BLOG

Jun 27, 2018 04:04 社員の主体性を向上させるカルチャーコード<ツクイ様の事例>

最近、お客様より、新チームの立ち上げやチームのパフォーマンス向上に取り組むにあたって、自分たちの働きがいを見つめ直し、チームとしての士気を上げたいというご相談が増えてきました。

背景として、“働きがい”に対する姿勢やモチベーションが時代とともに大きく変化してきたことがあります。今日、モチベーション2.0と呼ばれる外発的な動機づけ(賞罰によるもの)だけでは、自発性や働くモチベーションの維持、会社に対する帰属意識の維持に限界があると考えられています。
そこで、第三の軸としてモチベーション3.0という、内発的動機づけが重要視され始めました。自らワクワクするような内側から湧き上がるモチベーションを見つけ出し、引き出すことが、結果的には組織の業績向上に繋がるという考え方です。
0627-1

そうした従業員の自主性・主体性を向上させるという効果を期待して、“カルチャーコード”に注目が集まるようになってきました。

カルチャーコードとは、「企業の文化を反映した行動指針」です。
自分たちで考え、設計し、行動に移すといった、従業員自身が自分たちで自分たちの存在意義を再確認し、働きがいを見出す効果があります。
0627-2また、カルチャーコードはトップダウン型ではなく、ボトムアップ型の行動指針であることがポイントです。作成プロセスに従業員自身が関われることで、自分ごとにしやすいという利点があります。
従業員一人一人がやりがいを持って、自ら積極的にイキイキと働く姿勢は、お客様(ユーザー)にも伝わり、結果、顧客満足度にも繋がってきます。

今回は、実際にカルチャーコード開発を実施したケーススタディとして、介護サービス大手企業である「ツクイ様」の事例をご紹介したいと思います。

● ● ● ● ●

介護業界大手のツクイ様は、デイサービスや訪問介護、有料老人ホームなど、様々な介護サービスを全国47都道府県の600を超える事業所で提供されています。
ツクイ様が定期的に実施されている顧客満足度調査によると、2017年度の総合満足度は97%、継続意向は99%を獲得されており、介護業界の中でも非常に高い評価を得ている企業の1つです。

0627-3
そんなツクイ様ですが、「顧客満足度は高いが、お客様の本音(本当)の声はどうなのか?」という疑問を抱いていたことや、現場の従業員一人ひとりの能力に依拠している部分も多いなど、組織全体としての取り組むべき姿勢や方向性をもう一度見直したいというお悩みがありました。

そこで、「さらに顧客満足を感じてもらえるような目標設定」と「組織としての従業員同士の文化の育成」という、この2つの課題に取り組みたいということで、我々はお客様の生の声を生かしたカルチャーコード開発のお手伝いさせていただきました。

カルチャーコードは、本来は自主性を持っていただくために、従業員(社員)の声からのみ作られることが多いのですが、今回のポイントとしまして、”ツクイ様の理想の姿”を顧客目線と従業員目線の両方を取り入れたカルチャーコードの開発を行いました。
0627-4
複数名のお客様にインタビューを実施し、その生の声を参考にしながら現場で働く管理者の方々に集まっていただきカルチャーコードを作成しました。

ワークショップの中では、「想像していた以上にお客様が従業員の行動や言動を見ている」ことに気づいたり、「お客様への配慮は十分に出来ているが、従業員同士のコミュニケーションが不足している」ことに気づいたりという、認識はしているがなかなか改めることが難しかった課題に、向きあう機会が得られたというお声を頂戴することが出来ました。

作られたカルチャーコード(行動宣言)は、日常の業務の中で、従業員同士で呼びかけやすいよう意識したり、従業員に受け入れられやすいように工夫をしたりと、ツクイ様の今ある文化に違和感なく取り込めるよう作成しました。
0627-5カルチャーコードをお飾りにするのではなく、顧客満足度アンケートに行動宣言(カルチャーコード)の項目を入れ、毎年の達成率を確認したり、19,000人を超える従業員全てに、セルフアンケートを配って周知したり、事業所によっては定例のミーティングなどで行動宣言(カルチャーコード)をうまく活用してサービスの向上を図るだけではなく、従業員一人ひとりが主体性を持って行動できるような現場作り(雰囲気作り)にも取り組み始めていらっしゃるようです。

