BLOG

Jun 08, 2017 01:45 共感について

mctデザインインサイトユニットの合田(ごうだ)です。

これは私の個人的な体験なのですが、今でも印象に残っている話があります。

大学で心理学を専攻していた時、確かカウンセリングの授業だったと思うのですが、講師で来られていたカウンセラーの方が、「若いころ、犯罪者のカウンセリングをしていたときに最初は明らかに常識とは違う(正しくない)、と思っていたことが回数を重ねるごとに彼の言っていることが正しいように思えてきたことがあった」という話をされていました。相手の話に共感しすぎてだんだんと相手の考えや思考に飲み込まれてしまいそうになった、そんな経験をされたということでした。

上記は極端な例ですが、私が普段、インタビューをするときに大事にしているのは共感と線引きです。もちろん、インタビュー中は相手に共感しながら理解を深めていきますが、一度立ち止まり「自分だったらどうするか?どう思うか?」と考えながら質問を投げかけています。誘導的な質問ではなく、相手をもっと理解するためです。

まだ経験が浅かったころ、インタビュー中に迷子になったような感覚に陥ることがありました。もちろん今はそんなこと一切ありませんが。講師の先生の言葉を借りると、相手の話に飲み込まれてかけていたんだと思います。

ポイントは、共感するところと、線引き(うまく距離を保つこと)を見極めることです。このあたりは経験を重ねるごとに分かってくるのかもしれません。ちなみに友人によるとカウンセラーになるには、自分の性格を徹底的に理解して、癖をなおしていかなくてはいけないそうです。

デザインリサーチにおけるインタビューはカウンセリングではないので、そういった必要はありませんが、自分がどういう人間なのかを分かった上でプロジェクトをすすめていくと、より深く相手を理解することができると思います。

また心理学にからめた話があればブログにアップさせていただこうと思います。

IMG_0628-1.jpg

---------------------------------------
◆インサイトのお問い合わせ・資料請求はこちらから◆
http://mctinc.hs-sites.com/Gapfinding_Insight
---------------------------------------

Satomi Goda株式会社mct エスノグラファー

【タグ】 インサイト,

Jun 02, 2017 10:40 なぜ、mctは現地チームと共同でのエスノグラフィをお勧めするのか

こんにちは、白根です。海外でエスノグラフィをするとき、日本のスタッフと現地のスタッフが共同で行うメリットについてお話します。

5年程前、あるプロジェクトでインドの街を移動している時、やたらとティッシュボックスが目立つのが気になりました。「インド人はなぜティッシュボックスを隠そうとしないの?そんなにいっぱい使うのか?」プロジェクトを一緒にやっていたCONVOのDina Mehtaに質問をしました。彼女は、ティッシュボックスについてこれまで気にしたことがなかったようで、はじめは驚いていましたが、少し考えて「インド人にとってティッシュボックスはモダニズムの象徴なの。隠さないんじゃなくて、見せようとしているのよ」という解釈をしてくれました。

観察をしに現場に行くと、そこには目立っている事物と、目立っていない事物があります。一方、そこには自分が見たいと思っている事物と、自分が見たいと思っていない事物があります。人間は、目立っている事物に注意を向け、見たいと思っている事物を無意識のうちに探してしまう傾向があります。その結果、素人の観察者の場合、いろんなものを観察しているようで、実は「自分が見たいと思っている目立っている事物」ばかり観察してしまっている、ということが起こってしまいます。

matrix.jpg
「自分が見たいと思っていない目立たない事物」は無数にあるので、それら全てを観察して、その中から意味のある「自分が見たいと思っていない目立たない事物」を収集するのは現実的ではありません。そこで、まずは「自分が見たいと思っていない目立つ事物」「自分が見たいと思っている目立たない事物」に焦点を当てることになります。その時、日本のプロと現地のプロでは得意な領域が異なります。現地の文化をよく知らない日本のプロは、「自分が見たいと思っていない目立つ事物」の収集が得意です。ティッシュボックスの例がそれをよく表しています。一方、現地の文化をよく知っている現地のプロは「自分が見たいと思っている目立たない事物」の収集が得意です。ティッシュボックスに似た例をあげれば「インドでは、人前で待ち受け画面を瞬時に英語仕様に変える携帯電話の機能が人気である」ということなどは、インドの事情をよく知っていないと収集できません。

Purchased at Shutter stock, using as a news article.

