると思っています。
すなわち、ツールやテクニックの結集でもあり、デザインリサーチの取り組み方でもあり、企業文化を形成するマインドセットでもある、ということです。しかし、どこにどれだけの価値を見いだすかによって、それらが与える影響は変わってきます。

デザイン・開発のプロセスではここ10年から20年の間で変革が起こり、テーマの決まらない"あいまいな初期段階(fuzzy front end)"に時間がかけられるようになりました。これからの社会に必要なものを問い、探求する活動が行われるのが、まさにこの初期段階です。何がデザインできるのか、あるいは何を避けるべきなのかを、ここで決めるのです。あいまいな初期段階では、「人々のためにデザインする方法」、あるいは、「人々とデザインすることを考慮に入れてアプローチする」方法を取ることができます。デザインするにあたって、プロジェクトメンバーやデザイナーではない他の人々を自分たちのデザインプロセスに招き入れること、それこそが「コ・クリエーション」なのです。

liz_01.pngのサムネール画像
図表1:コ・クリエーションは、デザインと開発プロセスのあらゆるポイントで常に行われている

 

図表1の点が示すように、コ・クリエーションは、デザインと開発プロセスのすべてのポイントで行うことができます。しかし、すべてのプロセスにおいて「いつも行われている」とは限らないのです。

図表2では、デザインと開発のプロセスにおけるもうひとつの側面に言及します。ここでは、コ・クリエーションのプロセスで考えるべき3つのレベルの価値(マネタリーレベル、使用/経験レベル、社会レベル)が示されています。

liz_02.jpgのサムネール画像

図表2:コ・クリエーションは、デザインと開発のプロセスにおけるさまざまなポイントで、異なる価値を生み出す

 

一番上のマネタリーレベルの価値は、ビジネスパーソンの間で、最も注目を集めてきました。この種のコ・クリエーションはお金を儲けることを目的にしていますが、必ずしもその企業と顧客を直接結びつける必要はありません。たとえば、クラウドソーシングを使って、顧客から商品、サービス、ブランドに対するフィードバックを得ることもできます。

使用/経験レベルの価値としてコ・クリエーションを使うのは、その企業が提供する商品やサービスを、人々のウォンツやニーズに、より見合っているようにしたいという気持ちからくるものです。結果的にリピート顧客を呼ぶことになれば、この種のコ・クリエーションは、金銭的な意味でも良い影響を与えることになります。

コ・クリエーションにおける社会レベルの価値は、長期的で持続可能な生活を目標とするものです。たとえば、「慢性的な病気を抱える人々のQOL(生活の質)を向上させるために、我々には何ができるのか?」といった、難しくて終わりのない疑問を掘り下げたりします。ここでは、専門家と一般人が密接に協力しあいます。この種のコ・クリエーションにおいては、専門家と一般人がダイレクトに関わり合うことが必要です。

図表2を見ると、マネタリーレベルの価値に重きを置いたコ・クリエーションは、マーケティング、セールス、ディストリビューションなど、デザイン開発プロセスの後期に起こりがちであることがわかります。使用/経験レベルを重視するコ・クリエーションは、デザインのプロセスで起こる傾向にあります。そして、社会レベルの価値を重視する場合は、デザイン開発のとても早い時期に始まって、デザイン開発プロセスの間もずっと続くのです。コ・クリエーションがデザイン開発の早い時期に起これば起こるほど、その影響は大きくなります。

図表2は、コ・クリエーションをどう適用するかにおいて、3つの異なるパターンを示します。「ツールとテクニックの結集」としてのコ・クリエーションは、商品やサービスのデザインが終わった後に、特定のツールやテクニックを適用することを指します。ブランドや、市場における新商品、新しいサービスに注目させる意味で、これは素早く、コストのかからない方法と言えます。

「デザインリサーチの取り組み方」としてのコ・クリエーションは、デザインにおいて参加型の方法を取ることに意義を置き、主に、発見とデザインを模索する初期段階に使われるものです。

「企業カルチャーのマインドセット」としてのコ・クリエーションは、あやふやなところから始まり、人々の生活に最も大きな影響を与える潜在性をもっています。もしも、すべての組織/すべての人々がコ・クリエーションのマインドセットをもつならば、それは非常に大きなインパクトを与えることでしょう。そのコンセプトは、全員が賛同するものではないかもしれませんが、小さな形で始まりつつも、時間をかけて、企業文化を形成するものに成長していくこともありえます。たとえば、マネタリーレベルで始められたコ・クリエーションの実践は、やがて使用/経験レベル、さらには社会的なレベルへと発展していくこともありえるのです。

Liz SandersMakeTools 代表

Jul 10, 2015 03:00 共創(Co-creation):1992年以降、私たちはどこまで進歩したか?

私は 1992年に『収束的視点:1990年代のための製品開発リサーチ(Converging Perspectives: Product Development Research for the 1990's)』と題した論文を書き、それが「Design Management Journal」に掲載されました。当時、新製品の失敗率が80パーセント前後というかなり高い時期にあり、私は、この論文でデザインリサーチの現状を説明するよう求められました。そこで私は現状を説明する代わりに、1990年代以降に向けて、どのようにデザインに取り組めるかを提案することにしました。それはたんなる予測ではなく、将来に向けた期待を述べることでした。私がそうした期待を述べてから、これまでに何か起こったか、振り返ってみる時がやってきました。

 

役立つ(Useful)、使える(Usable)、望ましい(Desirable)
先の論文における重要なポイントは、いかなる製品も「役立つ」「使用できる」「望ましい」を同時に兼ね備えていなければならない、ということでした。「役立つ製品とは、消費者が必要としていて、使うことになる製品。使える製品とは、 消費者がすぐに使用できるか、またはすぐに使い方を理解できる製品。そして、望ましい製品とは消費者が使いたくなる製品である」(1992年)