● ● ● ● ●

文字通り、文化として根付くには時間がかかるので、ツクイ様の例もまだ始まったばかりですが、この地道な取り組みが社員が気持ちよく働けるような文化の醸成につながっていくように、mctもこれから一緒に取り組んでいきます。

みなさんのチームにはどんなカルチャーが醸成されているでしょうか?評価方法などのハード面だけではなく、そこに横たわる文化やチームワークといったソフト面にも目を向けるとチーム運営のヒントになるかもしれません。

カルチャーコードにご興味がある方は、mctのメンバーまでお声がけください。

Kurokawa Madoka株式会社mct エスノグラファー

Jun 25, 2018 01:08 NELIS

Last weekend, mct took part in hosting the NELIS organization’s Next Leaders' Summit in Tokyo. NELIS is a organization that is working towards creating a ecologically and socially sustainable future. They believe that through connecting sustainability practitioners across the world in a collaborative network, will humanity be able to shift towards a more humane and ecologically sound model of social and economic development.

(訳)先週末に、mctはNELIS(Next Generation leadership)の東京でのサミットに参加しました。NELISは環境に優しく、社会にサスティナブルな未来を考えている組織です。彼らはサスティナビリティを実行し、その活動を共有することで人々がもっと環境を考え社会的、経済的に成長することを目指しています。

The Summit brought 35 young sustainability leaders from six continents and explored alternative paths to a better future! There were 20+ presentations and workshops across the two main days of the Summit. During which, many exciting and new ideas were shared and created. This blog post highlights some of the best moments across the 3 days.

(訳)サミットでは35名の若いサスティナブルなリーダーが6つのテーマについて語り、より良い将来のために新たな解決策を考えました!20以上のプレゼンテーションとワークショップが2日間に渡って実施されました。サミットの間にエクサイティングなアイディアが共創され、共有されました。このブログでは3日間のうち最も良かった瞬間の一部をハイライトしたいと思います。

Leaders Gathering and networking

NELIS members and the 35 young sustainability leaders gathered in mct’s CHIKA for a welcome event which included team building, speech preparation and of course, drinks. We started with a ritual where members shared their goals and motivation for the event and the future of the world. Each member planted a seed with their message into a pot, which we hope will grow into a tree that inspires and starts a movement.

(訳)リーダーの集会、ネットワーキング

NELISメンバー、35人のサスティナビリティリーダーはmctのセッション施設であるCHIKAに集まりました。チームビルディング、スピーチの準備ともちろん、飲むために。彼らははじめに、メンバーが彼らの宮いやイベントに対するゴールやモチベーションを共有するために「儀式」を行いました。彼らはインスパイアを与えてくれる、ムーブメントを起こしてくれる元となるような木の種を土に埋めて、メッセージを送りました。

 

NELIS1

 

Safina Minney

One of the most engaging speakers to take the stage at the Summit was Safia Minney who is the founder of People Tree (although no longer CEO), a pioneering sustainable and Fair Trade fashion label with a mission to provide customers with beautiful clothes. She has also co-authered the book, Naked Fashion, The Sustainable Fashion Revolution.

In her speech, she shared her experience of starting a fair trade, sustainable fashion labels and how her focus on resolving social issue had attracted impressive collaborators to join the cause.

20 years ago, she opened the first People Tree store in Tokyo as a business that can produce clothes that are both financially fair to the producers throughout the supply chain as well as being ecologically sustainable. As one of the pioneer of sustainable clothing, the brand attracted media and public attention. One of whom, Vogue Japan came to them with a potential collaboration project. They recognized the importance and the potential of People Tree but felt it lacked style and design appeal which is critical to fashion business. A collaboration project was set up to match 4 designers Thakoon, Richard Nicoll, Bora Aksu and Foundation Addict to create exclusive Fair Trade fashion pieces bearing their names.