電線が絡まったこの写真。日本から来たわたしたちにとってそれは、とても「目立っている事物」ですが、インドで暮らす人々にとってはあまりに日常的で、「目立っている事物」として意識することができません。しかし、その意味をわたしたちだけで解釈しようとすると間違ってしまいます。絡まった電線についてインドのプロと共有すれば、すぐに「これはジュガードの精神の表れだ」という解釈が返ってきます。ちなみに、ジュガードとはヒンズー語で「応急措置」のこと。モノや資本が足りない過酷な環境の中でも、機知や機転を研ぎ澄ましてなんとか問題を解決しようという必要に迫られて生まれた精神です。

現地をよく知らないからこそ気づけること。現地をよく知っているからこそわかること。日本のスタッフと現地のスタッフが共同でこの2つをうまく組み合わせることで、両者が認識できなかったキーインサイトに近づいていくことができるわけです。

◆グローバルエスノグラフィのお問い合わせ等はこちらまで◆
http://mctinc.hs-sites.com/global_ethnography

Hideaki Shirane株式会社mct CEO / ストラテジスト

May 26, 2017 01:47 ショッピングカート Shopping Cart

アメリカに行った際、健康志向のスーパーマーケットであるWHOLE FOODSに立ち寄ることがあるのですが、そこでいつも「日本とは違って面白いな」と感じることがいくつかあります。その一つが今回ご紹介したいショッピングカートの件。When I go to the US, I may stop by WHOLE FOODS, a health-conscious supermarket, but there are a few things that always feel like ‘Oh, that’s an interesting difference…’ One of them I would like to introduce is the shopping cart.

日本では買い物カゴをショッピングカートに載せて運ぶのに対し、アメリカでは食べ物をショッピングカートにダイレクトに入れる。よく、「車社会のアメリカでは大量に食べ物を買うためショッピングカートが巨大」といった記事を目にしますが、僕が着目したいのはそこではありません。食べ物を金属のショッピングカートにダイレクトに触れさせることに対する日米の感覚の違いです。In Japan, plastic shopping baskets are carried on shopping carts, whereas in the United States food is placed directly in the shopping cart. Well, I often see an article saying "The shopping cart is huge in order to buy a large amount of food as America is a car-based society,” but that is not what I want to consider about this time. Rather, it is another difference between Japan and the US about food touching a metal shopping cart directly.

日本では金属の網に食べ物を直接載せることは何だか避けられる。しかし、米国では平気。この違いは何なのか?米国出身のEricと話をしてみました。In Japan, people generally take care to avoid putting food directly on the metal cart. However, in the United States, it seems not to be an issue… What is the difference? I talked about this with Eric from the US.

IMG_0068.jpg

日本人としては「食べ物が傷つきそう」という感覚があるでしょう。そしてその背後には「食べ物を傷つけたくない」という、一つひとつのモノへの配慮の心があります。おそらくこれは「モノに魂が宿る」というアニミズムの思想も根源です(もちろん、食べ物が傷まないという点も大きいですが)。モノに人格を見出し、乱暴に扱ったら可哀そう、モッタイナイという気持ち。幼少期から「乱暴に投げたらオモチャが可哀そうだよ」と教えられることで、このマインドセットが出来ていくのだろうと思われます。As a Japanese person, we may have the sense that "food is likely to get hurt.” And behind that there is partly a heart of consideration for every thing that "I don’t want to cause it pain.” Probably this is the idea of animism that "souls live in things,” finding personality in things. And if treating roughly, we then feel sorry about it, a feeling of “mottainai”. It is believed that this mindset will develop from childhood, being taught, "If you violently cast a toy, the toy will cry."

