BLOG

Aug 18, 2017 10:23 Culture Meet up vol.2 南米エクアドルと日本の「空虚感」の差 Difference in Emptiness between Equadore and Japan

国をまたがって文化の違いを語り合う「Culture Meet up」。今回は、南米エクアドルから日本に来られているJoさんと語り合いました。Joさんはエクアドルでエコ関連のビジネスを立ち上げられていて、同ビジネスに磨きをかける目的で一橋大学ビジネススクール(ICS)に入学、その学習の一環として、現在、同大学とリレーションのあるmctでインターンシップをされているという訳です。

Jo.png

一つの面白かった話題は、「にぎやかさ」のお話。家で家族が集まるとき、また職場でも、エクアドルではにぎやかだと言う。家では大きな声で話し合い、職場でも音楽がかかる中、はっきりとした声でディスカッションし合う。mctのオフィスでは小声で話をしているとのこと(笑)。にぎやかさは聴覚だけでなく、視覚にも及ぶ。エクアドルではいろいろな色の壁やオブジェで囲また生活で、視覚的にもにぎやか。

そういった喧騒のない日本での生活を振り返ると、少し「空虚」な感覚があるとのこと。明確なネガティブな感情ではないが、少し寂しさのある感覚だそうです。日本のアパートの部屋は白い壁に囲まれており、視覚的にも空虚感があるそうだ。
もう一つの面白かった話題は、商品のバラエティのお話。日本ではとにかく商品の種類が多い。「青色のペン」ひとつをとっても、ロフトの文具コーナーに行けば十種類を超える青色のペンが選択肢に挙がる。珍しいものを探すときは良いのだが、日常品を探すときはストレスを感じるとJoさんは語る。Joさんにとって、そんなにモノの種類は必要ないようです。

日本人ならどう感じるだろう。青色のペンが一種類だけの文具売り場(極端な例だが)。多くの魅力的な商品から自分にピッタリのデザインの商品を選ぶことに慣れている我々は、そこに物足りなさを感じるだろう。

エクアドル共和国の首都キトは標高2800mの高地に位置しており、山々と青い空に囲まれている。車を数時間走らせれば、素晴らしい自然に浸れる場所に着く。一方、ナイトプールが日本の都市部ではブームになってきているが、そのナイトプールの特徴は、人工的に整備され、刺激的なコンテンツとして調整されていることにあるとも言えるだろう。ここにも、日本とエクアドルにおける差が確認できる。

CulMee2-2.jpg

今回のお話をまとめると、にぎやかさに慣れているエクアドル人にとって静かな場所は空虚。あふれんばかりのモノや情報に慣れている日本人にとってそれらの少ない場所は空虚。国によって刺激の濃淡が異なり、それによって「空虚感」の在り方も異なるというインサイトが得られたという訳です。

グローバル・インターネット・エスノグラフィ <日本にいながら、各国の深いインサイトを獲得する>
 ⇒ http://mctinc.hs-sites.com/global_internet_ethnography

Takeshi Sato株式会社mct ストラテジスト

Jul 21, 2017 11:15 Culture Meet up vol.1-2 つながり感 -Sense of connection-

Second story of IT engineer from Bangalore, India. Another finding we picked up is the sense of connection in Indian daily life.  バンガロール出身、ITエンジニアの第2回目はインドでの日常生活における「つながり感」のお話。

Maintaining the connection with the life happening outside ones own home doors, while one is in their private space, is crucial in India. A typical house consists of both front door and back door, yet they are kept open all day long and only closed when the family goes to sleep at night. Having the doors opened, one can easily have a conversation with their neighbor, or keep updated with what is going on outside. Though security issues like burglary remain their concern, they are outweighed by the need to keep connected. ドアを開放し、周囲の世界とつながっていることは、インド人にとって不可欠なことです。よくあるインド住宅では正面のドアと家の後ろのドアがあるということですが、両方とも一日中開いていて、夜に寝るときだけ閉じるという。ドアが開いていると近所の人と自然に会話を始めることが出来るし、外で何が起こっているかをビビッドに把握することが出来る。もちろん、泥棒のことは気にはなるのですが、家の周囲とつながっていることのほうが重要度が高いということです。