(訳)最も熱いスピーカーの一人にSafia Minneyがいました。彼女はPeople Treeというサスティナブルを主義としているファッションブランドの創業者で、消費者に美しくてフェアトレードである衣服を提供しています。彼女はまた、 Naked FashionやThe Sustainable Fashion Revolutionの著者としても有名です。

彼女のスピーチの中で、フェアトレードやサスティナビリティでいかに様々なパートナーを巻き込んで社会問題を解決してきたかを紹介してくれました。

20年前、彼女はファッションのPeople Treeを東京に初出店しました。生産者に対してフェアで経済的にもサスティナブルなビジネスでした。サスティナブルなファッションのパイオニアとして、当時ブランドはメディアや出版業界の注目を浴びました。彼らの活動に注目したVogue Japanは興味深いコラボレーションを試みました。彼らはPeople Treeの重要性やポテンシャルを認識していましたが、ファッションビジネスにおいて重要である、商品のスタイリングやデザインについてPeople Treeまだ十分ではないと感じていました。そこで4人のデザイナーThakoon, Richard Nicoll, Bora Aksu, Foundationに他に類を見ないフェアトレードファッションをデザインしてもらうことで、彼らの名をも有名にしました。

NELIS2

Bora Aksu x People Tree

http://www.dazeddigital.com/fashion/article/7429/1/bora-aksu-x-people-tree

More recently, Emma Watson approached People Tree on a similar project where she became the ambassador of their brand so that she could help promote the cause to people in her age group.

People Tree has shown that by becoming a leader in a social cause, its attracts the attention of collaborators that would otherwise be out of reach.

(訳)最近ではエマ・ワトソンがPeople Treeにアプローチをして、アンバサダーになり、彼女と同じ年代の人々に影響を与えています。People Treeは社会問題においてリーダー的存在となり、様々な人の関心を惹きつけコラボレーションをしています。

Kazunari Taguchi

On the second day, we had the chance to hear from the founder of Borderless Japan, Kazunari Taguchi. He started the group which is a collective of social businesses that works together by having a shared profit bank from which they make new investments into new social business ideas. The idea is to lower the hurdle for social entrepreneurs by supporting them (financially as well as other forms of support) and accelerating social change through entrepreneurship.

(訳)2日目にはボーダレスジャパンの創設者である田口一成さんの講演を聞くことができました。複数のソーシャルイシューに関するビジネスを、同じお財布に利益を集約するというやり方で遂行しており、新しい社会問題を解決するアイディアに投資を続けています。彼らをサポートすることで社会問題に対する起業家のハードルを下げ、起業家を通じて社会の変革を促進しようと試みています。

He shared one case study Borderless Farm which is a business that turned around the fortune of one farming community in Myanmar. Borderless Japan identified a farming community in Linlea village who was increasingly under pressure to produce vegetables for cheaper price. In order to do so, they had become trapped in a cycle of using chemicals to enhance yields. This, however was unsustainable in the long run, as they needed more and more chemicals as they damaged the soil from the very same chemicals.

(訳)スピーチの中でBorderless Farmというミャンマーの成功事例を紹介してもらいました。Borderless JapanはLinlea村で野菜を安い価格で生産しなくてはならないというプレッシャーに苦しんでいるコミュニティでした。そのため、彼らはより多くの野菜を作成しようと多くの農薬を使うようになっていました。しかしそれはもちろん長期的に見てサスティナブルな解決法だとは言えません。当時は残念ながら土を汚染しているにもかかわらず、彼らはどんどん農薬を使うようになっていきました。

NELIS3

 

NELIS4

 

Borderless Japan started to help this community by shifting from chemical to organic produce, as that was the only viable way to grow crops without further damaging the soil. They turn their attention to herbs which could grow in conditions that other plants could not. Once they achieved a successful yield, they turned to marketing, where they identified pregnant and breast feeding mothers as a potential target - such mothers can not drink caffeine as it would transmit to their babies. As a result, Borderless Japan created AMOMA Tea which is caffeine free and organic. It proved to be massively popular among pregnant and breast feeding mothers and is still the number one product in this category on Rakuten.

