BLOG

Nov 30, 2017 06:00 (第6回)デザイン思考を用いたビジネスデザイン [ソリューション探索編]

photo-1470472304068-4398a9daab00.jpg
 
mctビジネスデザインユニットの杦木(すぎき)です。
 
「アイデア出しをしたがその受容性がわからないので検証したい」といったご相談をいただくことがあります。
 
機会探索のフェーズを終えて「こんな顧客が抱いているこんな困り事・ニーズに対して、自社としてはこんなことができそう」というビジネス機会が見えてきても、プロダクトやサービスを具体的に作り込んでいく中で、どの方向に進んでいいか迷いが生じてしまい、進路を見失った感覚に陥る開発担当者は少なくないと思います。
 
 
大きな方向転換は早めに済ませる
リスクの大きなものから.jpg
 
受容性を評価していく中でターゲット顧客が「このまま状態のサービスをぜひ利用したい!」となるケースは稀なので、アイデアの良し悪しを評価することよりも、一連のプロセスを通して方向性を修正し、よいソリューションを探索していくことの方が重要になります(特に検討初期段階)。
 
これは「リーンスタートアップ」の中でも語られることですが、考え出したビジネスアイデアにおけるリスク(方向性の修正が必要になり得る要素)を洗い出した上で、大きなリスクから検証し、大きな方向転換は早めに済ませる方が限られたリソースを有効に使えます。
 
 
ニーズがあると思って始めたビジネスの多くが、ニーズがなくて失敗している。
最も大きなリスク=「顧客と課題の間のフィット感があるか?」をまず検証する 
not market need.jpg
 
一般的に、最も大きなリスクは「顧客と課題の間にフィット感がない」ことと言われます。これまでのフェーズで検証できていない場合は「着目している課題は、本当に顧客にとって解決したいと思う課題か?」という点の確認に重きを置きます。また、サービスを成り立たせるために欠かせないステークホルダーがいる場合は、その人たちの課題に対してフィット感があるかも重要です。
 
顧客と課題の間のフィット感を確認できたら、課題とソリューションの間にフィット感があるか確認します。これには顧客の視点で見た時に、自社が提案するソリューションが顧客の課題解決になっているかという観点と、そのソリューションが実現可能かという観点で、検証を進めていきます。実現可能性については早い段階から詳細に詰めていく必要はないかもしれませんが、そもそも顧客に提供できる価値が変わる可能性があるようなサービスの核になる部分の実現可能性は早めに検証することをお勧めします。
 
 
行動変容のドライバーを捉える
 
sport-659224_960_720.jpg
 
デザイン思考的なプロセスで機会探索を行っているのであれば「実は顧客はそんなことをまったく必要としていなかった」ということはめったにないと思います。ただそれでも「顧客は確かに課題は抱えているけど、アクションを起こして解決したいほどではない」「課題を解決したい気持ちより、それを躊躇うハードルの方が大きい」(課題フィットにおける問題)、あるいは「確かに解決したいけど、このサービスはなんか使う気になれない」(ソリューションフィットの問題)ということはしばしば起こります。
 
あるソリューション案を提示したときに、顧客は過去の経験などから形成されたメンタルモデルやそのときの環境からソリューション案への期待値は生まれ、それがほしいかどうかの評価につながります。この態度形成の要因(ハードルやドライバー)をつかみ、ソリューション案がどのように位置づけられているかを理解しておけば、市場での顧客の反応を予測するのに役立ちます。そして、このドライバーをソリューションに反映していくことが重要です。 
 
mctはもともとインサイトリサーチを得意としてきました。このノウハウを活かして、ソリューション探索プログラムでは、顧客やステークホルダーに行動変容を促すようなソリューション開発をサポートします。ビジネス機会を見つけた後のステップでお困りの場合、ご相談いただければ、それぞれの状況に合わせた進め方を提案させていただきます。
 
---------------------------------------
プログラムの詳細については知りたい方のお問い合わせ・資料請求はこちらから◆
新規事業・新規技術のビジネス開発プログラム 
---------------------------------------
Yoichi Sugiki株式会社mct エクスペリエンスデザイナー

