BLOG

Mar 05, 2019 03:35 イマココラボ×mct|SDGsカードゲームで学ぶ<Social Business>のつくりかた

SocialInnovation

本イベントは、一般社団法人イマココラボと株式会社mctとの共催イベントです。
「サステナビリティ」という言葉をよく耳にするようになりました。

持続可能性を意味する言葉で、社会や地球環境が持続するために企業にも
このサステナビリティの観点からを事業運営していくことが求められています。

企業の社会的責任や社会貢献に関する活動は、主たる事業活動と切っても切り離せなくなり、
単なる義務や責任としての活動ではなく、社会的使命を果たすことを通じて
事業を存続・成長させていかなければなりません。

日本だけでなく世界各国の大企業が今、このサステナビリティの考え方を取り入れた
ソーシャルビジネスに取り組み始めています。

「SDGs(エス・ディー・ジーズ)」をご存知でしょうか。

「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称で、
持続可能な社会を実現するための17の大きな目標と
それらを達成するための具体的な169のターゲットで構成されています。

国連加盟193か国が2030年までに達成しようとする行動計画であり、
2015年9月の「国連持続可能な開発なサミット」で採択されました。


SDGsの特徴は、
「社会課題の多くは実はつながっている」
「部分最適ではなく、全体最適を」という考え方です。


「貧困をなくそうとすると経済の発展や社会開発が不可欠だが、
 その取り組みを誤ると環境やエネルギー問題に悪影響を与える」

「先進国での商品開発が途上国の児童労働に影響を与え教育の機会を奪ったりする」
「気候変動や平和維持といった課題は一企業や一国では対応できない」というように、
それぞれの課題のつながりを踏まえ、
バラバラに取り組むのではなく、全体を見て取り組まないと解決できないのです。


今回のワークショップでは、
前半にカードゲームを使って社会課題やソーシャルビジネスに取り組む上で
必須のキーワードとなっているSDGsの世界観とその本質を体験的に理解していきます。

そしてワークショップ後半では、
発展途上国に住む現実の生活者の暮らしをテーマに取り上げ、
課題探索から課題解決までソーシャルビジネスをデザインしていくプロセスを実践的に学びます。

ソーシャルビジネスに取り組もうとする企業の皆様方には、
そのエッセンスとメソッドを一度に学ぶことができるオススメのイベントです。





諸般の事情により開催を中止させて頂く事となりました。
セミナーへのご参加のお申し込み、ご検討を頂いておりましたお客様へは、 急なご連絡となり、誠に申し訳ございません。

mct

【タグ】 イベント告知, SDGs,

Search検索

Categoryカテゴリー

過去のExperience Magazine

  • 米国マーケティング最新事情 / 瀧口範子
  • デザインテクノロジーの最前線 / 桐山孝司
  • 「本能」から人間を読み解く / 佐藤武史
  • 注目のクリエーターズボイス