CluMee01-2.jpg *His parent’s house in India. Seems cozy, full of sun light. 彼の両親の家。光にあふれ居心地が良さそうです。

This idea of keeping home doors open to the neighboring community also extends to the workplace. In India, people take lunch break as private time to eat, call home, chill out or chat with colleagues. Eating lunch in front of the computer is considered as an act of either a workaholic or somebody who does not want to connect with their colleagues. Apparently, letting ones colleagues know that they want to spend their lunchbreak alone is an acceptable way to have some me time without being misunderstood as the intention to disconnect from everybody. 家のドアを開けておくというマインドセットは、職場でも似た現象として現れます。インドにおける昼食の時間は、もちろん、昼食を食べたり、家に電話をしたり、気分を落ち着かせたり、同僚とおしゃべりしたりするわけですが、特徴的だと思えるのは、パソコンの前で食事をとる人は仕事中毒か同僚とつながりを持ちたくない意思表明といった(ネガティブなことだと)思われてしまうこと。ただ、昼食の時間を一人で過ごすことを同僚にちゃんと伝えた場合、「自分」の時間を持ちたいんだなと、特に変な誤解なく伝わりはしますが。

Such strong connection with ones family, community, and workplace has probably transformed into the motivation for people like our guest to get out of their comfort zone, establish a new life in a faraway place, and nurture the intention to come back home one day. 母国での家族・地域のコミュニティ・同僚などとのつながりを大切にするがゆえに、今回の我々のゲストのように心地よい母国から遠く離れたインド人は、母国に戻りたいモチベーションを常に抱いているのだろうと思う。

Perhaps with a bit more attention, we may be able to detect such value in even the seemingly littlest acts of people there, and learn from their art of connection. もし我々がインドに行ってあたりを見渡すと、こういったつながりのマインドセットを他の生活シーンからも感じ取ることが出来るかもしれませんね。 

◆グローバルエスノグラフィのお問い合わせ等はこちらまで◆
http://mctinc.hs-sites.com/global_ethnography

Nghiem Quoc Hoai MinhDesign Researcher

Jul 14, 2017 04:19 Culture Meet up vol.1 IT Engineer from Bangalore in India

Recently, mct has launched a new event series called “Culture Meet Up” to create space for encouraging international cultural exchange and promoting global business activities. Each month, mct invites a foreign guest who is living and working in Japan come to our cozy CHIKA space for a lively discussion with mct members on several topics ranging from history and education to lifestyle and entertainment. Earlier this month, mct welcomed a IT engineer in his mid-30s from Bangalore, India as our first guest. このたびmctでは「Culture Meet Up」という取り組みを始めました。異なる文化の方と対話を行い、インサイトを交換し合うことを目的とします。毎月、日本在住の海外出身者をお招きし、歴史や教育から生活環境の差異などに渡って話し合う予定です。初回となる今回は、インド・バンガロール出身のITエンジニアの男性と対話を行いました。

CulMee01-2.jpg

Today, we want to highlight some interesting learning about family and its values in India. A major concept of Indian family is the joint family. Although the nuclear family has been emerging in India along with the increase of a younger generation with better opportunities for jobs and wealth, the joint family still remains the main type of family in India. Joint families still account for more than 60% of Indian families in big cities, and even more in rural areas. 本投稿ではまずバンガロールでの「家族」の在り方をお伝えします。インドでは若者がビジネスの機会を都会に求める中で核家族化が進みつつありますが、大家族の家族形態が依然、多くを占めています。都市部でも6割ほど、地方になるとそれ以上の割合を大家族の形態が占めるそうです。

