BLOG

Feb 13, 2018 10:42 ミレニアル世代向けのミックスなSTAY、新しいホテルのかたちを体験してきました

表紙大-1.png

こんにちはデザイナーの川合です。

mctでは国内外含め、様々なプロジェクトが常に走っており
そうなってくるとメンバーの移動と宿泊も自然と多くなってきます。
そうした移動の多さは逆に言えば新しい体験をするチャンスでもあります。
(ちなみにメンバーによってはわざわざ毎日違うホテルを試す人もいるとか。)

今回はそうした新しいサービスを体験した時の模様を
レポートというかたちでお届けしたいと思います。

みなさんもお仕事やプライベートでホテルや宿泊施設は
様々な不満や、期待などあるかと思います。

ちょうど我々も今年の夏頃に観光地での滞在のあり方
に関するプロジェクトを行っていたため、
その時にも変わった滞在の体験が出来るような宿泊施設に
できるだけ泊まることのできるようなスケジュールを組んでいました。

今回お邪魔したのは
ザ・ミレニアルズ 京都
です。

d7264-42-982761-10

https://www.themillennials.jp/

以下、公式より
ミレニアル世代のためのライフスタイルホテル。世界で最も進化したポッド(カプセル)で女性でも安心。 充実したデザイナーズラウンジで料理や仕事など自由な時間を。ホテルともカプセルホテルとも違う新しい滞在体験をお楽しみください。

それでは、その時の潜入取材の模様をちょっとだけシェア出来ればと思います。

 

IMG_5671

場所は京都繁華街すぐ近くで、
東京で例えるなら新宿の歌舞伎町すぐに立地しているような印象です。
立地は抜群ですね。

IMG_5672


エントランスです。コンクリートむき出しの都会的な印象に大きな観葉植物がよく映えています。

IMG_5675

エレベータを上がるとラウンジがあります。
アメリカの西海岸的なインテリアのデザインが
よくあるビジネスホテル的なイメージとは真逆のおしゃれな雰囲気になっています。
ここは京都か?と一瞬とまどいます。

IMG_5674

受付でチェックインを行います。
ディスプレイの動画で基本的な説明をされます。
ルームキーは専用のiPhoneを渡されてアプリで室内のファシリティを操作可能です。
わかりやすい動画でフロント業務も削減されていてスマートです。
当然、字幕もついて外国人対応済み。
無駄のなさがとても心地よいです。

IMG_5676

部屋に行く前にラウンジでゆったり
外国人の観光客も多く、
飲み物を片手に談笑されている方がちらほら。
奥ではワークスペースでお仕事をされている方もいらっしゃいました。
備え付けの本棚のセレクションも建築やデザイン、ビジネスに関わるセレクションが光ります。 

IMG_5673

 

IMG_5677

ピクセル状のグラフィックを特徴としたデザインで
スペースのサインも洗練されています。

IMG_5678

iPhoneのケースをかざすと宿泊のフロアに入れます。
男性、女性でフロアが分けられています。 
ゴミ箱や備え付けの洗剤なども含めてすべてのものがきちんとディレクションされています。

IMG_5681

洗練されたインテリア、
落ち着いて静かな雰囲気です。

IMG_5680

こちらが宿泊スペースのスマートポッド
部屋というよりは優れたプロダクトデザインと言えるような、
機能的な収納や照明など細部のデザインも優れています。 

IMG_5683

渡されたiPhoneでベッドなども操作が出来ます。
ベッドは目覚ましでリクライニングも可能。
目覚める時間に合わせて、スマートポッド全体で照明とベッドの連携で
朝気持ちよく起きられる仕組みがありました。
宿泊客のニーズへの先回りが気持ち良いです。 

IMG_5687

ブラインドを下げて就寝、天井もそこまで低くはないので
既存のカプセルホテルほど狭い印象は受けません。 

IMG_5690

 

朝のラウンジ
備え付けのキッチンでコーヒーを入れている人もちらほら
朝から打ち合わせをしている人もいました。
外を眺めると京都の街が一望できます。

さて、今回はプロジェクトのついででの簡単な観察でしたが
いかがでしたでしょうか。 

ミレニアルズという名の通り、
ミレニアルズ世代の仕事と遊びが混じり合った
ミックス感のある機能性や価値観が
ちょうど自分自身のニーズにもフィットしており、
シェアオフィスを借りる時間と同じくらいの価格にも
とてもお得感がありました。