Nov 24, 2017 06:58 すごくオーガニックなそうめんと豆腐 -Organic Somen and Tofu-

こんにちは、mctのミーハです。私は現在、家族と一緒にニューヨークで暮らしています。日本とは異なる米国の文化について、少しずつ、みなさまにご紹介させていただきますね。今回は、食の安全性について。

米国への渡航前は、そこでの食品の安全性はただの聞こえの良いビッグワードだと思っていたのですが、実際はメーカーサイドもその言葉を本当に真剣・深刻にとらえている現状を目の当たりにしました。 Food safety is the most concern almost everywhere. And before, I heard that “organic” is a big word in United States but only when I came here, I realized how serious the market takes that word.

somen_and_tofu.jpg
食料品店などに入ると、ほとんど全てのカテゴリーの食品(果物・ハーブ・肉・牛乳・飲み物・さらにはクッキーまで)、また、米国産食品から輸入食品に渡り、「オーガニック」とラベルされた製品が目に留まります。そして、その価格は、私の体感としては、ラベルが貼られていない商品に比べて35%程度も高い。 If you walk into any grocery store or pharmacy, you can find almost every category from fruits, herb, meat, milk, drinks, snacks, even cookies, domestic or imported products, having products labeled with “organic”. And not surprising, the price of them are significantly higher than stuffs without the word.

米国で暮らすと、オーガニックという言葉以外にも、非遺伝子組み換え食品、砂糖不使用、塩不使用、人工的な成長ホルモン不使用などといった言葉に囲まれて暮らすことになり、慣れない私は少し頭痛がしてしまいそう。 Among other key words that American consumers looking for at the stores are Non-GMO, No sugar added, No salt added, No artificial growth hormones added and so on. Therefore, it has become a little more headache to go shopping for food in United States.

日本に何年か住んでいる間にそうめんや豆腐がオーガニックかどうかなどを疑問に思ったことはありませんでしたが、突然に、私にとっての大きな問題となってしまったのです。 For several years living in Japan I had never questioned if the somen or tofu I ate were organic or not, but now, suddenly it became a big deal to me. How about food safety concerns in your country?

グローバル・インターネット・エスノグラフィ <日本にいながら、各国の深いインサイトを獲得する>
 ⇒ http://mctinc.hs-sites.com/global_internet_ethnography

My Ha Thi TRAN株式会社mct エクスペリエンスデザイナー/ストラテジスト

Nov 09, 2017 09:07 mct INSIGHT#04 アンケートにご協力お願いします!

  • みなさん、こんにちは。mctINSIGHTの第4回のアンケートの配信が開始しました!
      • 今回のテーマは「個人情報に対するセンシティビティ」です。
      • 近年、webのSEOや、運転情報を渡すと安くなる保険サービスなど、情報に対しての価値の変化が起きています。それに伴って、私たちの情報が企業に収集される機会も増えてきました。そこで、今回のmctINSIGHTでは、みなさんと一緒に、"情報のハンドリングが必要とされる時代における、情報に対する対価の設計の方法"を探っていきます!
    •  
      • 回答期間は2週間です。結果のレポートは回答締め切りから約2週間後に、こちらのブログとアプリ内でおしらせします。もうアプリをダウンロードしている方も、そうでない方も是非、回答をおまちしております!
    • 4回開始-1.png
Misuzu Tomita株式会社mct エクスペリエンスデザイナー

【タグ】 mct INSIGHT,

Nov 07, 2017 02:35 mct INSIGHT#02 LGBTから考える多様性

 第2回のアンケートへの回答へのご協力ありがとうございました。
先日弊社で行いましたConvivial Salonでも取り上げました
LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー)
をテーマにみなさんにアンケートを通して、
まだまだ聞き慣れない言葉でもあるLGBTへのイメージを探りました。


