BLOG

May 08, 2019 08:00 [seminar]Digital Transformation リサーチのデジタルトランスフォーメーション

20190531-01

新商品開発・ブランド再構築などの目的で、私たち企業人はデザイン思考に則った深い人間理解を行います。
ただ、そのような深い人間理解には、デプスインタビューやエスノグラフィといった(手間のかかる)定性的なリサーチが欠かせないのが現状。

一方、世の潮流として、様々なデジタルツールが人の役に立ち始めています。

Googleは「AIの民主化」を宣言、AIが非常に身近なものになってきています。
特に、音声認識・翻訳・画像解析などはプログラミングを知らない我々でもスマホアプリとして簡単に使え、アナログな入力・翻訳・検索の手間から私たちを解放してくれます。

また、スマートフォンと数千円のVRゴーグルさえあればVRを視聴でき、その世界に没入していくことが可能だったりもします。

そのような中で、mctのデジタルリサーチチームでは、深く手間のかかる人間理解(=リサーチ)をデジタルツールを用いて
いかに簡単に、より意味のあるものにできるか、検討を始めています。

世界を見渡すと、例えば、カスタマージャーニーを半自動で作成するようなデザイン思考にダイレクトなツール、もしくは、リサーチに間接的に役立つツールがすでにいろいろと存在します。

そういったツールを眺めながら、リサーチの今後、すなわちデジタルトランスフォーメーションについて、一緒に検討していきましょう。


本セミナーの内容
 Part1 レクチャー 16:00~17:30
 ・デジタル化(AI/VR/その他デジタルツール)の全体的な潮流
 ・デザイン思考(リサーチ)向けのデジタルツール紹介
 ・デザイン思考(リサーチ)に応用できるデジタルツール紹介
 ・まとめ:リサーチのデジタルトランスフォーメーションの可能性        

 講師:佐藤武史(株式会社mct デジタルリサーチチーム)
    関七沙 (株式会社mct デジタルリサーチチーム)

 Part2 小セッション 17:30~18:00
 ・あなたならデジタルツールをどう活かすか?



※大変申し訳ございませんが、定員に達したためセミナーのお申込みは締め切らせていただきました。
 お問い合わせやご相談は受け付けております。
  詳細・お問い合わせはこちら >

Takeshi Sato株式会社mct ストラテジスト

Search検索

Categoryカテゴリー

過去のExperience Magazine

  • 米国マーケティング最新事情 / 瀧口範子
  • デザインテクノロジーの最前線 / 桐山孝司
  • 「本能」から人間を読み解く / 佐藤武史
  • 注目のクリエーターズボイス