BLOG

Nov 22, 2019 12:00 Seminar|差別化を図るためのCXマネジメント

 

cxm

いつもありがとうございます。mctの塚田です。
本日はカスタマーエクスペリエンス(CX)に関するイベントのご案内です。

皆様におかれましては以下のような課題を感じられたことはないでしょうか?

✓ 個別のプロジェクトでいくらCXを向上させても会社全体では大きなインパクトを残せない
✓ 1つ1つのアクティビティを変えても会社全体の印象や体験はなかなか良くならない

このような課題にはCXマネジメントの考え方が必要です。
そこでmctでは「カスタマーエクスペリエンスマネジメント」プログラムを開発いたしました。
今回はそのCXマネジメントの考え方やプロセスについて学ぶイベントとなります。

CXを今後の戦略として捉えておられる企業の皆様には大変有意義なイベントになるかと思いますので是非ご参加ください。



 ■ 講師紹介

 JB
Jonathan Browne ジョナサン・ブラウン
株式会社mct CXマネジメント/コンサルティングディレクター
フォレスター・リサーチのシニア・アナリスト出身、2019 年から mct に参画。カスタマーエクスペリエンスとマーケティングの分野において企業のビジネスを多数サポートしてきた。日本やヨーロッパの消費者や企業のテクノロジー利用動向、インターネットや新メディアを使ったマーケティングに関するコンサルティング経験がある。フォーブス、The Economic Times(インド)、日経 BP、thisismoney.co.uk に寄稿。日本に 14 年間住んでおり、英語、フランス語、日本語に堪能。 


 ■ 講師からのコメント

 企業が継続的な CX マネジメントを実施するためにどんな能力が必要か、
 そしてグローバル CX マネジメントをマスターするためにはどうすればいいか、
 事例とデータを用いて皆様とシェアしたいと思います。
イベントで皆様と会談ができることをたのしみにしています。


 ■ セミナー詳細
 日 時:2019年12月16日(月) ※13:00 開場
 会 場:(株)大伸社 東京本社 CHIKA 東京都渋谷区千駄ケ谷2-9-9 <Access>
 参加費:
無料

 ■ タイムスケジュール
 13:00 受付開始 展示パネルのご説明 ドリンクサービス
 14:00 「差別化を図るためのCXマネジメント」セミナー -第一部-
 14:45 CXマネジメント体験エクササイズ
 15:15 「差別化を図るためのCXマネジメント」セミナー -第二部-
 15:50 NTTデータ社に夜ショートプレゼン
 16:00 懇親会+展示パネルのご説明
 

 ※本セミナーは終了いたしました。
 たくさんのお申込みありがとうございました。またのご参加をお待ちしております。



→ セミナーについてのお問い合わせは こちら
→ メルマガの登録は こちら

Ichiro Tsukada株式会社mct CMO/プロジェクトデザイナー/イノベーションコンサルタント

Jul 26, 2019 01:47 [Seminar]DESIGN SPRINT 部門横断でアイデアを素早く検証 ~ 短期間で事業を成功に導く驚異のメソッド ~

 

DesignSprint0404

デザインスプリントの生みの親である ジェイク・ナップ氏は
「 スプリントは大きな問題を解決し、
新しいアイデアを試しより多くのことをより速く成し遂げる道筋になる 」メソッドであると述べています。
デザインスプリントでは、短期間のうちに、重大なリスクを特定し、素早いアイデアの創出と絞り込みを行って、ユーザーからのフィードバックを得ることで、これを可能にします。

本セミナーでは、mctの過去事例を交えながらデザインスプリントの基礎とコツを体験型でレクチャーしていきます。

ぜひこの機会にご参加ください。


Google-Sprint


< デザインスプリントとは >
事業開発・デザイン開発を成功に導くブレークスルーのための短期プログラム。5日間でデザイン、プロトタイピング、ユーザーテストを行い重要なビジネス上の質問に答えるプロセスです。もともと、シリコンバレーのGoogle Venturesで開発されましたが、世界中に広まり、多くの企業・チームによって使用されています。

< 本セミナーのポイント >
・デザインスプリントの全体プロセスを知る
・リアルな現場で実施するための“コツ“を知る
・ユーザー、社内外との共創の仕方を知る

< 本セミナーの受講をおすすめする方 >
✓ 様々な部門をまとめあげて新しい事業をスタートさせたい方
✓ 失速しがちな自社内のアイデアを具体化、検討の土台に乗せたい方
✓ スピーディにユーザーの声をサービス開発に取り入れたい方