既存のビジネスホテルと異なり、
コワーキングスペースとしても使え、
昼と夜の顔を持つことで
宿泊以外でも収益源を持つ新しいホテルという
ビジネスモデル的にも新鮮な印象でした。

現在、宿泊業界では
価格の比較サービスのようなデジタルの波に
飲まれたことによる価格競争や、
airbnbなどのシェアリングサービスとの競合による
顧客ニーズの独自な体験へのシフトなどなど、
顧客視点でより明快なコンセプトの宿泊が求められている背景があります。

そうした背景で見たときにとても明快なコンセプトとデザインのホテルでした。
みなさんも京都にご宿泊の際はぜひ体験してみてください。
渋谷にもオープン予定だそうです。

mctではそうした顧客視点での
独自性の高い新しいコンセプト創出、新規サービスの検証のお手伝い
顧客経験・サービスのプロトタイピングをお手伝いしております。
お困りの際はお気軽にお問い合わせください。

9b2e805fab90d6e41bd6600d13297bb9

 

Keisuke Kawai株式会社mct エクスペリエンスデザイナー

Dec 17, 2017 10:45 洗濯ものを干せないバルコニー Balcony without clothes line

こんにちは、mctのミーハです。ニューヨークより、洗濯文化の差異についてお話させていただきます。

「バルコニーを何に使いますか?」という問いへの一つの代表的な回答は、「洗濯物を干す」でしょう。エジプト・ブラジル・マレーシア・シンガポール・ベトナムなどを見回すと、それが当てはまります。そういった国々では室外に並んだ洗濯物は日常的な風景であり、バルコニーもその目的で使われています。
“What do you use your balcony for?” I guess “for drying laundry” is one of common answers. Own experience and learnings from our researches related to laundry over many countries including Egypt, Brazil, Malaysia, Singapore, Vietnam and so on suggests that answer. In these likely countries, outdoor clotheslines are a norm and balconies are also mostly used for drying washed laundry.

もしあなたが私と同じような感覚を持っているのでしたら、アメリカに行ったら驚くと思います。バルコニーに洗濯物を干している家がないのです。バルコニーは洗濯物を干す場ではなくて、家族のリラックスの場。テーブルや椅子がそこに置かれて、家族が団らんしています。では、洗濯物はどうしているのでしょうか。
If you have same thought as me, you will be surprised when visiting United States. You might not find any laundered clothes dry outside in the balcony. Instead, balcony is mainly the relaxing area of the family. It is common to see table and chairs placed in front yard or balcony in New York.
Laundry1.jpg

アメリカではランドリーサービスが街中の至る所にあります。東京でコンビニエンスストアがどこにでもあるように、ニューヨークにはランドリーサービスがたくさん存在します。多くの人々は洗濯に、洗濯機を持っている人は衣類の乾燥に、その場を利用します。
Come back to laundry, you can find laundromat or laundry services also at any corners. If you visit Tokyo and feel amazing that you can find convenient stores everywhere, you will feel the same way when visiting New York. People use laundromat service for washing their laundry or just drying the washed clothes if they own a washer. Otherwise, their house must be spacious enough to place a dryer together with their washer.
Laundry2.jpg

ランドリーサービスはアメリカで一つの大きな市場になっていそうなのですが、その背景には米国における規制のお話が関係します。アメリカの街では景観を損ねるという理由で、室外で洗濯物を干すことが禁じられているのです。長い間、洗濯物を干すことが、街のイメージの問題として取り上げられていたようです。
The laundry services and dryer makers must have been fruitful in United States. Here it comes how business can benefit from regulation. It turns out that in many suburban neighborhoods it is not allowed to dry your clothes outside because it is considered to look bad and dirty. For decades, the clothes line has had an image problem in the United States.

ただ、最近、その規制に反対する動きが出てきています。「Project Laundry List」という活動で、自然の光と風の中で洗濯物を乾かす大切さを訴えています。消費者のマインドセットの変化と、それに沿って規制も変化する可能性があり、新しいビジネスのチャンスかもしれません。
However, it is also interesting to know that recently the fight against clothes line bans called “Project Laundry List” for the good of natural drying and environment has happened in America. To predict how laundry services in America will change in the future, it must be good for business player to observe the shift of consumer mindset and regulation landscape.