今回は、大きく2つのことを質問しました。
Q.LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー)に該当する方々が
・自分の職場にいる  
・自分の上司である
・同性婚をする
・自分の子供の先生である  
ことに対して
「自分はOKNGか」また「他者はOKと思っているか、NGと思っているか」お答えください。

”プール”というツールを用いて、2軸上にマッピングする形で回答していただきました。
今回のアンケートのポイントとしては、「自分にとって」「他者にとって」と分けて聞いたことです。
実際、結果はそれによって大きなギャップがあらわになりました。

アンケートの結果はこのようになりました。

01.png

マップした位置を「−10点〜+10点」で数値に換算しているので、
全ての項目に関してほぼポジティブ、受け入れているという結果でした。
ただ、「職場にいる」「上司である」「子供の先生である」の順に、
受け入れ具合は下がっています。
「LGBTの方が子供の先生である」の点数が低かった理由を見てみると、
もちろん能力とLGBTであることは無関係だとしつつも、先生がLGBTの方になることで
多感な時期の子供にはどういう影響があるのか、
自分のこと以上に過敏になってしまうというものが多かったです。

02.png

上記のように男性、女性の結果を分けてみると
上司にLGBTの方がいても許容度が高いのが女性で、
同性婚には男性の方が抵抗感が高いなど、
男女差も出ていることが見て取ることが出来ます。

また、今回のアンケートのポイントは、
「自分にとって」「他者にとって」と分けて聞いたことでした。
「他者にとってOKNGか」の回答にはどんな気持ちが潜んでいるのでしょうか

一つは、素直に
” 世の中一般の人の認識ではこうでないか”という意味で回答しているかと思います。
(ニュースなどで見聞きする情報から考えられる範囲で)
しかし、「他人は」と主語を変えることで、
自分が主語の時に語れなかった本音や、
その人の心の深層に根強く残る常識が
滲み出している部分もあるのではないでしょうか。

次の質問では、こんなことを聞いてみました。
Q.今までに「勝手に自分にラベルを貼られたこと」
マイノリティーであることで差別を受けた」経験はありますか
その時の気持ちを教えてください
結果はこのようになりました。
03_2.png

明らかに差別というものは、大人になってから良識のある人はしないでしょう。
しかし、自分が気づいていないバイアスによって、
知らずしらずのうちに相手を傷つけていることも多々あるように思いました。

LGBTに限らず、人からラベルを貼られたり、差別された経験はあるものです。
現代では、人種の壁も超えて、いろんな価値観のある人たちと交流できる激動の時代です。
自分の悪意のない当たり前が、了見が狭いために相手を傷つけることになっていないか
今一度考えてみたいものです。

LGBTへのアンケートを通して
みなさん一人一人のマイノリティに対するイメージを探ってまいりましたが、
実際にLGBTやそうしたマイノリティに関しての啓蒙や企業研修をされている
株式会社Letibee代表の榎本さんにお話を伺って来ました。
________________________________

mctさんによる興味深い調査でした。
あえて自分ではどうか、他の人ならどうかと分けて考えることで、
その間にあるギャップに気づいた人もいたのではないでしょうか。

社会に一定数のセクシャルマイノリティが
存在しているということが浸透してきているのは、
行政や企業の取り組みがメディアに注目され
露出されるようになったことに影響されていると思います。

ただOKと答えた人にも、NGと答えた人にも関係なく、
セクシャルマイノリティの人たちはいます。
それは社会の風潮がどうであろうと過去もこの先も
本質的に変わるものではないということではありません。

こういった調査をきっかけに、自分が当たり前、
そうあるべきだと思っている事柄はどういった考え方をもとに導かれていて、
なぜその考え方を持っているのか、そう紐解いていくと
自分でも気づかない意外な偏見に気づけるかもしれません。

04_02.png

榎本さんありがとうございました!
長い間、LGBTの方に関して話題に上がることもタブーとされていた過去がありますので、
簡単には”社会の風潮、雰囲気”は変わらないかもしれません。
あえて、なぜLGBTの方だけ注目されないといけないのかと、
憤っている当事者の方もいらっしゃるでしょう。