As a value of joint family, family bond and responsibility to parents are very important. In India, a man must take the responsibility to take care of his parents when they get old. Our guest, though having lived for five years and enjoyed a good life in Japan, answered us that he must go back to his hometown Bangalore in several years to take care of his parents because he is the only son. 大家族の中で親を大切にすることは一つの重要なポイントで、親が年老いたときにサポートを行うことは男性にとって必須の事項であるとのこと。今回のゲストも5年間日本に住み、仕事やプライベートも日本に合わせて楽しんできたということですが、ご自身が唯一の息子ということで遠くはないタイミングでバンガロールに帰るそうです。

As a part of joint family culture, arranged marriages also remain common in India. Within the family networks, one family’s son and the other family’s daughter who are considered to have same conditions will be introduced and arranged as marriage partners. Since marriage is not a personal matter of the son or daughter, but a “face” matter for the whole family, it is very important to ensure marriage partners be equal in all aspects. 同国の家族文化の一つとして、お見合い結婚の文化が挙げられます。血縁的なネットワークを介してある家庭の男性、ある家庭の女性が選ばれ、結婚の相手として紹介される。結婚は個人間の問題だけでなく、家の体面の問題でもあるということ。

Potential groom and bride must come from a similar background, the same social class, same education, and even their horoscopes should be matching! Of course, in some senses the similar background will bring the harmony for the marriage, especially, when many couples just get married a few months, sometimes a few weeks after being introduced even without dating. 結婚する男女が近しいバックグラウンドを持っているべきという点も重要です。同じ社会的なクラス、教育レベル、または占星術的なマッチングも重要とのこと。もちろん、背景が近いと夫婦で意気投合しやすいということもあり、特に知り合ってから数か月(場合によっては数週間)でデートする間もなく結婚に至る場合には、そのあたりは重要なのだろうと思います。

We all somehow understand that social class is important in India, but after speaking with him we know the story more vividly, and we can consider social class more critically when considering consumers in India. インドにおいて社会的階層が大切なことは誰しもが知るところですが、彼と対話をすることでそのニュアンスをより生き生きと知ることが出来ました。インドの消費者向けに商品やサービスを考える際は、そういった階層についてしっかりとプランを練る必要があると感じます。

We will share more exciting findings on coming post. Let visit our blog frequently for more reading. その他、いくつかの面白いトピックがありますので、これから数回に渡ってお伝えさせていただきますね。

◆グローバルエスノグラフィのお問い合わせ等はこちらまで◆
http://mctinc.hs-sites.com/global_ethnography

My Ha Thi TRAN株式会社mct エクスペリエンスデザイナー/ストラテジスト

Jul 04, 2017 12:42 藤井四段 Japanese chess player

30連勝を逃したものの、公式戦29連勝の快挙を成し遂げた藤井聡太四段。彼の飛びぬけた強さの秘密に関し、ネット上ではいろいろと情報が上がっています。In an official match last month on June 29th, the professional Shogi player Sota Fujii (with rank 4-dan) set a new record for 29 consecutive victories. Although he missed the chance for a 30-game winning streak. Now there is a lot of conversation in the media and internet about the reasons for his unique Shogi skill, such as...

Fujii-4-dan.jpg

※画像は将棋会館のホームページより(藤井四段は写真右)


◆AIの将棋ソフトを使って、序盤から攻めるスタイルを身に着けた(普通は王将を守るように駒を置いてしまうが、彼はその呪縛から解き放たれている)He has developed an aggressive playing style learned from AI Shogi game software, which is applied at the beginning of games. (He is free from the bias of protecting the king, which most people cannot break).
◆他の棋士の差し方を本から研究しつくした He has read extensively of professional Shogi players' books and learned from their skills.
◆10,000問以上の詰将棋で終盤戦の力を身に着けた He has cultivated skills for the end game by playing more than 10,000 Shogi matches (A typical professional only plays about 1,000 matches in their lifetime).
◆勝負中にチョコを食べて、脳をリフレッシュ He refreshes his brain with chocolate during games.