「役立つ」「使える」「望ましい」というモットーは、これまでデザインに関わる多くの人々に取り上げられてきました。そして今日、このモットーは、人間中心の製品とサービスをデザインする上で 第一の目的としてしばしば使用されています。
このモットーが特にユーザーエクスペリエンス(UX)デザイナーの中で良く知られているのは、 ピーター・モービル(Peter Morville)が2004年にこのモットーを拡大(図1)したためです。モービルの「ユーザーエクスペリエンスのハニカム(蜂の巣)」は、成功する製品とサービスの中核的な特性に、「みつけられる(Findable)」、「信頼できる(Credible」)、「アクセスできる(Accessible)」という目的を追加しています。

figure1.png

図 1: ユーザーエクスペリエンスのハニカム構造 (http://semanticstudios.com/user_experience_design/)

より最近では、このモデルはビジネスの世界でも使用されるようになりました。その代表例が、「カスタマーエクスペリエンス・ピラミッド(2012年)」で、Forrester Researchが発行した、Harley Manningと Kerry Bodineの共著『Outside In: The Power of Putting Customers at the Center of Your Business(顧客をあなたのビジネスの中心に置くことの強み)』という本で紹介されています。そこでは、主要な特性は同じですが、異なる用語が使われています。「役立つ」を「ニーズを満たしている(Meets needs)」に、「使える」を 「簡単(Easy)」に、「望ましい」を「楽しめる(Enjoyable)」としているのです。

figure2.png

図 2: カスタマーエクスペリエンス・ピラミッド(http://outsidein.forrester.com/resources.html

私たちは今、「役立つ」「使える」「望ましい」を同時に兼ね備えた製品やサービスをデザインしているでしょうか? 答えは「ノー」です。私たちは、「使用できること(Usability)」と「望ましさ(Desirability)」について、どのように対処すべきかわかっています。けれども私たちはいまも、どうすれば将来の製品を「役立つ」ものにできるか、というレベルにとどまっているのです。

 

では、1992年以降、他に何か変わったのでしょうか? 変化のために何を取り組んできたでしょうか?


デザインリサーチはデザインプロセス全体を通して行われている
「私は新しいアプローチを提案する。つまり、消費者(ユーザー)のニーズの発見からそれらのニーズに対応した製品の開発まで、そして最終的には、市場および究極的には消費者とエンドユーザーへ望ましい製品を提供するための開発プロセス全体にリサーチを取り入れたアプローチだ」(1992年)

今日、デザインリサーチはデザインプロセス全体に取り入れられています。ご存じの通り、何をデザインするかを決める際には「生成的な(Generative)デザインリサーチ」を初期段階で取り入れます。また、デザインプロセスの後半には「評価的な(Evaluative)デザインリサーチ」を取り入れて、どのようにデザインすれば ベストかを判断しています。

 

収束的視点がデザインリサーチに取り入れられている
「収束的視点(Converging perspectives)とは、製品開発の課題に取り組むために2つ以上の調査方法を使用することを指す」(1992年)
今日、私たちは、製品とサービスのデザイン開発のために、多くの異なった方法を使用しています。実際、非常に多くのデザインリサーチ手法が多数の書籍で紹介されていますし、そこでは、各手法がわかりやすくリスト化され、説明されています。今日の課題は、デザインリサーチを取り入れるかどうかではなく、各デザインプロセスで「どの最適な方法を選ぶか」にシフトしたということです。

 

デザイナー以外の人がデザインプロセスに参加する
「参加の目的は、デザインプロセスに消費者を取り込み、関与させることである。それは、製品開発プロセスの中で、受け身の情報提供者から積極的な参加者へと、リサーチにおける消費者の役割を変えていく」(1992年)
今日、人々は「製品とサービス両方のデザインと開発」への積極的な参加者です。そこには「共創(Co-creation)」が定着しています。インターネットとソーシャルネットワークによって、人々は社会的な機会が拡大されただけでなく、以前には考えられもしなかった方法でつながっています。人々は、製品やサービスを購入する前に、それらを使用した他の消費者の体験を聞くことができます。人々は、自分用に製品やサービスをデザインすることさえできます。マーケティングと広告宣伝は参加型の発想を取り入れ、変化しています。そして、一般の人々も参加型デザインの活用方法を知っています。

 

デザイナーの新しい役割の誕生
「参加型デザインは、デザイナーに、デザインプロセスの「実現者(Enabler)」としての新しい役割を課している」(1992年)
他の多くの役割に加え、今日のデザイナーは「デザインプロセスのファシリテーター」としての役割を果たしています。彼らは、社会変革のカタリスト(触媒の働きをする人)に、共同的体験のファシリテーターに、そしてまた起業家精神にあふれた制作者になりつつあります。

 

私たちはここからどこに向かうのか?
私たちは1992年以降、大きな進歩を遂げてきました。すべてのステークホルダーと手を携えた共創(Co-creation)、そして、デザインと開発プロセス全体にわたる共創が今日の現実です。20年後はどのようになっているのでしょうか? おそらく私たちは、「使える」「望ましい」そして「役立つ」製品とサービスをデザインしているでしょう。

 

リズ・サンダース / MakeTools

http://www.maketools.com/

Liz SandersMakeTools 代表

Search検索

Categoryカテゴリー

過去のExperience Magazine

  • 米国マーケティング最新事情 / 瀧口範子
  • デザインテクノロジーの最前線 / 桐山孝司
  • 「本能」から人間を読み解く / 佐藤武史
  • 注目のクリエーターズボイス