それをEricに話すと、全然違う角度で答えが返ってきました。アメリカではモノに心があると考えられている訳ではないが、人や宗教・信条などの表象(=アイコン)となるという感覚がある。アニミズムではなくて、アイコンとしてのモノ。アイコンとして考えられているモノには背後に意味があり、その取り扱い方は、そのアイコンの背後にある意味に対する配慮の度合いに比例する。As I discussed this with Eric, the answer returned at a completely different angle. In America, and in the West, things generally do not have a spirit like humans, but instead come to represent concepts such as people, institutions, or beliefs. Instead of animism, it is iconography. How you treat things, then, reflects your sense of care or respect around the concepts an object represents.

具体例を挙げると、国旗を乱暴に取り扱ったらその国に対して配慮がないことを示す。おじいちゃんの道具を乱暴に扱ったら、おじいちゃん自身をないがしろにしたことになる。ただし、日本のように道具が可哀そうという感覚とは違う。で、ダイコンやニンジンはアイコンの意味合いを持たないモノなので、丁寧に扱うという意識にはならないということでした。For example, if you handle the national flag in a rough way, you are in effect, not caring about the country it represents. On a more personal scale, let’s say you carelessly use or misplace your grandfather’s tools. Then it would be as if you have carelessly treated grandpa himself. However, it is different from the feeling that tools themselves will cry sadly like in Japan. Returning to groceries, they see that daikon root and carrots do not reach the icon level, so it is not necessary to be conscious of careful treatment.

ただ、日本でも、菓子パンの入ったビニールの袋にまで魂が宿る感覚はないので、大事にするモノの範囲が国によって違うという視点でも捉えることができるとは思います。蚊を殺したくない国というのがもしあれば、その国の人にとっては日本は残酷な国に映るかもしれません。However, in Japan, there is no feeling that the soul will stay in a plastic bag containing a pastry bread, so I think that you can also capture this phenomenon from the viewpoint that the range of things you care about differs from country to country. If there is a country that does not want to kill mosquitoes, then for them, Japan’s perspective on mosquitoes may be seen as cruel.

今回はショッピングカートへの食べ物の載せ方の違いから、日本のアニミズムと米国のアイコンの話へと流れていきましたが、かすかな行動の違いから大きな文化の違いが見いだせる例としてご紹介させていただきました。This time, thoughts about the shopping cart flowed to the story of Japanese animism and the iconography in the United States, but I want to introduce this as one example where a big cultural difference can be found from the difference in seemingly faint behaviors.

◆グローバルエスノグラフィのお問い合わせ等はこちらまで◆
http://mctinc.hs-sites.com/global_ethnography

Takeshi Sato株式会社mct ストラテジスト

May 19, 2017 12:24 国民性 Nationality

社会科学者のHofstedeは、国による平均的な国民性の違いを6つの指標をもって表現しました。権力格差の大きさ/個人主義の度合い/ジェンダー差/不確実なものを避けたい気持ちの大きさ/未来視点か現在視点か/自制心の大きさといったものです。例えば日本では「不確実なものを避けたい気持ち」が高い数値となっているのですが、確かに、気軽に会社をやめて起業してやろうという風潮になかなかならないことからも納得できます。 Social scientist Geert Hofstede has famously expressed key differences in the average national character of a country with six indicators. Power Distance / Individualism vs. Collectivism / Uncertainty Avoidance / Masculinity vs. Femininity / Long-term Orientation vs. Short-term Orientation / Indulgence vs. Restraint.  For example, in Japan, Uncertainty Avoidance is a high number, and it is certainly convincing from the fact that it is not easy for Japanese employees to quit their company and start a new business.