※2月7日に実施した「デザインスプリントセミナー」がご好評につき、今回は第2弾の開催となります。
 前回ご参加いただけなかった方は、是非この機会にご検討くださいませ。


※申し訳ございませんが、定員に達しましたのでお申込みを締め切らせていただきました。
たくさんのお申込みありがとうございました。またのご参加をお待ちしております。



2部門以上かつ10名以上の参加が見込める場合、貴社内でプライベートセミナーとしての実施も可能です。

→ セミナーについてのお問い合わせは こちら
→ メルマガの登録は こちら

 

Nobuo Masuda株式会社mct エスノグラファー/エクスペリエンスデザイナー

Jul 01, 2019 08:00 [Seminar]リサーチのデジタルトランスフォーメーション Part.2~ 最新デジタルツールを活用したアイデア開発事例のご紹介 ~

 

Digital Transformation-1


2019/5/31に「リサーチのデジタルトランスフォーメーション」セミナーを開催し、34のデジタルツールを紹介させていただきました。(→前回のセミナー


2019.5.31.seinar



その2回目となる今回は、前回のセミナーアンケートで人気の高かった10のデジタルツールにフォーカスし、それが実際のリサーチの現場でどのように活用できるかを一緒に考えていきたいと思います。

現在、mct内で仮想のリサーチプロジェクトを立ち上げ、そのプロセスにAIツール、オンライン分析ツール、情報の可視化ツール等を取り入れながら進行させています。セミナーではその進め方の紹介を中心に、各ツールの理解を深めていきます。

リサーチの現場が具体的に、どのようなデジタル化を図れるのか、一緒に検討していきましょう。

※1回目のセミナーに参加されなかった方も問題なく参加いただけます。


◆ セミナー詳細 ◆
日 時: 2019 年 7月 26日(金)16:00~18:00(受付15:30~)
会 場: 株式会社大伸社 千駄ヶ谷オフィス CHIKAセミナーホール
     〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷2-9-9 <map>
定 員: 30名様
参加費: 無料(1社で復数お申し込みの場合は4名様までにさせていただく場合がございます)
対 象: リサーチ部門、マーケティング部門の方 

◆ タイムスケジュール ◆
Part1 レクチャー 16:00~17:30
・注目されているデジタルツール10選
 ※一部、一回目のセミナーと重複した説明がございます。
・仮想の商品開発プロジェクトとデジタルツール使用例(メインコンテンツ)
・デジタルツールによってリサーチプロジェクトはどう変わるのか?

Part2 小セッション 17:30~18:00
・デジタルツールを使ってみよう

 

【注意事項】
※本セミナーの参加は企業の方のみとさせていただいております。(個人の方のお申し込みはお断りさせていただいております)
※同業者の方のご参加はお断りさせていただくことがございます。内容は予告なく変更になる可能性がございます。予めご了承ください。


※本セミナーは終了いたしました。たくさんのお申込みありがとうございました。

→ デジタルトランスフォーメーションPart1セミナーはこちらから
→ セミナーについてのお問い合わせは こちら
→ メルマガの登録は こちら

Takeshi Sato株式会社mct ストラテジスト

May 01, 2019 08:00 [Seminar]リサーチのデジタルトランスフォーメーション~ AI/VR/デジタルツールを用いたデザイン思考の新しい手法群~

 

20190531-01

新商品開発・ブランド再構築などの目的で、私たち企業人はデザイン思考に則った深い人間理解を行います。ただ、そのような深い人間理解には、デプスインタビューやエスノグラフィといった(手間のかかる)定性的なリサーチが欠かせないのが現状。

一方、世の潮流として、様々なデジタルツールが人の役に立ち始めています。

Googleは「AIの民主化」を宣言、AIが非常に身近なものになってきています。特に、音声認識・翻訳・画像解析などはプログラミングを知らない我々でもスマホアプリとして簡単に使え、アナログな入力・翻訳・検索の手間から私たちを解放してくれます。

また、スマートフォンと数千円のVRゴーグルさえあればVRを視聴でき、その世界に没入していくことが可能だったりもします。

そのような中で、mctのデジタルリサーチチームでは、深く手間のかかる人間理解(=リサーチ)をデジタルツールを用いていかに簡単に、より意味のあるものにできるか、検討を始めています。

世界を見渡すと、例えば、カスタマージャーニーを半自動で作成するようなデザイン思考にダイレクトなツール、もしくは、リサーチに間接的に役立つツールがすでにいろいろと存在します。