でも、この過渡期の”なんとなく、LGBTであることはそんなに問題があることではないのでは”
といったその”なんとなく”がもっと表に出てくることで、議論が活発になり、
誰しもが当たり前に持っている差として認知が広まれば
社会の風潮も変わり、もっとお互いに認められる
優しい世の中になるのではないでしょうか?

mctINSIGHTアプリからこの記事を読んでいる方は
こちらよりアプリに戻れます。
↓↓↓
arrow_u_turn-1.png

〜お願い〜
mctINSIGHTでは、
月に1回アプリを用いてアンケートを配信しています。
結果は、分析したのちブログにて配信していきます。
アンケート自体もゲーミフィケーションを用いた面白いものなので、
ぜひご参加ください!!
 
↓↓↓参加はこちらから!
mctINSIGHT紹介ページ

Keisuke Kawai株式会社mct エクスペリエンスデザイナー

Nov 06, 2017 10:51 Convivial Salon vol.11『組織の多様性と幸福度〜LGBTの問題から考える新時代のチームワーク〜』に参加してきました。

こんにちはmctの渡邉です。

Convivial Salon vol.11『組織の多様性と幸福度〜LGBTの問題から考える新時代のチームワーク〜』は
Letibeeの榎本さんをゲストにお招きしてNagatacho GRID
で開催されました。
今回はレポートをお届けします!

最近よく目にしたり、耳にするようになった「LGBT」。
なんとなく意味を知っているつもりでいましたが榎本さんの説明がとてもわかりやすく、ようやく正しい理解をできたように感じました。

■「ラベリングされる」経験をする
convivi100403.jpg

まずは参加者全員で自分自身をラベリングされるワークを実施しました。
簡単な自己紹介文をみて「きっとこの人はこんな人物だろう…」と想像だけでチームメンバーのシートへ記入します。
チーム全員分を書いたら答え合わせ。
意外とあっている部分もあれば、全然そんなことないんだけど!という部分もあり、他者の基本的な情報(年齢、居住地、職業、趣味等)をみて「きっとこんな人なんだろうな…」と無意識のうちに他人をラベリングしてしまっているかもしれないと感じ自分自身の普段の振る舞いや発言を見直していきたいと思えるワークでした。

LGBTとは 

L(レズビアン)G(ゲイ)、B(バイセクシャル)、T(トランスジェンダー)それぞれの立場や違いを学びました。
LGBTを理解する上で重要になるのが以下の3つの基準です。
身体の性(生まれながらの生物学的な性)、心の性(自分が認識している性別)、性的象(愛情・恋愛感情・性的欲求の対象となる性)この組み合わせによってLGBTが定義されます。
私はこれまでこの違いはっきり区別できずになんとなくしか理解できていなかったことに気付きました。

まず、身体の性を基準にした時に、心の性が一致しているのか、一致していないのかを考えます。
一致している人がシスジェンダー、一致していない人がトランスジェンダーです。
例えば、男性として生まれ、自分を男性として認識している人はシスジェンダー。
男性として生まれ、自分を女性として認識している人はトランスジェンダーとなります。

そして次に考えるのが心の性を基準にした時に、性的対象がどのような人であるかです。
心の性が男性で性的対象も男性であればゲイ
心の性が女性で性的対象も女性であればレズビアン
心の性と性的対象が異性である場合はストレート
心の性が男性女性問わず、どちらの性も対象になる人はバイセクシャルと分かれています。

例えば、タレントして活躍されているはるな愛さんは身体は男性として生まれ、性自認は女性で、性的対象は男性なのでトランスジェンダーのストレートです。(現在は性転換手術を受け、身体の性は女性となっています。)
一方、マツコ・デラックスさんは男性として生まれ、性自認も男性で(女装は趣味だそうです)、性的対象が男性なのでシスジェンダーのゲイです。