など。ただ、世の親たちは彼が使っていた知育玩具にも注目をしているようです。彼が使っていたcuboroは「天才棋士を育てたおもちゃ」としてテレビでも紹介され、7月現在、半年以上の予約待ちのサイトもある状態です。 Based on the kind of conversation above, parents started looking into the kind of toys that Sota used to play with growing up. One of his old toys, Cuboro, has since been introduced on TV as "a toy that makes a genius," and people now can wait more than half a year until they receive the toy from distributors.

上記の情報の関係性を可視化したものが以下の図です。 The following diagram visualizes the above contents:

chart.jpg
上記の図ではまだ説明していない項目が載っています。 But there is more to the above diagram.

◆負けて人前で大泣きしても許してくれる親 Parents who look after him with warm heart regardless of losing or crying.
◆とにかく好きなことをさせてもらえる環境 Environment which allows freedom to do things that he likes.

ここからのお話ですが、まず、ごめんなさい。一部のお父さんお母さんには不快な情報かもしれません。Please excuse my content here, since it might not be appropriate for all parents.

子供がcuboroを買い与えることと「とにかく好きなことをさせてもらえる環境」が矛盾する可能性があるということ。親は子供のためを思ってコントロールしたいと思うが(知育玩具で遊んで賢くなってもらいたい)、親のコントロールと子供の好きなことが矛盾してしまい、子供のモチベーションの芽を摘んでしまうかもしれません。 There could be a contradiction between factors to child's growth, between buying Cuboro for a child and providing an environment which allows the children to do things that they like. Parents tend to control things for the child's sake, but sometimes creates a contradiction with what the child actually wants to do.

---

さて、今回の隠れた主題は、実は、このようなロジックチャートを作るということに関してです。ロジックを構造化すると矛盾に気づいたり、そのチャートに載っていない情報を見つけるきっかけになったりします。 Well, the hidden purpose of this theme is to make a logic chart. By making it, you can find possible contradictions in the structure, and even become aware of things that are not on such a logical chart.

上記の図に載っていない重要な要素があれば、お母さん・お父さんたちの参考にもなるはずです。例えば、もしかしたら聡太さんが毎日、庭の木に登って遊んで体力がつき、それが集中力の糧になっているかもしれません。 If you can see other elements that are not on the chart, I am sure that it would be helpful for parents. For example, 'Sota climbs a tree in his garden every day' could be the reason why he maintains so much concentration during matches.

インサイトを得たら情報を構造化し、そして、それをベースに他のインサイトがないかを再度考える。そのような分析フローでインサイトの精度アップを図ることも有用です。ロジカルさとクリエイティビティが正反対の思考と言われることもありますが、クリエイティブになるために一度ロジカルになってみて、そしてそのロジックを乗り越えてクリエイティブになる。そのような思考法のご提案でした。 Once you gain insights, and then structure insights, then go back to the process of gaining additional insights. This kind of flow analysis would further increase the quality of insights as well. Logicality and creativity may be said to be the opposite thinking. But in order to be creative, once you may well become logical. After thinking logically, you overcome that logic and will become more creative. It was a suggestion of such thought method.

これらのトレーニングを繰り返し、高度なロジカルさとクリエイティブさを兼ね備えた棋士の方々に少しでも近づきたいものですね。ちなみに、弊社東京オフィスは千駄ヶ谷の将棋会館から歩いて5分の距離にありますが、佐藤はまだ藤井聡太さんをお見受けしたことはありません。 I would like to get closer to these shogi players who combine advanced logicality and creative, by repeat these trainings. Although our Tokyo office in Sendagaya is only 5 minutes away from the Shogi Hall, I have yet to see him in person. 

◆mctのホームページが新しくなりました our new homepage◆
http://www.mctinc.jp/

Takeshi Sato株式会社mct ストラテジスト

Jun 22, 2017 03:10 感覚の記憶 Memory of sense

時々、心の中を整理したいとき、奈良の東大寺を訪れる。巨大な空間の中に少しだけ座れる場所があり、1時間ほど座る。目の前に大きな仏がいるので、せっかくなので声をかけるのだが、たいてい大仏は無言のままだ。という訳で、特に心の中が整理される訳ではないが、「ま、いいか」という変な充足感を得て、帰る。Sometimes, when I want to reset my thought, I visit Todaiji temple in Nara. There is a place where I can sit a bit in a huge space and I sit for about an hour. There is a big Buddha in front of me. There's a chance to have dialog with him, so I ask him something, but the Big Buddha usually keep silent. So, although the inside of my heart is not organized, I get a strange satisfaction feeling "Well, good?", then I return to home.