(訳)ボーダレスジャパンはコミュニティがオーガニックな野菜を作ることができるようにサポートを始めました。それが唯一、土を汚さずに野菜を作る方法だからです。彼らは野菜ではなく、悪いコンディションでも育つことができる強いハーブを育てることを選択しました。ハーブを育てることに成功したら、彼らはマーケティングを検討した結果、子供達へのカフェインの影響を考えてお茶を飲むことができない、妊娠中や母乳を与えなくてはいけない母親がポテンシャルのあるターゲットユーザーと考えました。結果、ボーダレスジャパンはカフェインレスでオーガニックなAMOMA Teaというブランドを立ち上げました。たちまちブランドはターゲットの間で人気となり、日本で人気のある通販サイト楽天で人気のある商品となったのです。

It was fascinating to hear a transformation of a community that was trapped in a poverty cycle to a one that is now part of a supply chain that creates a best selling product. The process led the team to focusing on the only produce they could cultivate on their field which were organic herbs. Borderless Japan managed to take this resource and identify an opportunity.

(訳)貧しさのループに苦しむコミュニティにおいて、このような人気商品が作られ提供されるということは素晴らしいことではないでしょうか。プロセスの中で彼らがオーガニックハーブに特化して生産をしたということがポイントだと思います。ボーダレスジャパンはリソースをうまく活用し、機会を発見した良い事例だと言えるでしょう。

Connecting with nature

The summit ended with a spiritual activity lead by Lucas Sanchez - an artist who works in the sustainability space - who guided members into experience being a ’tree’. Half of the members made made their bodies into a tree and imagined themselves as a tree while the other members become the rain, wind, insects, birds, mammals and human beings that surrounds and lives within the forest. This meditative experience gave us a chance to take a moment to be removed from our daily concerns and engage with nature in a new way.

(訳)サミットはLucas Sanchezのスピリチュアルな儀式で幕を閉じました。彼はサスティナビリティのための活動をラテンアメリカ中心に行っています。彼は参加者全員に「木になる」経験をさせてくれました。参加者の半分は木になり、残り半分のメンバーは雨、風、昆虫、鳥、動物、人間となり森に住む環境を作り上げました。この瞑想のような経験によって我々は日常から抜け出し、新しい道に向けた自然への関心を強めることができたのです。

Social Innovation Bootcamp

At mct, we have a program called Social Innovation Bootcamp which is a program that precisely supports corporations identify and find a solution to big societal issues. Today, there are massive opportunities for businesses to create profitable models that also solves social issues. Consumers now appreciates businesses that have wider impact that goes beyond their personal benefit from the purchase. At the same time, companies that only contributes through philanthropy are increasingly seen as irrelevant and out of date. Social Innovation Bootcamp is a program provided in partnership with NELIS where we will bring in suitable social issue experts to help identify and understand the issue in depth. mct will bring our expertise in helping to create creative solutions that is supported by research and relevant to your business.

If you are interested in hearing more about the Social Innovation Bootcamp, please feel free to contact us.

(訳)mctでは、Social Innovation Bootcampという企業が社会問題に対する解決策を見出すための的確なサポートをするプログラムを提供しています。今日、社会問題を解決しつつ利益を生み出すようなビジネスの機会が確実に増えています。個人の消費から得る利益ではなく、もっとインパクトの大きいビジネスに、顧客は感謝を感じるようになっています。同時に、利益を生まない慈善活動だけをするような企業は意味がない、時代遅れだという声もあるようです。Social Innovation Bootcamp のプログラムはNELISとのパートナーシップを通じて社会問題に取り組む専門家と日本企業を繋ぎ、社会問題を定義し深く理解するサポートをします。ビジネスシンキングの専門家としてリサーチを通して社会問題の解決策を創造し、皆様のビジネスに関連づけるお手伝いをできると思っています。