そういったツールを眺めながら、リサーチの今後、すなわちデジタルトランスフォーメーションについて、一緒に検討していきましょう。



◆ セミナー詳細 ◆
日 時: 2019 年 5月 31日(金)16:00~18:00(受付15:30~)
会 場: 株式会社大伸社 千駄ヶ谷オフィス CHIKAセミナーホール
     〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷2-9-9 <map>
定 員: 30名様
参加費: 無料(1社で復数お申し込みの場合は4名様までにさせていただく場合がございます)
対 象: リサーチ部門、マーケティング部門の方

◆ タイムスケジュール ◆
Part1 レクチャー 16:00~17:30
・デジタル化(AI/VR/その他デジタルツール)の全体的な潮流
・デザイン思考(リサーチ)向けのデジタルツール紹介
・デザイン思考(リサーチ)に応用できるデジタルツール紹介
・まとめ:リサーチのデジタルトランスフォーメーションの可能性
Part2 小セッション 17:30~18:00
・あなたならデジタルツールをどう活かすか?

 

【注意事項】
※本セミナーの参加は企業の方のみとさせていただいております。(個人の方のお申し込みはお断りさせていただいております)
※同業者の方のご参加はお断りさせていただくことがございます。内容は予告なく変更になる可能性がございます。予めご了承ください。


※本セミナーは終了いたしました。たくさんのお申込みありがとうございました。

→ デジタルトランスフォーメーションPart2セミナーはこちらから
→ セミナーについてのお問い合わせは こちら
→ メルマガの登録は こちら

Takeshi Sato株式会社mct ストラテジスト

Apr 22, 2019 09:59 [seminar]エスノグラフィーによる他国比較からのビジネス機会発見

GE

海外でインサイトを得て、国内もしくは国外で新しいビジネス機会を発見するためには、
視野を広げ大きな範囲で物事を捉えながら現地理解を行う必要があります。
合わせて、自国と他国の行動や文化的背景等の相違点を探り、自らのバイアスに気づくことも必要になります。

本セミナーでは、実際過去にmctが行なったリモートエスノグラフィ*やセルフドキュメンタリー**を活用し、
一連のプロセス ” シンガポールとベトナムの家事を観察 ~インサイト抽出~ 3カ国(シンガポール、ベトナム、日本)の家事の比較 ” を通して、得られた気づきを横櫛に分析することのメリットやイノベーティブなアイディアを出すプロセスを体験していただきます。


本セミナーのポイント
 ・海外エスノ調査から分析やアイディエーションの”コツ”を知る
 ・リモートエスノグラフィー*、セルフドキュメンタリー**の理解と活用方法を知る

本セミナーの受講をおすすめする方
 ・グローバル人材への成長を望まれる方
 ・複数の国での調査を考えている方
 ・気軽にエスノグラフィに取り組みたい方
 ・他国での家事について関心をお持ちの方

本セミナーの内容
 1. イントロダクション
  エスノグラフィ/デザイン思考 グローバルエスノグラフィのマインドセットと手法
 2. エスノグラフィ(シンガポール/ベトナム)
   彼らの生活実態から気づきを抽出するトレーニングをします。
 3. 分析トレーニング
   観察から得た気付きを分析し、
  「3カ国(シンガポール、ベトナム、日本)に共通した」 「国ごとに異なる」 インサイトをそれぞれ獲得します。
 4. アイディエーション
   得られたインサイトをもとに、ユーザー中心のアイデア発想法を用い
   アジア/日本のためのアイデアを創出します。


 *リモートエスノグラフィ・・・
 リアルタイムに海外と繋がり、ネットを介して、海外ユーザーとインタラクティブなインタビューを日本にいながら実施する手法。コストや時間の削減になる上、日本の会議室で実施するため多くのメンバーがインタビューに参加できることが特徴。

 **セルフドキュメンタリー・・・
 サービスや製品を普段どのように使用しているか等の写真や動画を、海外ユーザー自身に記録してもらう手法。
 インタビューの前に実施することで、仮説の構築やインタビュー設計に役立つ。


※申し訳ございませんが、定員に達しましたのでお申込みを締め切らせていただきました。
たくさんのお申込みありがとうございました。またのご参加をお待ちしております。

→ セミナーについてのお問い合わせは こちら
→ メルマガの登録は こちら

Shiho Ishihara株式会社mct エクスペリエンスデザイナー

Search検索

Categoryカテゴリー

過去のExperience Magazine

  • 米国マーケティング最新事情 / 瀧口範子
  • デザインテクノロジーの最前線 / 桐山孝司
  • 「本能」から人間を読み解く / 佐藤武史
  • 注目のクリエーターズボイス