Todaiji.jpg

僕にとって、この東大寺には思い出が多い。小学校の授業で東大寺の近辺に絵を描きに行ったこと、両親や妹と出かけたこと、友達と初詣に毎年行ったこと、そして時がたち、いまは妻や子供とのちょっとしたお出かけの場所であること。東大寺がそれらの記憶を象徴するシンボルとなってる。仏教の意味合いは十分に知らない。だけど、僕にとって無意識のレベルで安心感を与えてくれる大事な空間なのだろうと思う。ひんやりとした寺の内部と広い木造の寺院ならではの音の響きは、古い記憶と新しい記憶を混ぜ合わせ、安堵の感情をもたらしてくれる。For me, this Todaiji has many memories. I went to paint in the neighborhood of Todaiji in the elementary school classroom, I went out with my parents and sister, every year to my Hatsumode with my friends, and now, at times, a little outing with my wife and children something. Todaiji is a symbol that symbolizes those memories. I do not know the meaning of Buddhism sufficiently. However, I think that it is an important space that gives me a sense of security at the unconscious level. Inside of a cool temple and The unique sound of the wooden temple blends old memories and new memories and brings me a feeling of relief.

東大寺の例はあまりにもパーソナルかもしれない。一方で、多くの人が体験したものならば、多くの人に共通するインサイト(※ここでは、共通する特徴という程度の意味)になり得るだろう。おばあちゃんの家の香り、家具、幼少期に遊んだおもちゃ、思春期に聞いた音楽。これらを考えると、資生堂が日本女性の化粧史を発表していたことを思い出す。女性のメイクも時代とともに変化しているが、そうであるならば、各世代において“母親感”も異なるのだろう。This  example of Todaiji temple might be too personal. On the other hand, if many people experience a certain stuff or event, it will be common INSHIT (※ here, the meaning is common features) to many people. Fragrance of grandmother's house, furniture, toy played in childhood, music heard in adolescence. While considering these, I recall that Shiseido had announced the makeup history of Japanese women. Women's makeup has also changed with the times, but if so, the "mother's feel" will differ for each generation.

woman.jpg

Reference : 資生堂「日本女性の化粧の変遷100年」
http://hma.shiseidogroup.jp/info/p20161222_5392/

こちらはアメリカのバージョン。米国の人はどのような母親感を持っているのだろう。This is an American version. I wonder what sort of mother's feeling does the American people have.

woman2.jpg

Reference : https://www.youtube.com/watch?v=LOyVvpXRX6w

海外でデザインの嗜好性をリサーチしたときも、その国の人が幼少期からよく目に触れてきたものに行き当たることがあった。当たり前だが、どの国の人にも大切にしたい感覚がある。エスノグラフィを行いながらその深い感覚に触れたとき、ノスタルジーを共有させてもらったような、温かい気持ちをもらえる。When I researched design preferences abroad, I found something that the people in that country touched frequently from childhood. Naturally, for anyone in the country, there is a sense that they want to cherish. When I touch that feel while doing ethnography, I can feel deep warmth like having nostalgia shared by them.

◆グローバルエスノグラフィのお問い合わせ等はこちらまで◆
http://mctinc.hs-sites.com/global_ethnography

Takeshi Sato株式会社mct ストラテジスト

Search検索

Categoryカテゴリー

過去のExperience Magazine

  • 米国マーケティング最新事情 / 瀧口範子
  • デザインテクノロジーの最前線 / 桐山孝司
  • 「本能」から人間を読み解く / 佐藤武史
  • 注目のクリエーターズボイス