これまでははっきりと違いがわかっていなかったのでトランスジェンダーとゲイの違いをもし誰かに聞かれていたら答えられなかったと思いますが、今回のサロンをきっかけに3つの基準を元にして説明ができるようになりました。

■病気があることを言い出せない人とその上司
convivi100401.jpg

次に目線を変えて他人の気持ちに寄り添うワークを行いました。
内容は「発作が起きてしまうと仕事に支障がでてしまうような持病があるけれど、職場には言い出せずに働いている人とその上司」という設定で彼らの気持ちになってみるというものです。  

言い出せない従業員としては…
・休みやすい雰囲気を作って欲しい
・発作になるとどうしても仕事ができない、サボっているわけではないのに…。
・打ち明けたいけれど仕事に影響が出そうだから(ちゃんとした仕事を任せてもらえない、辞めさせられるかもしれない等)言うのが怖い
・打ち明けるほうが迷惑なのか、打ち明けないほうが迷惑なのか

上司としては…
・本当にそんなに体調不良になるのかな、しばらく休んだほうがいいんじゃないのか
・もし病気なら遠慮せず言ってくれたらいいのに
・大事な仕事は任せられない
・採用失敗かな、他の人を雇ったほうがいいのかな
というような意見がでて、両者の間に大きな溝があることが明確になりこれを埋めるためには双方の努力が必要であるように感じました。

この溝と同じことがLGBTにも言えるのではないでしょうか。
自分がLGBTであることを抱えて言い出せずにいる人とその周囲の人に置き換えると、どちら側にも壁のようなハードルが存在しているように思います。まずは見て見ぬふりをやめてハードルがあることを認識し、しっかりとハードルを見つめると次のアクションを起こせるようになるのではと感じました。
私自身、今回のサロンに参加するまではどこか他人事のような感覚がありましたが、より身近なテーマとして考えるようになりました。LGBTに限らず、ダイバーシティを受け入れる、進めていく中で自分も他者も認め合えるようなマインドをいつも携えていたいと改めて感じた時間でした。convivi100402.jpg

Saki Watanabe株式会社mct エクスペリエンスデザイナー

【タグ】 Convivial salon, LGBT,

Nov 02, 2017 12:29 顧客視点で体験してみたくなる、CXデザイン事例

 新規事業立ち上げのお手伝いをする中で、プロダクトそのものよりも「顧客経験全体」を考えるためのサポートがmctでは増えてきました。新しい発想を促すために、海外や日本のホットな場所での新しい顧客体験をご紹介することも多々あり、今回はその中から選定した4つの事例をご紹介します。

bully2

 

●”私にぴったり”の体験ができるショップ

パリ伝説のビューティーアポセカリー「オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー」

各国から厳選された原材料で作られた芸術品のような美容製品が揃う美容薬局。クラシカルで洗練された代官山のショップでは、カウンター越しに薬剤師と調香師が迎えてくれる。体質や好みに合わせた提案や、 商品の箱にオリジナルの文字を刻印してくれるサービスにスペシャルな時間を過ごすことができる。

bully3

 

●増えています。メーカーが作る情報発信地

カフェ×コクヨ 文具好きさんに「THINK OF THINGS」

mctのオフィスもある原宿エリアにできたコクヨのライフスタイルショップ。クリエイターも多いことから「原宿で一番打ち合わせがしやすいカフェ」をめざしたカフェになっている。見れば思わず手に取りたくなる、一度はお世話になっているベーシックなコクヨの文具に囲まれて過ごすことができる。ライフにもワークにも刺激を与えてくれる空間。

thinkofthings

 

●非日常!目のつけどころが秀逸な観光サービス

ホームレス体験ができるホテル「FAKTUM HOTEL

ホームレス体験ができるスウェーデンのホテル。オンライン予約す ると、街の 10 カ所にあるベッド(橋の下、公園のベンチなど)のどこかが使えるようになる。一晩 10 ユーロ。収益はホームレスが売るための雑誌 Faktum の運営に利用され、ただの珍しい体験で終わらず、社会貢献にもつながる仕組みになっている。

FAKTUM

 

●最先端美容サービスはDNAレベルに!