もしもご興味のある方は、どうぞお気軽にご連絡をください。

Reynan Shimada株式会社mct エクスペリエンスデザイナー/ストラテジスト

Jun 04, 2018 11:55 未来の働き方(Future workstyle)

future_workstyleこんにちは。mctの佐藤です。

SNSをウォッチしていると、徐々に人々の仕事感が変化していることを感じます。

最近、フォロワーが1万人を超える、とあるTwitterユーザが「こんなアプリあったらいいんだけどなぁ」とつぶやいたら、なんと、次の日にアプリのプロトタイプが上がってきたという出来事を目の当たりにしました。

そのプログラマーは無償でアプリを作っています。おそらく、仕事も忙しい中で、半ば徹夜で作業したのではないでしょうか。その上に無償。ここで注目したいのは、その彼はお金は手に入れていないが、社会の信用を手に入れたという点です。信用を貯金して、後日、実際のビジネスに活かしているはずです。

落合陽一氏・堀江貴文氏が共著の「10年後の仕事図鑑」にも書かれている内容ですが、今後はどの会社に属するかではなく、自分という個人を信用してくれる人、すなわちフォロワーが何人いるかが大切になってくると言われています。人生100年時代、100歳までいまの会社で働く訳ではないので、それぞれの個人が複数の専門性を持ちながら仕事を変化させながら生きていかなくてはならないという主張です。

同じくSNSで、小学生があるイベントを開催する資金をクラウドファンディングで調達していました。その子はちゃんと自分でSNSの発信をしています。ミッションがクリアなので、共感する人は迷いなくパトロンになりたいと思うでしょう。

絵本「エントツ町のプペル」を制作した西野亮廣さんも、クラウドファンディングで資金を調達し、分業制で同絵本を制作。現在もオンラインサロンの場を設けて、月額1000円で新規プロジェクトに誰でも参加できる状態にしています。新しい「囲い込み」のあり方ですね。

ひとつ誤解を避けなければなりません。もちろん、現在の社会を動かしているのは会社という組織です。会社という組織の素晴らしさは、自動車のように一人では出来ない高度に精緻な商品を組織で生産していけるという点、もしくは、会社という信用度の高い組織を通して他の組織とのコンタクトを図りやすい点でしょう。なので、現時点でフォロワーを増やしている個人ばかりが尊いとは言いたくありません。

ただ、上記の書籍では「人は会社に名前を奪われる」と書いています。あなたは、あなたの名前で商品やサービスを提供したり、あなた自身のフォロワーを増やしていけているでしょうか?もしそれがNoならば、それは名前を奪われた状態かもしれません。

この問題の解決策はすぐには思いつかないですが、今後は、会社という組織も社員が自分の名前を使うこと認め、名前を奪わないようになっていくのではないかと個人的には思っています。言い換えると、自分という個人を認めてくれる会社が魅力的な会社になっていくのではないでしょうか。

大きな会社の場合、その体制をすぐに実現することは非常に難易度高いでしょう。ただ、ひとつ朗報があるとすれば、関与しているプロジェクトが成功したときは社会的インパクトも大きく、後に大きな個人のアピールにも使えるだろうという点が挙げられるでしょう。

ということで、企画力を高めプロジェクトを成功させ、それを個人の社会的信用度アップに活用し、自分という個人のフォロワーを増やしておき、まだまだ遠い将来かもしれませんが、新しい仕事にシフトする必要性が生じたときにそれを活用して有利に進める。それがこれからの仕事のスタイルなんだろうと思うところです。そしてそれは、AIに奪われることのない仕事のスタイルになるでしょう。

mctとしては、まずは現在の「あなたの」プロジェクトの成功に向けて、少しでもお手伝いできますと幸いです。

Takeshi Sato株式会社mct ストラテジスト

Search検索

過去のExperience Magazine

  • 米国マーケティング最新事情 / 瀧口範子
  • デザインテクノロジーの最前線 / 桐山孝司
  • 「本能」から人間を読み解く / 佐藤武史
  • 注目のクリエーターズボイス