上記のような海外のリアルな情報を手軽に収集されたい方は、こちらの弊社メニューも併せてご覧くださいね。 
 ↓ ↓ ↓
グローバル・インターネット・エスノグラフィ <日本にいながら、各国の深いインサイトを獲得する>
http://mctinc.hs-sites.com/global_internet_ethnography

My Ha Thi TRAN株式会社mct エクスペリエンスデザイナー/ストラテジスト

Nov 24, 2017 06:58 すごくオーガニックなそうめんと豆腐 -Organic Somen and Tofu-

こんにちは、mctのミーハです。私は現在、家族と一緒にニューヨークで暮らしています。日本とは異なる米国の文化について、少しずつ、みなさまにご紹介させていただきますね。今回は、食の安全性について。

米国への渡航前は、そこでの食品の安全性はただの聞こえの良いビッグワードだと思っていたのですが、実際はメーカーサイドもその言葉を本当に真剣・深刻にとらえている現状を目の当たりにしました。 Food safety is the most concern almost everywhere. And before, I heard that “organic” is a big word in United States but only when I came here, I realized how serious the market takes that word.

somen_and_tofu.jpg
食料品店などに入ると、ほとんど全てのカテゴリーの食品(果物・ハーブ・肉・牛乳・飲み物・さらにはクッキーまで)、また、米国産食品から輸入食品に渡り、「オーガニック」とラベルされた製品が目に留まります。そして、その価格は、私の体感としては、ラベルが貼られていない商品に比べて35%程度も高い。 If you walk into any grocery store or pharmacy, you can find almost every category from fruits, herb, meat, milk, drinks, snacks, even cookies, domestic or imported products, having products labeled with “organic”. And not surprising, the price of them are significantly higher than stuffs without the word.

米国で暮らすと、オーガニックという言葉以外にも、非遺伝子組み換え食品、砂糖不使用、塩不使用、人工的な成長ホルモン不使用などといった言葉に囲まれて暮らすことになり、慣れない私は少し頭痛がしてしまいそう。 Among other key words that American consumers looking for at the stores are Non-GMO, No sugar added, No salt added, No artificial growth hormones added and so on. Therefore, it has become a little more headache to go shopping for food in United States.

日本に何年か住んでいる間にそうめんや豆腐がオーガニックかどうかなどを疑問に思ったことはありませんでしたが、突然に、私にとっての大きな問題となってしまったのです。 For several years living in Japan I had never questioned if the somen or tofu I ate were organic or not, but now, suddenly it became a big deal to me. How about food safety concerns in your country?

グローバル・インターネット・エスノグラフィ <日本にいながら、各国の深いインサイトを獲得する>
 ⇒ http://mctinc.hs-sites.com/global_internet_ethnography

My Ha Thi TRAN株式会社mct エクスペリエンスデザイナー/ストラテジスト

Aug 22, 2017 11:45 見て、触れて、感じる

こんにちは、デザインインサイトユニットの景山です。この間、私が18歳の時まで住んでいた家が取り壊されました。当時ですでに築50年を過ぎていた古い家で、15年前に退居した後は所有者である祖父が貸家にし、リフォームを重ねながら現在まで生き長らえていたのですが、老朽化が限界に達し、更地にして建て直すこととなったのでした。

人生の約半分の時間を過ごした場所が無くなる前に、もう一度その姿を見ておきたいと思った私は、取り壊し工事が始まる直前にその場所を訪れました。
10年ぶりに訪れるかつての我が家。対峙した時点で、「こんなに小さかったっけ」とか「玄関扉のサビは昔のまんまだなぁ」とか、すでにけっこう郷愁にかられていたのですが、何気なく家の壁に手を触れた瞬間に、その郷愁が一気にドライブされました。ただ家を眺めていた時とは比べ物にならないぐらい豊かな情報が、壁の触感を通じて、私の脳内を一気に駆け巡ったのです。