以下は日本とベトナムでその数値を比較したものですが・・・Below is a comparison of the figures between Japan and Vietnam:

Hofstede.jpgReference:https://geert-hofstede.com/countries.html

この数値についてベトナム人スタッフのMinhさんに話を聞くと、例えば、Masculinityが低いベトナムでは夫婦の「手が空いている人が家事を行う」という家庭も多いようで、まだまだ女性が家事をすることのほうが多い日本とは確かに状況が違うようです。また、ベトナムでは南部のほうがそういったオープンな気質が強いそうで、それらは、歴史背景であったり、元々あった町・村の伝統を加味して説明することができるとのこと。Ms. Minh, a Vietnamese staff of mct, has said, regarding the figure for lower value for 'masculinity', it seems that many families in Vietnam approach housework with the mindset of "those who are available at the time should do the housework." It seems that the situation is different from Japan where women still predominantly do the housework. The further one heads South, the more likely they are to detect people embracing such open temperament. The variety of historical background, economic strengths, and the extent to which traditionality is embedded among regions that span from North to South should be able to provide an insightful explanation.

さて、こういった学術的なデータの使い方としては「エスノグラフィの結果の解釈に使う」のがお勧めです。自分の解釈した現地のストーリーを、これらのデータを活用してさらに深い解釈へと進めていく。n数が少ない場合の数的な保証になる場合もあります。In the development and interpretation of ethnographic research, it is recommended to use such academic data and theory. We can use such data to further deepen the interpretation of the local stories. There are also times when it helps give credence to results when respondent number is small.

◆グローバルエスノグラフィのお問い合わせ等はこちらまで◆
http://mctinc.hs-sites.com/global_ethnography

Takeshi Sato株式会社mct ストラテジスト

Apr 28, 2017 05:22 深く聞く Inquire Deeply

例えば、下の写真を見てください。これはベトナムのある住宅の床。あなたが同国でエスノグラフィを行っている状況だとして、この視覚情報に何か価値があると判断しますか?ご自身だったらどう判断するか、少しだけ考えてみてください。For example, would you put importance on this material below if you were to conduct ethnographic research? This is a picture of one scene in a typical home in Vietnam, please take a moment and think what you would do with it… 

chieu.jpg

ベトナム出身のmctスタッフの一人に聞くと、この一番上に敷かれているものはchiếuという名の畳のような敷物で、床に敷く際は体が冷えないように絨毯(thảm)の上に敷くのだそう。マットレスのない木の台のようなベッド(đi văng)の上で寝る際もこのchiếuを敷いてから寝るそうです。幼少期から、この「草で編まれたもの」に触れながら生活することが身体的な感覚として深く染み込んでいるベトナム人。この事実は、「ベトナム人の皮膚感覚、及び、温冷への感受性」の理解を助けるインサイトだと言えるかもしれません。One of mct’s members from Vietnam said the cloth that you see on top is called “chiếu” which has similar touch with Japanese tatami, and gives warmth to your body when spread over carpet (thảm). It is also used when sleeping on a bed made of wood (đi văng)instead of using mattress. Considering ths, you can see that people in Vietnam physically grow up with “things made out of weed” through their childhood, and this might be a key insight for understanding “sense of skin or warmth for Vietnamese” .

部屋を見たとき「ベトナムでも畳が使われているんだ~」だけで終わらせない。あまり重要でなさそうな事象であっても、少し深いインタビューを行うと有益な情報が得られる場合があります。こういった少ししつこい探求の姿勢もエスノグラフィを行う際には大切かと思います。So when you look at the scene, please don't just look at it and think “yeah, Vietnamese use similar material as Japanese tatami”. If you conduct depth interviews with the people, you would be able to gain deep understanding. This kind of persistence is needed when it comes to ethnographic research.

◆グローバルエスノグラフィのお問い合わせ等はこちらまで◆
http://mctinc.hs-sites.com/global_ethnography

Takeshi Sato株式会社mct ストラテジスト

Search検索

Categoryカテゴリー

過去のExperience Magazine

  • 米国マーケティング最新事情 / 瀧口範子
  • デザインテクノロジーの最前線 / 桐山孝司
  • 「本能」から人間を読み解く / 佐藤武史
  • 注目のクリエーターズボイス