新しい美容体験を提供する未来空間「U+」

遺伝子検査によって、パーソナライズされた化粧品を提案するサービス。その場でのDNA検査から個人のプロファイルを作成、化粧品を製作する。ロンドンの店舗では大型タブレットや独自の照明など未来感のあるインテリアとともに、博士号を取得している店員が最先端の科学を扱うドクターとしての応対をしてくれて、顧客経験を独自なものとしている。

GENEU

発想にインスピレーションを与えてくれる、ワクワクさせてくれるショップやサービス。ぜひ顧客視点で一度お試ししてみてください。リアルな体験を通じて何気なく感じたことがきっかけとなり、優れた顧客経験づくりにつながるかもしれません。

mctでは、「Experience Visioning」「デザイン言語開発」など、顧客経験全体を考え形にするお手伝いをしています。詳しいメニュー紹介は、サイトをご確認いただくか、お気軽にご相談ください。

メニューの一例)

顧客視点でのデザイン言語の開発と導入サポート
  • 顧客経験に基づいたコミュニケーションデザインの開発
  • 顧客経験に基づいたサービスデザインの開発
Saori Kameda株式会社mct エクスペリエンスデザイナー

【タグ】 CX, UXデザイン, 事例,

Nov 01, 2017 09:53 (第5回)デザイン思考を用いたビジネスデザイン [アイデア探索編]

96 OF INNOVATIONS FAIL_.jpg

 

世界的な経営コンサルティング会社であるBooz&Companyは「新製品の66%が2年以内に失敗する」と報告しています。 イノベーション戦略コンサルであるDoblin Groupは、「すべてのイノベーションのうち、驚くべき96%が資本コストを返すことができない」と語っています。Fast Company、2012年4月4日

 

そのため、これまでにない新しい製品やサービスを発想する初期の段階では、失敗するリスクが高いことを織り込み、じっくりと1つのアイデアを練り上げるのではなく、アイデアの発散と収束を繰り返し、顧客の意見も取り入れながら、少しずつアイデアを絞り込んでいくほうが効果的と考えています。

 

 

他業界事例をインスピレーションに活用した強制発想

card-game-624244_1920.jpg

 

最初の足掛かりとなるアイデア発想は、まっさらな状態から考えていくよりも、他業界で成功しているトレンドや面白い事例をインスピレーションとして数多くのアイデアを発散していくほうが数多くのアイデアを発想することができます。

mctでは業界を13に分割し、それぞれの業界のトレンドや面白い事例を収集・蓄積しているイノベーションソースブックを活用し、それとサービス対象者との掛け合わせで強制アイデア発想をしていきます。

イノベーションソースブックの内容としては、少し古くてわかりやすい事例だと「Uber」「Airbnb」「Ingress」「Nest」などが含まれており、テーマに合わせてアイデアの出しやすい素材をピックアップしています。

 

 

強制発想のフレームワーク

アイデア探索_.jpg

約20個のソースブックを6つのサービス対象者と掛け合わせると、それだけで20×6=120のアイデア発想フレームワークができあがります。そのフレームをすべて埋めるように強制発想セッションを実施すると、参加者の数にもよりますが、およそ1.5時間で約400~500個のアイデアにつながります。

従来のメンバーでアイデアを考えると、どうしても業界内の細かな動きに左右されてしまったり、暗黙裡にターゲットを絞り込んでいたり、無意識のうちに発想の幅を狭めてしまう危険性があります。
そのためアイデアを考えるときには、自分がどのような思考フレームから発想しているのか客観視する術を身につけてください。

 

新規事業・新規技術のビジネス開発プログラム 

 

 

Fumihiro Shimono株式会社mct ストラテジスト

Search検索

過去のExperience Magazine

  • 米国マーケティング最新事情 / 瀧口範子
  • デザインテクノロジーの最前線 / 桐山孝司
  • 「本能」から人間を読み解く / 佐藤武史
  • 注目のクリエーターズボイス