FullSizeRender-1.jpg

壁の温度や表面に埋め込まれた小石の手触りや凹凸が手のひらに食い込む感じ等がすべて渾然となって、かつてこの家の前で遊んだ小さい頃の記憶を私に呼び起こしました。同時に頭の中では、私の少年時代の映像と音声が次々と再生されていきます。友達に押されてこの壁にぶつかり、凹凸で腕を派手に擦って大怪我をしたこと、真夏の暑い昼間に触れて火傷しそうなぐらい熱かったこと、埋め込まれた小石を引っ掻き出すのに夢中になったこと…。小さな、でも大切なエピソード達が当時の感情とともに一気によみがえり、私は何とも言えない気持ちになって、しばらくその場に佇んでしまいました。古い空き家の前で、壁に手を当てて変な表情でじっと動かない男の姿は、はたから見ればさぞ異様だったでしょう。誰にも観察されていなかったことを祈ります。

mctのインサイト調査では、クライアントの皆様にも一緒に現場に赴き、五感すべてを使って気づきを得るリサーチをオススメしています。上の話がよい例になっているかわかりませんが、観察したり、話を聴いたりする以外の行動を通じても、重要な情報を多く得られるからです。いろいろな知覚を通じて手がかりを得るための、ツールやフレームワークも各種開発・用意しています。これまで気づけないでいたイノベーションのヒントを見つけに、私達と一緒にフィールドへ出かけませんか。

--------------------------------------------------------
◆mctのインサイト調査のお問い合わせ・資料請求はこちらから◆
http://mctinc.hs-sites.com/gapfinding_insight
--------------------------------------------------------

 

Satoshi Kageyama株式会社mct エクスペリエンスデザイナー

Aug 18, 2017 10:23 Culture Meet up vol.2 南米エクアドルと日本の「空虚感」の差 Difference in Emptiness between Equadore and Japan

国をまたがって文化の違いを語り合う「Culture Meet up」。今回は、南米エクアドルから日本に来られているJoさんと語り合いました。Joさんはエクアドルでエコ関連のビジネスを立ち上げられていて、同ビジネスに磨きをかける目的で一橋大学ビジネススクール(ICS)に入学、その学習の一環として、現在、同大学とリレーションのあるmctでインターンシップをされているという訳です。

Jo.png

一つの面白かった話題は、「にぎやかさ」のお話。家で家族が集まるとき、また職場でも、エクアドルではにぎやかだと言う。家では大きな声で話し合い、職場でも音楽がかかる中、はっきりとした声でディスカッションし合う。mctのオフィスでは小声で話をしているとのこと(笑)。にぎやかさは聴覚だけでなく、視覚にも及ぶ。エクアドルではいろいろな色の壁やオブジェで囲また生活で、視覚的にもにぎやか。

そういった喧騒のない日本での生活を振り返ると、少し「空虚」な感覚があるとのこと。明確なネガティブな感情ではないが、少し寂しさのある感覚だそうです。日本のアパートの部屋は白い壁に囲まれており、視覚的にも空虚感があるそうだ。
もう一つの面白かった話題は、商品のバラエティのお話。日本ではとにかく商品の種類が多い。「青色のペン」ひとつをとっても、ロフトの文具コーナーに行けば十種類を超える青色のペンが選択肢に挙がる。珍しいものを探すときは良いのだが、日常品を探すときはストレスを感じるとJoさんは語る。Joさんにとって、そんなにモノの種類は必要ないようです。

日本人ならどう感じるだろう。青色のペンが一種類だけの文具売り場(極端な例だが)。多くの魅力的な商品から自分にピッタリのデザインの商品を選ぶことに慣れている我々は、そこに物足りなさを感じるだろう。

エクアドル共和国の首都キトは標高2800mの高地に位置しており、山々と青い空に囲まれている。車を数時間走らせれば、素晴らしい自然に浸れる場所に着く。一方、ナイトプールが日本の都市部ではブームになってきているが、そのナイトプールの特徴は、人工的に整備され、刺激的なコンテンツとして調整されていることにあるとも言えるだろう。ここにも、日本とエクアドルにおける差が確認できる。

CulMee2-2.jpg

今回のお話をまとめると、にぎやかさに慣れているエクアドル人にとって静かな場所は空虚。あふれんばかりのモノや情報に慣れている日本人にとってそれらの少ない場所は空虚。国によって刺激の濃淡が異なり、それによって「空虚感」の在り方も異なるというインサイトが得られたという訳です。

グローバル・インターネット・エスノグラフィ <日本にいながら、各国の深いインサイトを獲得する>
 ⇒ http://mctinc.hs-sites.com/global_internet_ethnography

Takeshi Sato株式会社mct ストラテジスト

Search検索

過去のExperience Magazine

  • 米国マーケティング最新事情 / 瀧口範子
  • デザインテクノロジーの最前線 / 桐山孝司
  • 「本能」から人間を読み解く / 佐藤武史
  • 注目のクリエーターズボイス